ドローン飛行の許可申請と承認されるまでにかかる時間について

趣味から業務に至るまでドローンを利用する人が増えています。ドローンを安全に飛行させるために、守らなければならないルールがあり、中には許可申請をしなければならないケースもあります。今回は飛行の許可申請をする必要があるケースと、承認されるまでにかかる時間についてまとめます。

ドローン飛行のルールと許可申請が必要なケースについて

ドローンを安全に飛行させるために守らなければならないルールがあります。令和元年9月18日より4つのルールが追加されているので注意しましょう。

1.飲酒時の飛行禁止

2.飛行前確認を行うこと

3.航空機やほかのドローンとの衝突予防をすること

4.他人に迷惑を及ぼすような方法での飛行禁止

これらのルールは飛行場所を問わずに守る必要があります。従来のルール通り、5~10の項目に関しては地方航空局長の承認を受ける必要があります。

5.夜間飛行

6.目視外飛行

7.人や物件との距離が30m未満となる飛行

8.イベント上空での飛行

9.危険物輸送

10.物件投下

オンライン申請、郵送及び持参のいずれかの方法によりドローン飛行の申請をすることができます。

オンラインサービス専用サイトの「ドローン情報基盤システム(https://www.dips.mlit.go.jp/)」を使うと、24時間365日いつでも申請書を提出することができるので便利です。

 

ドローン飛行の申請手続きは余裕をもって行おう!

ドローン飛行の申請書を提出すればすぐに承認が下りてドローンを飛ばせるわけではありません。

国土交通省のホームページによると、申請書類は飛行開始予定日の少なくとも10開庁日前までに行うようにと勧められています。しかし、10開庁日前というのは標準的な処理期間なので注意が必要です。

ドローンの普及が拡大しているため、ドローン飛行の申請は込み合っています。そのため飛行開始予定日から3~4週間程度の余裕を持つようにという注意書きがあります。

申請書に不備がある場合は修正に時間がかかってしまうこともあります。特に初めて申請をする場合は修正の可能性も念頭に置いて、1か月から1か月半くらいの余裕を持つと安心です。

ドローン飛行開始予定日に許可が下りていないと、スケジュールの変更をしなければなりません。特に業務でドローンを使用する場合、申請手続きは余裕をもって行うようにしましょう。

COLUMN

ドローンFAQ

田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは違法?

人があまりいないような田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは、違法なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンを海上飛行させるのに国土交通省の許可は必要?

ドローンを飛行させる場合、様々な許可申請を行わなければなりません。では、ドローンを海上で飛行させるのに、国土交通省の許可は必要なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可を取得するのに必要な飛行経験は?

ドローンの飛行許可を得るには、どれくらいの飛行経験が必要になるのでしょうか?詳しく紹介していきます。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可や承認は何歳から受けることができる?

趣味やビジネスなど幅広い利用が期待されているドローンですが、ドローンの飛行許可を受けるに、年齢制限はあるのでしょうか?ドローン飛行許可の年齢や許可申請について紹介します。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの操作方法はモード1とモード2のどちらが主流?おすすめのモードは?

ドローンを操縦するのに選ばなければならない送信機(プロポ)のモード。モード1とモード2がありますが、いったいどちらが主流なのでしょうか?ここではモード1とモード2の違いや、どちらがおすすめなのかについて解説します。

COLUMN

ドローンFAQ

仰角撮影で広がる可能性!上向き撮影可能なドローンを紹介

ドローン空撮といえば上空から見下ろすダイナミックな映像が印象的ですが、「仰角撮影ができればさらにドローン空撮の可能性が広がるのに」と考える人もいるようです。今回はドローンのカメラの角度について説明し、仰角撮影ができるドロ […]

COLUMN

ドローンFAQ

メリットの多い農薬散布用ドローンの導入!自己所有の畑で飛行練習をするのに許可は必要?

農業で欠かすことのできない作業のひとつが農薬散布ですが、ドローンを導入することにより多くのメリットを享受している農家が増えています。ここでは農薬散布にドローンを導入することのメリットと、自己所有の畑で飛行練習をするのに許 […]

COLUMN

ドローンFAQ

DJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジ!注意点と対処法を解説

その重さ199g。DJI MAVIC miniは航空法対象外で飛ばしやすいだけでなく、本格的な空撮もできると評判です。今回はDJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジする際の注意点と対処法を解説します。

© DRONE NEWS