ドローンのプロペラは浮力に関係あり!取替も可能

ドローンのプロペラは、実は取り外しができるのをご存知でしたでしょうか。ドローンのプロペラは、飛行能力に関係があります。しかし、大きければ大きいほど良いというわけではありません。ドローンのプロペラは、だいたい1,500円もすれば、新しいものを買うことができます。詳しくお伝えしていきましょう。

 

一種類のドローンには一種類のプロペラ

たいていのドローンは、そのドローン専用のプロペラが発売されています。
取替も効くのですが、傷んだり、壊れたりしない限り、プロペラはあまり交換しないほうが良いでしょう。専用にデザインされたものなので、違うドローンのプロペラに取り換えると、故障の原因となってしまいます。

プロペラが壊れたときは、ドローンの型番で検索して、メーカーやAmazonから同じ型のプロペラを取り寄せましょう。プロペラをカバーするタイプの、スマホのようなケースに入ったタイプのプロペラでも、そのケースを外すことでプロペラを取り換えることができます。

プロペラはドローンの核となる部品です。ドローンは飛行用のプロペラ、エンジンなどの動力、そして空撮のためのカメラなどでできています。シンプルな構成ですがデリケートな製品で、ちょっとした衝撃で壊れてしまいます。プロペラを保護したいと思うのであれば、小型のカバータイプを使うと良いでしょう。

 

ドローンはどんどん小型化

ドローンが世の中に登場したときは、まだまだ大型で、値段も高価でした。しかし、ドローンは開発技術の発展とともに小型化し、なおかつ軽量化していきました。本当に飛ぶのだろうかと疑わしいほどに小さなドローンが発売され、いまでは手のひらサイズのドローンもあります。

ドローンが小さなプロペラでも飛ぶことができるようになったのは、軽量化がされているからです。かなりボディも軽くて、小型のプロペラでも飛行が可能となっています。

しかし実際には、ドローンのプロペラを折りたたんでいるだけで、プロペラそのものを広げると、手のひらのサイズを大きく超えてしまうものもあります。

驚嘆するのは、スマホのケースに入ったかのような箱型のドローンです。プロペラは前後左右に4つついていますが、その4つがすべてケースにおさまり、スマホサイズの箱がそのまま上空に飛行します。プロペラも小さく、換気扇をホイールサイズにしたようなものです。

しかも、こうした極小ドローンは、プロペラが小さいので騒音も小さく、なおかつしっかり飛びます。

 

ドローンのプロペラ、浮力に関係あり

しかし、そうはいってもやはりプロペラが大きいほど浮力が強いのは確かです。大型のドローンは長距離飛行や高高度飛行も可能です。

大きい分だけ浮力も強いので、大型のカメラを搭載することができ、空撮の画質もきれいです。やはりプロペラが小さなドローンは、カメラも小さなものしか載せられないので、それほどきれいな画質にならないのが難点です。

ドローンのプロペラは大型のものの方が良いですが、騒音などもありますので、適宜自分の使用用途に応じて選んでください。ドローンのプロペラは取り外しも可能ですが、持ち運ぶ際は折りたたんで、外さないようにしてください。

今回はドローンにおけるプロペラの大切さについて見てきました。

ドローンのプロペラはとても大切な部品です。プロペラをしっかりと保護して、持ち運ぶときは壊さないように気をつけましょう。プロペラをガードするボディがついているドローンもありますので、そうした小型のドローンを利用するのも良いでしょう。

COLUMN

外遊びから空撮まで!用途・機能に合わせた選び方のコツと、おすすめドローンのご紹介

ドローン人気の高まりとともに、世界中の各ドローンメーカーがさまざまな機能をもったドローンを開発しています。この記事では「ドローンはどれがおすすめなの?」「自分に合ったドローンの選び方は?」など、疑問を持っている方のために […]

COLUMN

ドローンは簡単に改造できる?カメラや機体をさらにグレードアップ

COLUMN

おすすめ日本製ドローン2選&国内事業用ドローンメーカーを紹介

COLUMN

自撮りやスポーツ観戦に!自動追尾機能の活用法やおすすめドローンをご紹介

COLUMN

初めてのドローンは中古で!中古で購入・入手可能なオンラインストア&サービスをご紹介

COLUMN

進化するドローンの自動操縦機能!仕組みやホビー向けの搭載機種をご紹介

COLUMN

ドローンはなぜ飛ぶ?機体制御や前進・旋回する仕組み・飛行原理とは

COLUMN

ドローンとは?一体どのような構造をしているのかを解説

© DRONE NEWS