ドローン検定を受けてみよう。受験メリット、合格率など徹底解説

 

ドローン操縦士なら、ドローンは非常にデリケートな機器であり、日本国内での運用にも気を使わなくてはならないガジェットであることはご存知かと思います。さまざまな業界がドローンを活用し始めている昨今、ドローンにかかわる確かな技術と知識を持つ人間は貴重な存在です。

本記事では、そんなドローンの技術・知識を証明する『ドローン検定(無線航空従事者試験)』についてご紹介いたします。ドローン検定の「受験メリット」「試験内容」「受験資格」などを詳しく解説していくので、ぜひこの機会に興味を持っていただければ幸いです。

ドローン検定(無線航空従事者試験)とは?

画像元:https://drone-kentei.com/index.html

ドローン検定(無線航空従事者試験)は、国内で唯一のドローン系資格です。ドローン検定協会株式会社が提供する、ドローンに関する知識と技術を客観的に証明できる認定試験となっています。

ドローン検定は民間資格のため、ドローンの操縦にあたっては必須でなく、趣味の色が強い資格ではあります。しかし、客観的なドローン技能の評価指標になるほか、取得メリットも多数(詳細は後述)のため、ドローン操縦士からは人気の高い資格です。試験合格者には、カード型の合格証が届けられ、ドローン検定に合格した証明としても利用できます。

ドローン検定を受けるメリット

このドローン検定資格の活用例として、「ドローンの飛行許可申請時に優待を受けられる」という大きなメリットが存在します。
その他、ドローン業界で従事するにあたっての管理・運用スキルの証明になるなど、ドローン検定の活用の幅は広いです。ドローン業界は日々市場規模も拡大しているため、ドローンスキルを有しているという自己PRにも役立つでしょう。

他にも、ドローン検定では、以下のようなメリットを掲げています。詳細は下記のURLを参照してください。

無人航空従事者試験(ドローン検定)とは

それでは、続いてドローン検定の試験内容や受験資格について、詳しく触れていきます。

筆記試験・実技試験内容とそれぞれの受験資格

ドローン検定には、筆記・実技の2種類があります。筆記試験は1級~4級に分けて実施されるが、それぞれの等級の習熟程度目安・受験資格は以下の通りです。

1級
程度 – 無人航空機を操縦・管理・設計することに必要な、専門的知識を十分に有する。
受験資格 – ドローン検定2級合格者
試験開催 – 年3回

2級
程度 – 無人航空機を操縦・管理することに必要な、機体特性及び関連技術に関する十分な知識と気象学や関連法規及びリスク管理に関する知識を有する。
受験資格 – ドローン検定3級合格者
試験開催 – 年6回

3級
程度 – 無人航空機の機体特性や基礎技術、無線、関連法規に関する知識を有する。
試験開催 – 年6回

4級
程度 – 無人航空機を安全に運用することに必要な知識(基礎知識及び関連法規)を有する。
試験開催 – 年6回

引用元:Wikipedia – 無人航空従事者試験

試験は1問2点、全50問。4択の選択肢から答えを選ぶ、マークシート方式で行われる。試験内容は、ドローンの専門用語から基礎知識、航空力学、飛行の特性などさまざま。専用の検定対策テキストから大半の問題が出題されるため、予習は必須です。

検定対策テキストは、ドローン検定公式サイトから申し込めるので、検定を受ける際は一緒に購入しておきたいところです。
ドローン検定 検定対策テキスト

ドローン検定の技能試験概要・受験資格

筆記試験とは別に、ドローンの技能試験(実技試験)は以下の4種類があります。

・ドローン操縦士試験(要筆記試験3級)
・空撮技能試験(要筆記試験3級)
・FPV技能試験(要筆記試験3級)
・公認技能員試験(要筆記試験2級)

それぞれ、上述したドローン検定の筆記試験3級以上の取得が必須です。そのため、3級取得を目指すドローンユーザーが全体の割合として、非常に多くなっています。興味があれば技能試験にも挑戦するとよいでしょう。

最後に、このドローン検定の述べ認定数も紹介していきます。割合を見て、どの等級を受けるか決めてみてもよいのではないでしょうか。

ドローン検定の各等級の述べ認定数

2017年8月現在、講習受講者を含むドローン検定の述べ認定数は以下のとおり。

・1級 574人
・2級 1427人
・3級 4980人
・4級 309人

ドローン検定の受験は3級から可能で、実技試験の受験には3級取得が必須のため、3級を受ける人の割合が高くなっています。2級の試験内容は3級の発展系のため、さらに上を目指すドローンユーザーには、2級の需要も高いです。いずれにせよ、趣味あるいは業務でドローンを運用していくなら、本試験3級程度の知識は持っておきたいところでしょう。

まとめ:ドローン検定は知識を証明する唯一の資格。操縦士を目指すなら取っておきたい

ドローン業界従事者、趣味としてのドローンユーザー問わず、利用方法によっては「空飛ぶ凶器」にもなり得るドローンの運用には、相応の知識と責任が求められます。こうしたドローン検定のような資格の取得は、客観的に「この人なら大丈夫」という証明にもなるため、持っておいて損はない資格といえるでしょう。

日本ではまだ市民権を得にくいドローンですが、ドローン検定の試験を通じて正しい知識を身に付け、趣味としても仕事としても、楽しめるようにしていきましょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る