台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

台湾でドローンを飛ばすことはできる?

台湾にも「台中高美湿地」など、絶景を楽しめるスポットがいくつかあります。では、台湾の観光スポットや他の場所でカメラ搭載のドローンを飛ばして写真や映像の撮影を楽しむことはできるのでしょうか。

結論として、台湾でドローンの飛行が全面的に禁止されているということはありません。日本と同じように、一定のルールの下、ドローンを飛ばすことができます。

では、台湾でドローンを飛ばす際には、どのようなルールがあるのでしょうか。

 

台湾でドローンを飛ばすための条件

台湾では、重量が15kgを超えるドローンは政府機関の民航局(民用航空局)が管理することになっており、趣味目的か営利目的に関係なく免許が必要です。免許を取得できるのは18歳以上の人に限られます。また、機体・操縦者の両方を登録しなければなりません。

重量が15kgを超えるドローンというのは、基本的に言って、産業用の大型ドローンです。個人が趣味で使うドローンの場合、重さが15kgを超えることはほとんど考えられませんので、上記のルールが適用されることはありません。そうした15kg未満のドローンについては、地方自治体の管理に任せることになっています。つまり、地方自治体が特別なルールを設けていない限り、免許なしでドローンを飛ばせるということです。

ただし、どの重さのドローンでも以下のルールを必ず守らなければなりません。

・高度は400フィート(121.92メートル)以下

・日中のみ

・目視の範囲内

・空港や政府施設付近等禁止区域内の飛行禁止

・物の輸送及び投下は禁止

・イベント会場などの人が集まる場所の上空は禁止 

台湾でドローンを飛ばす際にはこうしたルールを必ず守るようにしましょう。また、地方自治体や観光地の管理者がドローンの使用を禁止していることも考えられます。ですから、前もってその場所でドローンを使えるのかどうかを個別に確認しておくようにしましょう。

また、航空会社すべてに共通するルールとして、ドローンのバッテリーは機内持ち込みにしなければならないということがあります。ドローンのバッテリーは「リチウムイオンポリマーバッテリー」といって、国土交通省が指定する危険物に該当するからです。行き先が台湾であれ、他の国であれ、ドローンのバッテリーを預け荷物の中に入れないようにしましょう。なお、ドローン本体は預け荷物にしても機内持ち込みにしても構いません。

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

COLUMN

空撮ドローンを飛ばすには免許が必要?

カメラ付きのドローンも低価格で購入できるようになり、旅行に空撮用ドローンを持っていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、ドローンを使って空撮したい場合、どのような免許が必要になるのか紹介します。

COLUMN

ドローンを紛失したり墜落させたりした場合、保険の補償は受けられる?

ドローンを紛失したり墜落させたりして機体を回収できない場合、加入しているドローン保険の補償は受けられるのでしょうか?

COLUMN

技適マークのないドローンを飛ばすのは違法?

技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、どんな場合でも違法になってしまうのでしょうか?ここでは、ドローンと技適マークの関係性と違法になるのか、という点について解説します。安全にドローンを飛ばすために、ぜひ参考にしてく […]

COLUMN

海上などで空撮ドローンを飛ばすには許可や免許が必要?

ドローンが一般家庭にも普及して身近な存在になり、趣味で公園、山、海上などに空撮ドローンを飛ばしたいと思っている人も多いことでしょう。では、空撮ドローンを使用するには許可や免許は必要なのでしょうか?

COLUMN

プロのドローン操縦士になりたい人が取るべき資格とは?

ドローンが普及してきたいま、ドローン操縦を仕事にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、プロのドローン操縦士になるために役立つ資格をご紹介したいと思います。

COLUMN

ドローンを飛ばして映像を地上に送信する場合、どんな資格が必要?

ドローンをつかう際に、映像を地上に送信したいと思う方もいるかもしれません。映像を地上に送信するドローンを操縦するには資格が必要なのでしょうか。ここでは、資格の有無と併せて、資格が必要な場合、どのような資格が必要になるのか […]

© DRONE NEWS