空撮ドローンを飛ばすには免許が必要?

カメラ付きのドローンも低価格で購入できるようになり、旅行に空撮用ドローンを持っていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、ドローンを使って空撮したい場合、どのような免許が必要になるのか紹介します。

空撮ドローンの操縦に免許は必要?

ドローンの操作技術や申請は別として、カメラ搭載のドローンを飛ばせば、空から写真や動画を撮影することができます。では、空撮ドローンを操縦するには免許が必要なのでしょうか、必要だとすればどんな免許が必要なのでしょうか?

答えとしては、空撮用のドローンであれ、他の目的のドローンであれ、ドローンの操縦自体に免許は必要ありません。誰でも免許なしで自由にドローンを飛ばすことができます。

ただし、操縦自体に免許が不要とはいえ、ドローンを飛ばす際には「航空法」で定められているルールに従う必要があります。

 

ドローンの操縦自体に免許は不要だが…

例えば、飛行禁止区域(空港等の飛行機の離発着周辺のルート、地表又は水面から150m以上の高さの空域、国勢調査の結果による人口集中地区(DID)の上空)を避けなければなりません。

「日中に飛行させること」、「目視の範囲内で飛行させること」、「第三者の人間、建物、車両などから30m以上の距離を保つこと」、「大勢の人が集まる場所の上空を避けること」、「危険物を輸送しないこと」、「物を投下しないこと」などのルールもあります。

「航空法」の他にも、「小型無人機等飛行禁止法」や各自治体の条例などによりドローンの飛行に規制がかけられていますので、よく確認しましょう。

また、「電波法」で定められている通り、ドローンの操縦に使用する無線電波の周波数帯によっては免許が必要になる場合もあります。

ドローンを飛ばす際に使用される無線電波の周波数帯には、2.4GHz5.7GHz5.8GHzがあります。趣味で使うようなドローンでは2.4GHzが使用されており免許不要ですが、産業用の大型ドローンでは5.7GHzを使用している場合が多く、免許がないとその電波を使用できません。具体的には、「陸上特殊無線技士」(第3級以上)の免許が必要です。

さらに、ドローンを「FPV」(ドローンに搭載したカメラからリアルタイムで映像を受信してカメラの視点で操縦すること)で操縦する場合、5.8GHZの周波数帯が使用されます。5.8GHzを利用するには「アマチュア無線技士」(4級以上)の免許が必要です。

今回紹介した通り、空撮ドローンを操縦すること自体に免許は必要ありませんが、さまざまな法律上のルールを守ってドローンを飛ばすことが重要になります。ドローンスクールなどに通い、基礎知識を身につけたうえでの空撮が安全と言えるかもしれません。

COLUMN

今後ドローン操縦が免許制になる可能性はある?

自動車の運転とは違い、ドローンを操縦するのに免許は現在のところ必要ありません。では、近い将来、ドローン操縦が免許制になる可能性はあるのでしょうか?

COLUMN

山の上でのドローン空撮!高度規制と落とし穴について徹底解説

SNSに投稿される山の上でのドローン空撮は多くのドローンファンの目をくぎ付けにします。「チャレンジしてみたい!」と思うかもしれませんが、知っておくべき高度制限と落とし穴があるので注意が必要です。

COLUMN

ドローン操縦士になるためには?具体的な仕事内容や必要な資格について

様々な分野で活躍するようになってきたドローン、ドローンはもはや趣味という枠を超えていると言っても過言ではありません。将来はドローン操縦士として活躍したいと考えている人もいます。ここではドローン操縦士の仕事内容や資格につい […]

COLUMN

選ぶ基準とは?ドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説

空からの映像を気軽に楽しめることから人気のドローンですが、カメラのスペックは日に日に進歩しています。今回はドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説します。手頃な価格のドローンも紹介するので是非参考にしてくださいね!

COLUMN

農業用ドローンの導入における補助制度はある?

農業の分野でも使用されるようになったドローン、農林水産省が推奨する「スマート農業」の目玉であると言っても過言ではありません。しかしいざドローンを導入しようとしても初期費用がかかるので躊躇しているという人もいるようです。今 […]

COLUMN

ドローンの操作距離が違うのはなぜ?機体ごとの操作距離を比較しよう

空高く飛ばすことができるドローン、上空からの映像はロマンに満ち溢れています。できるだけ遠くまで飛ばして空撮を楽しみたいという人もいるでしょう。しかしドローンの機体によって操作距離は違います。今回はドローンの操作距離を機体 […]

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

© DRONE NEWS