自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンを飛ばす際にはさまざまな法律上のルールに従わなければなりません。このため、時と場所をよく選ばなければなりません。特に、東京都内などではドローンを飛ばせる区域が非常に少ないので注意が必要です。

では、自分の所有する敷地でちょっとだけドローンを飛ばす、例えば、自宅の庭で地上5mの高さでドローンを飛ばすのは何らかの法律に引っかかるのでしょうか?

 

ドローンの飛行ルールを確認しよう

ドローンの飛行については「航空法」、「小型無人機等飛行禁止法」、「電波法」、自治体の条例などによってさまざまな規制がかけられています。以下で、航空法のルールを確認しておきましょう。

・飛行禁止区域(空港等の飛行機の離発着周辺のルート、地表又は水面から150m以上の高さの空域、国勢調査の結果による人口集中地区(DID)の上空)を避けること

・飲酒時の飛行はしないこと

・飛行前確認をすること(機体の点検や気象情報の確認など)

・衝突予防をすること(他のドローンとの間隔を空けるなど)

・危険な飛行はしないこと

・日中(日出から日没まで)に飛行させること

・目視の範囲内で飛行させること

・第三者の人や物から30m以上の距離を保つこと

・イベント会場など大勢の人が集まる場所の上空を避けること

・火薬、引火性液体、凶器、毒物などの危険物を輸送しないこと

・物を投下しないこと

以上のルールを見ると、飛行禁止区域に入っておらず、第三者の人や物から30m以上離れている場合には、自宅の庭でドローンを飛ばせるということが分かります。しかしながら、「第三者の物」には家や車だけではなく、電線や電柱、外灯、信号機なども含まれます。このため、ほとんどの庭はこの条件をクリアできないでしょう。

ただし、重さが200g未満のドローンは航空法の規制の対象外となっています。ですから、200g未満のトイドローンであれば、自宅の庭で飛ばすことができます。どうしても自宅の庭でドローンを飛ばしたいのであれば、トイドローンを使うようにしましょう。

200g未満のドローンであっても、航空機に影響を与える恐れのある空港周辺や150m以上の高さの空域、国の重要施設周辺での飛行は禁止されています。

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

COLUMN

空撮ドローンを飛ばすには免許が必要?

カメラ付きのドローンも低価格で購入できるようになり、旅行に空撮用ドローンを持っていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、ドローンを使って空撮したい場合、どのような免許が必要になるのか紹介します。

COLUMN

ドローンを紛失したり墜落させたりした場合、保険の補償は受けられる?

ドローンを紛失したり墜落させたりして機体を回収できない場合、加入しているドローン保険の補償は受けられるのでしょうか?

COLUMN

技適マークのないドローンを飛ばすのは違法?

技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、どんな場合でも違法になってしまうのでしょうか?ここでは、ドローンと技適マークの関係性と違法になるのか、という点について解説します。安全にドローンを飛ばすために、ぜひ参考にしてく […]

COLUMN

海上などで空撮ドローンを飛ばすには許可や免許が必要?

ドローンが一般家庭にも普及して身近な存在になり、趣味で公園、山、海上などに空撮ドローンを飛ばしたいと思っている人も多いことでしょう。では、空撮ドローンを使用するには許可や免許は必要なのでしょうか?

COLUMN

プロのドローン操縦士になりたい人が取るべき資格とは?

ドローンが普及してきたいま、ドローン操縦を仕事にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、プロのドローン操縦士になるために役立つ資格をご紹介したいと思います。

COLUMN

ドローンを飛ばして映像を地上に送信する場合、どんな資格が必要?

ドローンをつかう際に、映像を地上に送信したいと思う方もいるかもしれません。映像を地上に送信するドローンを操縦するには資格が必要なのでしょうか。ここでは、資格の有無と併せて、資格が必要な場合、どのような資格が必要になるのか […]

© DRONE NEWS