プロのドローン操縦士になりたい人が取るべき資格とは?

ドローンが普及してきたいま、ドローン操縦を仕事にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、プロのドローン操縦士になるために役立つ資格をご紹介したいと思います。

ドローンの操縦自体に資格は不要?

車を運転するには自動車運転免許を所得しなければなりませんが、ドローン操縦に関して免許を取得することを義務付ける法律は今のところありません。

※これはどこでも好き勝手にドローンを飛ばしていいということではなく、ドローンを飛ばす場所や方法についての法律に従う必要があり、違反した場合には罰則の対象になります。

このように、ドローン操縦に資格は不要です。とはいえ、ドローンを飛ばすために使用する無線周波数により資格が必要な場合があったり、ドローン操縦の技術を証明するのに役立つ民間資格はあったりしますので、プロの操縦士になりたいのであればそうした資格は取得しておいた方が良いでしょう。

では、具体的に言ってどんな資格を取っておくべきなのでしょうか?

 

プロのドローン操縦士になりたい人が取るべき資格とは?

ホビー用に使用されるドローンのほとんどは、誰もが使える2.4GHzの無線周波数帯を利用しています。しかし、産業用の大きめのドローンなどは「陸上特殊無線技士」(第3級以上)の資格が必要な5.7GHz帯を使用します。

また、ドローンを「FPVゴーグル」で操縦する場合、映像の送信に5.8GHzの周波数帯が使用されおり「アマチュア無線技士」(4級以上)の資格が必要です。これらの資格は国家資格でもあるので、取得しておくべきでしょう。

現在、さまざまなドローンの民間資格認定団体が存在しています。まず、ドローンについての知識を証明するのに役立つのが「ドローン検定協会」の「ドローン検定」です。難易度順に4級から1級まであり、試験は筆記のマークシート方式で実施されています。

また、実技の能力を示すのに役立つ資格として、「DPA操縦士資格」(ドローン操縦士協会)、「JUIDAの操縦技能証明証と安全運航管理者証明証」(日本UAS産業振興協議会)、「DJI JAPANの認定資格」(DIJ JAPAN社)などがあります。これら3つは、ドローン業界の中でメジャーな民間資格として認知されていますので、まずはこれらのうちのいずれかを取得するべきでしょう。

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

COLUMN

空撮ドローンを飛ばすには免許が必要?

カメラ付きのドローンも低価格で購入できるようになり、旅行に空撮用ドローンを持っていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、ドローンを使って空撮したい場合、どのような免許が必要になるのか紹介します。

COLUMN

ドローンを紛失したり墜落させたりした場合、保険の補償は受けられる?

ドローンを紛失したり墜落させたりして機体を回収できない場合、加入しているドローン保険の補償は受けられるのでしょうか?

COLUMN

技適マークのないドローンを飛ばすのは違法?

技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、どんな場合でも違法になってしまうのでしょうか?ここでは、ドローンと技適マークの関係性と違法になるのか、という点について解説します。安全にドローンを飛ばすために、ぜひ参考にしてく […]

COLUMN

海上などで空撮ドローンを飛ばすには許可や免許が必要?

ドローンが一般家庭にも普及して身近な存在になり、趣味で公園、山、海上などに空撮ドローンを飛ばしたいと思っている人も多いことでしょう。では、空撮ドローンを使用するには許可や免許は必要なのでしょうか?

COLUMN

プロのドローン操縦士になりたい人が取るべき資格とは?

ドローンが普及してきたいま、ドローン操縦を仕事にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、プロのドローン操縦士になるために役立つ資格をご紹介したいと思います。

COLUMN

ドローンを飛ばして映像を地上に送信する場合、どんな資格が必要?

ドローンをつかう際に、映像を地上に送信したいと思う方もいるかもしれません。映像を地上に送信するドローンを操縦するには資格が必要なのでしょうか。ここでは、資格の有無と併せて、資格が必要な場合、どのような資格が必要になるのか […]

© DRONE NEWS