ドローン飛行許可申請に必要な10時間の飛行経歴はどのように証明するのか

ドローン飛行許可申請を行えば、改正航空法で定められている飛行禁止区域でもドローンを飛ばすことができます。ここでは、飛行許可申請の必要事項にある「10時間の飛行経歴」とは何か、どのように証明したらいいのかについて解説します。

ドローン飛行許可申請に必要な飛行経歴10時間とは?

ドローンの操縦に慣れてくると、「いろいろな場所で空撮を本格的に楽しみたい」とか、「きれいな夜景の撮影をしてみたい」と思うかもしれません。しかし、いつでもどこでも自由にドローンを飛ばせるわけでありません。

改正航空法によると、人口密集地、空港周辺、上空150m以上の空域、夜間での飛行は禁止されています。飛行禁止区域でどうしてもドローンを飛ばしたいという場合は、国土交通省にドローン飛行許可申請を提出しなければなりません。

飛行許可申請にはクリアしなければならない事項がいくつかありますが、その中にあるのが飛行経歴10時間です。飛行経歴10時間をクリアするのは簡単なことではないと言われています。

対象となるドローンは200g以上の機体なので、トイドローンなど200g未満のドローンの飛行実績は含めることができません。

さらに、単にドローンを飛ばすのではなく、様々な操縦訓練をした時間が実績となります。自宅内でホバリングさせるだけで10時間の飛行経歴を証明するわけにはいかないのです。

では、どのようにして10時間の飛行経歴を証明することができるのでしょうか?

 

飛行経歴10時間はどのように証明したらいいの?

ドローン飛行許可申請で求められている10時間の飛行経歴ですが、実は自己申告です。ドローンを飛ばせる場所と時間さえあれば、自力で10時間の飛行経歴をクリアすることができるというわけです。

ドローンの1回の飛行時間は長くても30分くらいです。バッテリーを何個持っているかにもよりますが、1日に達成できる飛行時間は限られているので、飛行記録(フライトログ)をこまめにつけることをおすすめします。

自力で10時間の飛行経歴をクリアするのは時間がかかります。飛行許可申請をすぐにしたいという場合は、ドローンスクールの講習を受けることをおすすめします。

講習では、航空法やドローン機体についての知識を得ることができ、さらに10時間の飛行経歴を2日ほどでクリアすることができます。確かな訓練を積むことができ、証明書も発行してもらえるので、飛行許可申請をスムーズに進めることができます。

COLUMN

ドローンFAQ

田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは違法?

人があまりいないような田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは、違法なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンを海上飛行させるのに国土交通省の許可は必要?

ドローンを飛行させる場合、様々な許可申請を行わなければなりません。では、ドローンを海上で飛行させるのに、国土交通省の許可は必要なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可を取得するのに必要な飛行経験は?

ドローンの飛行許可を得るには、どれくらいの飛行経験が必要になるのでしょうか?詳しく紹介していきます。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可や承認は何歳から受けることができる?

趣味やビジネスなど幅広い利用が期待されているドローンですが、ドローンの飛行許可を受けるに、年齢制限はあるのでしょうか?ドローン飛行許可の年齢や許可申請について紹介します。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの操作方法はモード1とモード2のどちらが主流?おすすめのモードは?

ドローンを操縦するのに選ばなければならない送信機(プロポ)のモード。モード1とモード2がありますが、いったいどちらが主流なのでしょうか?ここではモード1とモード2の違いや、どちらがおすすめなのかについて解説します。

COLUMN

ドローンFAQ

仰角撮影で広がる可能性!上向き撮影可能なドローンを紹介

ドローン空撮といえば上空から見下ろすダイナミックな映像が印象的ですが、「仰角撮影ができればさらにドローン空撮の可能性が広がるのに」と考える人もいるようです。今回はドローンのカメラの角度について説明し、仰角撮影ができるドロ […]

COLUMN

ドローンFAQ

メリットの多い農薬散布用ドローンの導入!自己所有の畑で飛行練習をするのに許可は必要?

農業で欠かすことのできない作業のひとつが農薬散布ですが、ドローンを導入することにより多くのメリットを享受している農家が増えています。ここでは農薬散布にドローンを導入することのメリットと、自己所有の畑で飛行練習をするのに許 […]

COLUMN

ドローンFAQ

DJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジ!注意点と対処法を解説

その重さ199g。DJI MAVIC miniは航空法対象外で飛ばしやすいだけでなく、本格的な空撮もできると評判です。今回はDJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジする際の注意点と対処法を解説します。

© DRONE NEWS