ドローンの名が広まった「首相官邸ドローン落下事件」を覚えていますか?

あなたは、2015年に起きた首相官邸ドローン落下事件を覚えているだろうか。

4月22日に官邸の屋上で不審なドローンが発見された、あの事件である。
ドローンは黒く塗られ、放射能マークを張り付けた容器や発炎筒が取り付けられていたことで、マスコミでも騒がれた。
その後、「反原発を訴えるためにやった」という犯人が逮捕されている。

それまで日本ではドローンについての法整備が為されていなかったが、この事件をきっかけに状況は一変し、急ピッチで明確なルール作りが進んだ。
それが現行の航空法である。

同年1月には、アメリカホワイトハウスにて類似の事件が起きていた。
この時アメリカではすでにドローンの有用性を認め、ドローンに関するルール作りが進行中であったためか、当時の大統領のインタビューからして、比較的冷静を保っている。

対して日本ではドローンの知名度は今よりも低く、この事件への非難が先行する形でドローンが知られるようになったのだから、皮肉なものである。

その後大手ECサイトであるAmazonで宅配サービスにドローンを用いるというプロモーションが広まり、知名度がさらに高まったものと見える。

COLUMN

いま注目のドローンレースとは?レースへの参加方法と上達のコツ

ドローンの大きな魅力はダイナミックかつ臨場感あふれる「空撮」ですが、もう一つ、忘れてはいけない「ドローンならでは」の大きな魅力があります。それがドローンレースです。ドローンの普及とともに注目度もアップしているドローンレー […]

COLUMN

ドローン専門ポータルストア「DRONE THE WORLD」とは

COLUMN

東京ガールズコレクションでドローンが飛んだ–テクノロジーの第一人者たちが語った、壮大なプロジェクトの舞台裏

COLUMN

広大な土地はドローン利用に最適?北海道のドローン事情

COLUMN

ドローンを株式テーマとする有力銘柄5選。商用ドローンの将来性と経済効果は?

COLUMN

あす開校!福岡県2校目「ドローンスクールジャパン福岡中央校」

COLUMN

株の世界にもドローン!ドローン関連銘柄をチェックしよう

COLUMN

規制の緩和でアメリカのドローン開発が変わる?

© DRONE NEWS