ドローン学校にかかる費用はどれくらい?代表的なドローン学校の費用例をご紹介

日本には多くのドローン学校がありますが、通うにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?民間資格の取得を目的としたドローン学校の費用例や、ドローン学校独自のコースの費用例などをご紹介していきます。

民間資格の取得を目的とした代表的なドローン学校の費用例

ドローン学校は日本全国に200校近くあり、現在も続々と開校していますので、今後も増えていくものと思われます。

ドローン学校を運営しているのは、民間団体、専門学校、建設会社、コンサル会社、自動車関連会社と実にさまざまで、ドローン学校それぞれが独自にコースを設けているため、費用も異なります。

そこで、まずは一つの目安として、民間資格の取得を目的としたコースを設定している代表的なドローン学校の費用について見ていきましょう。

主な民間資格はJUIDAの「操縦技能証明証」「安全運行管理者証明証」、DPAの「ドローン操縦士回転翼3級」などがあります。

同じ資格を取得できるコースでも、ドローン学校ごとに費用に若干の違いがありますので、ここでは参考例として数校ご紹介します。

*費用はすべて税別です。

最初にJUIDA「操縦技能証明証」「安全運行管理者証明証」取得コースの費用の例をご紹介します。

FUTABAドローンスクール

操縦技能証明証初心者向けコース:費用30万円
操縦技能証明証中級者向けコース:費用18万円
安全運行管理者コース:費用5万円
操縦技能証明+安全運行管理者総合取得コース:費用35万円

つくばドローンスクール

無人航空機操縦技能コース:費用34万円
無人航空機安全運行管理者コース:費用8万5000円

日本ドローンアカデミー

ドローン操縦士+安全運行管理者コース:費用27万円

DPCA

JUIDA認定スクール4日間:費用26万円(非会員は27万円)
JUIDA認定スクール3日間:費用20万円(非会員は21万円)

続いて、DPA「ドローン操縦士回転翼3級」取得コースの費用の例をご紹介します。DPA認定のドローン学校はそのほとんどがDSJ(ドローンスクールジャパン)に加盟しているという特徴があり、料金も統一されているケースがほとんどです。

DSJ東京渋谷校

ビジネスコース:費用20万円

ATCL

ビジネスコース:費用20万円

Vantan Drone & Robotics Course

ドローン&ロボティクス専攻コース:費用135万円程度(出願料・教材費・入学金等込み)

Vantanについては一般的なドローン学校と異なり、専門学校になりますので、ドローンの操縦以外にもプログラミングやカメラワーク、ロボット工作などが含まれるカリキュラムのため、費用が高くなっています。

このように、ドローン学校にかかる費用はコースによって、あるいは通うドローン学校によって異なることが分かります。

どのドローン学校に通うかは、自分がどんな資格を取得したいかにもよりますので、目的を明確に決めることが先決になりそうです。

 

ドローン学校独自のコースの費用例

続いて、民間資格を取得するコース以外にドローン学校が独自に用意しているコースや費用の例を見ていきましょう。

*費用はすべて税別です。

ATCL

スカイチャレンジコース:費用90分1万円
フライトコース:費用12万円
現場体験コース:費用5万円
スマート農業コース:費用25万円
ビジネスプロコース:費用50万円

DPCA

DRONEフライトオペレーター講習:費用6万円(学生3万円)
ドローン利活用1日座学講習:費用1万5000円(学生1万円)

MTCドローンテクノポート神戸

アドバンスコース:費用27万円(同校でJUIDA認定スクールを受講した場合は20万円)

スカイアカデミー中部

ドローン体験コース:費用1万円
プロフェッショナルコース:費用12万円

ごく一部ですが、コースやドローン学校によって費用は大きく異なります。

 

ドローン学校の初心者コースなら1万円程度の費用で受けられる!

今回はドローン学校のコース別の費用について例をご紹介してきました。ドローン学校独自にコースを設定しているところが多いため、費用に差がありますが、代表的なドローン学校の費用をまとめてみると、

初心者向けのコース:費用1万円程度
ワンランク上のコース:費用12万円程度
資格取得コース:費用20万円~35万円程度
独自コース:費用5万円~50万円程度

このあたりが相場になってくるのではないでしょうか。

初心者コースは1万円程度のところがほとんどですので、ドローン学校を決める際に、初心者コースで通ってみるというのも一つの方法かもしれません。

ドローン学校を選ぶ際には費用も大きなポイントですが、取得できる資格や、そのドローン学校の機材・施設などの充実さ、ドローン学校に所属している講師のレベルなども視野に入れて選ぶことをおすすめします。

自分に合ったドローン学校に出会えるよう、ぜひ参考にしてみてください。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る