田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは違法?

人があまりいないような田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは、違法なのでしょうか?

列車をドローンで追いかけて撮影するのが違法かどうかは何で決まる?

走っている列車をドローンで追いかけて撮影するのが違法かどうかは、ケースバイケースです。具体的には、事前に許可を取っているか、飛行場所、飛行方法などによって決まります。詳しく見てみましょう。

 

ドローンによる列車の撮影が違法になるケース

まず、撮影対象が列車であれ、ほかの何であれ、ドローンを飛ばす際にはその場所の所有者や管理者の許可を事前に取るのが原則です。もし、列車を撮影するために線路やその周辺の上空にドローンを飛ばすのであれば、鉄道会社の許可が必要でしょう。また、ドローンの離着陸に他の人の土地や公園などを利用するのであれば、またそうした場所の上空を飛ぶ必要があるのであれば、やはりその所有者や管理者の許可を取らなければなりません。

でも、そうした許可を事前に取ったとしても、列車の走行を妨げるような飛行や危険な飛行をした場合には、「列車往来危険罪」という重罪に問われる可能性があります。また、「小型無人機等の飛行禁止法」により、国会議事堂や内閣総理大臣官邸、外国公館、原子力事業所の周辺地域は、飛行禁止になっています。

関係する場所の所有者や管理者の許可を得ている、危険な飛行はしない、「小型無人機等の飛行禁止法」にも違反していないということを前提とすると、200g未満のドローンであれば、列車を追いかけて撮影しても基本的には違法になりません。

ただ、200g以上のドローンの場合は、話が変わってきます。200g以上のドローンは「航空法」の適用対象となりますので、以下の飛行範囲と飛行方法に該当する場合には、国土交通省の許可を事前に取らなければ違法になります。

・飛行場所:空港等の飛行機の離発着周辺のルート、地表又は水面から150m以上の高さの空域、国勢調査の結果による人口集中地区(DID)の上空

・飛行方法:夜間に飛行させること、目視の範囲外を飛行させること、第三者の人や建物、車両などの30m以内に接近すること、イベントなどの人が大勢集まる場所の上空を飛行させること、火薬や毒物などの危険物を輸送すること、飛行中に物を投下すること

列車をドローンで撮影する場合には、上記の点をしっかり理解し、合法的な方法で飛ばすようにしましょう。

COLUMN

ドローンFAQ

田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは違法?

人があまりいないような田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは、違法なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンを海上飛行させるのに国土交通省の許可は必要?

ドローンを飛行させる場合、様々な許可申請を行わなければなりません。では、ドローンを海上で飛行させるのに、国土交通省の許可は必要なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可を取得するのに必要な飛行経験は?

ドローンの飛行許可を得るには、どれくらいの飛行経験が必要になるのでしょうか?詳しく紹介していきます。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可や承認は何歳から受けることができる?

趣味やビジネスなど幅広い利用が期待されているドローンですが、ドローンの飛行許可を受けるに、年齢制限はあるのでしょうか?ドローン飛行許可の年齢や許可申請について紹介します。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの操作方法はモード1とモード2のどちらが主流?おすすめのモードは?

ドローンを操縦するのに選ばなければならない送信機(プロポ)のモード。モード1とモード2がありますが、いったいどちらが主流なのでしょうか?ここではモード1とモード2の違いや、どちらがおすすめなのかについて解説します。

COLUMN

ドローンFAQ

仰角撮影で広がる可能性!上向き撮影可能なドローンを紹介

ドローン空撮といえば上空から見下ろすダイナミックな映像が印象的ですが、「仰角撮影ができればさらにドローン空撮の可能性が広がるのに」と考える人もいるようです。今回はドローンのカメラの角度について説明し、仰角撮影ができるドロ […]

COLUMN

ドローンFAQ

メリットの多い農薬散布用ドローンの導入!自己所有の畑で飛行練習をするのに許可は必要?

農業で欠かすことのできない作業のひとつが農薬散布ですが、ドローンを導入することにより多くのメリットを享受している農家が増えています。ここでは農薬散布にドローンを導入することのメリットと、自己所有の畑で飛行練習をするのに許 […]

COLUMN

ドローンFAQ

DJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジ!注意点と対処法を解説

その重さ199g。DJI MAVIC miniは航空法対象外で飛ばしやすいだけでなく、本格的な空撮もできると評判です。今回はDJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジする際の注意点と対処法を解説します。

© DRONE NEWS