技適マークのないドローンを飛ばすのは違法?

技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、どんな場合でも違法になってしまうのでしょうか?ここでは、ドローンと技適マークの関係性と違法になるのか、という点について解説します。安全にドローンを飛ばすために、ぜひ参考にしてください。

技適マークが付いていないドローンはなぜ存在するの?

技適マークは「技術基準適合証明マーク」の略称で、無線機が電波法令で定められている技術基準に適合している証明するためのマークです。

国産メーカーのドローンや日本の販売代理店で売られている海外メーカーのドローンには、技適マークがきちんと付いています。ところが、並行輸入品など、国内での販売代理店を通していない製品には技適マークが付いていない場合が多いのです。

ここで、「技適マークが付いていない輸入品でも、技適マークが付いているドローンと同じ製品・機種であれば、技術基準には適合しているわけなので技適マークが付いていなくても使用していいのではないか?」という疑問が生じます。

では、このような場合でも技適マークの付いていないドローンを飛ばすのは違法になるのでしょうか?

 

技適マークのないドローンを飛ばすのは違法?

結論から言うと、技適マークの付いていないドローンを飛ばすのは、それが技適マークを取得しているものと同じ機種であっても違法となります。

なぜこのような結論になるかと言いうと、ドローンのメーカーが品質や性能の改良などのためにプログラムや回路変更、部品変更を行った場合、その製品の技適マークを取得している販売代理店には、技適マークの取り直しの義務があるからです。

当然、その販売代理店には、仕様変更が行われた時にメーカーから連絡があります。もしくは、仕様の変更後の製品を納品しないという契約になったりしているはずです。でも、並行輸入などの場合、そのようなことは行われません。仕様変更後のドローンが何のチェックもなくそのまま輸入されてしまいます。

このため、技適マークが付いていないドローンの場合、それが外見上技適マークの付いているものと同じ機種であったとしても、本当に技術基準に適合しているかどうかは分からない、ということになります。この理由で、技適マークは個々の製品に対して付けることが義務付けられており、技適マークの付いていないドローンは機種に関係なく違法です。実際に検挙された事例もあります。

ドローンを購入する際には、技適マークがきちんと付いているかを確認するようにしましょう。

COLUMN

山の上でのドローン空撮!高度規制と落とし穴について徹底解説

SNSに投稿される山の上でのドローン空撮は多くのドローンファンの目をくぎ付けにします。「チャレンジしてみたい!」と思うかもしれませんが、知っておくべき高度制限と落とし穴があるので注意が必要です。

COLUMN

ドローン操縦士になるためには?具体的な仕事内容や必要な資格について

様々な分野で活躍するようになってきたドローン、ドローンはもはや趣味という枠を超えていると言っても過言ではありません。将来はドローン操縦士として活躍したいと考えている人もいます。ここではドローン操縦士の仕事内容や資格につい […]

COLUMN

選ぶ基準とは?ドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説

空からの映像を気軽に楽しめることから人気のドローンですが、カメラのスペックは日に日に進歩しています。今回はドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説します。手頃な価格のドローンも紹介するので是非参考にしてくださいね!

COLUMN

農業用ドローンの導入における補助制度はある?

農業の分野でも使用されるようになったドローン、農林水産省が推奨する「スマート農業」の目玉であると言っても過言ではありません。しかしいざドローンを導入しようとしても初期費用がかかるので躊躇しているという人もいるようです。今 […]

COLUMN

ドローンの操作距離が違うのはなぜ?機体ごとの操作距離を比較しよう

空高く飛ばすことができるドローン、上空からの映像はロマンに満ち溢れています。できるだけ遠くまで飛ばして空撮を楽しみたいという人もいるでしょう。しかしドローンの機体によって操作距離は違います。今回はドローンの操作距離を機体 […]

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

COLUMN

空撮ドローンを飛ばすには免許が必要?

カメラ付きのドローンも低価格で購入できるようになり、旅行に空撮用ドローンを持っていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、ドローンを使って空撮したい場合、どのような免許が必要になるのか紹介します。

© DRONE NEWS