盗撮、それはドローンが得意とする犯罪である

人の仕事を代行し、生活に役立つドローン――そのようなイメージを持っている方は多いだろうし、決して間違った認識ではない。

しかし、何事も使う人間の心ひとつ。
もしも仮にドローン操縦士が犯罪者であったなら、そのドローンはたちまち私たちの生活を脅かす存在となるのではないか。

たとえば、首相官邸で起きた放射性物質と発煙筒が搭載されたドローンが見つかり、男が逮捕された事件を皆さんもご存知のことだろう。

この時ドローンを用いたテロという未知のものに、恐怖心を抱いた人もいたはずだ。

しかし、実は市販のドローンでは破壊行動を行うには力不足である。
そもそもバッテリーの関係から飛行可能時間は短く、搭載重量も小さい。

lens-490806_640

テロ行為などの破壊行動には向いていないドローンが、威力を発揮する犯罪行為は盗撮である。カメラを搭載したドローンが、露天風呂や、海水浴場の海の家の脱衣所などを飛行、撮影するという話がある。

ドローンを悪用しての盗撮が明るみになれば、通常の盗撮と同様に各都道府県の迷惑防止条例違反となり、懲役や罰金が定められている。

純粋なホビー目的のドローンオーナーにとっては、ドローンのイメージを下げるまったくもって不愉快な犯罪行為に他ならない。

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

COLUMN

空撮ドローンを飛ばすには免許が必要?

カメラ付きのドローンも低価格で購入できるようになり、旅行に空撮用ドローンを持っていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、ドローンを使って空撮したい場合、どのような免許が必要になるのか紹介します。

COLUMN

ドローンを紛失したり墜落させたりした場合、保険の補償は受けられる?

ドローンを紛失したり墜落させたりして機体を回収できない場合、加入しているドローン保険の補償は受けられるのでしょうか?

COLUMN

技適マークのないドローンを飛ばすのは違法?

技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、どんな場合でも違法になってしまうのでしょうか?ここでは、ドローンと技適マークの関係性と違法になるのか、という点について解説します。安全にドローンを飛ばすために、ぜひ参考にしてく […]

COLUMN

海上などで空撮ドローンを飛ばすには許可や免許が必要?

ドローンが一般家庭にも普及して身近な存在になり、趣味で公園、山、海上などに空撮ドローンを飛ばしたいと思っている人も多いことでしょう。では、空撮ドローンを使用するには許可や免許は必要なのでしょうか?

COLUMN

プロのドローン操縦士になりたい人が取るべき資格とは?

ドローンが普及してきたいま、ドローン操縦を仕事にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、プロのドローン操縦士になるために役立つ資格をご紹介したいと思います。

COLUMN

ドローンを飛ばして映像を地上に送信する場合、どんな資格が必要?

ドローンをつかう際に、映像を地上に送信したいと思う方もいるかもしれません。映像を地上に送信するドローンを操縦するには資格が必要なのでしょうか。ここでは、資格の有無と併せて、資格が必要な場合、どのような資格が必要になるのか […]

© DRONE NEWS