ドローン操縦士になるためには?具体的な仕事内容や必要な資格について

様々な分野で活躍するようになってきたドローン、ドローンはもはや趣味という枠を超えていると言っても過言ではありません。将来はドローン操縦士として活躍したいと考えている人もいます。ここではドローン操縦士の仕事内容や資格について解説します。

趣味が仕事になるかも!ドローン操縦士の仕事内容

様々な分野で活躍するようになってきたドローンですが、実際にどのような仕事で用いられているのでしょうか?

空撮

ドラマやCMのワンシーンで空撮が使われていることに気が付くことがあるでしょう。ドローンはテレビや映画の撮影などにも使われていて、そのためにドローン操縦士が活躍します。

公共インフラ

太陽光発電設備や橋梁など、公共インフラの点検や検査にドローンが使われることがあります。危険な個所の点検にドローンが使えると、安全面でもメリットがあります。

測量

土木測量でもドローンを使うことが増えてきています。小型飛行機を飛ばして撮影を行うよりも低価格で、精度の高い測量ができるというメリットがあります。国土交通省が推進している「i-Construction」もドローン測量の導入を後押ししています。

農業

農薬や肥料の散布、収穫物の運搬、播種などにもドローンが使われています。時間とコストを抑えて効率よく作業することによって、農業従事者の高齢化や人手不足など、農業が抱える問題を緩和することができると期待されています。

これらの分野以外にも、ドローンスクールのインストラクターやドローンレーサーなど、ドローンを使った様々な仕事があります。

 

ドローン操縦士になるための資格について

ドローンを飛ばすのに必須の資格というものはなく、ルールやマナーを守れば誰でもドローン操縦士になることができます。ドローン操縦士として活躍するためにはむしろプラスアルファの資格や技術が求められることでしょう。

例えば「空撮」を仕事にしたければ、ドローンの操縦テクニックに加えて、撮影テクニックやセンスが求められることになります。

それでもドローンの資格を取ることは、より安全なドローンの操縦や、知識・技能を第三者に証明する助けにもなります。

ドローン操縦士の資格には次のようなものがあります。

無人航空従事者資格

「ドローン検定」として知られている試験で、「ドローン検定協会」主催の民間の検定試験です。4級以上で証明書がもらえ、国土交通省への飛行許可を得るために提出することができます。

DPA操縦士資格

「一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)」が発行する資格で、認定校での受講が必要です。

JUIDA操縦技能証明

JUIDA認定校で受講して、試験に合格すると発行されます。

上記のドローンに関する民間資格のほかに、FPV飛行をするために求められる「第3級陸上特殊無線技士」を取得しておく

COLUMN

今後ドローン操縦が免許制になる可能性はある?

自動車の運転とは違い、ドローンを操縦するのに免許は現在のところ必要ありません。では、近い将来、ドローン操縦が免許制になる可能性はあるのでしょうか?

COLUMN

山の上でのドローン空撮!高度規制と落とし穴について徹底解説

SNSに投稿される山の上でのドローン空撮は多くのドローンファンの目をくぎ付けにします。「チャレンジしてみたい!」と思うかもしれませんが、知っておくべき高度制限と落とし穴があるので注意が必要です。

COLUMN

ドローン操縦士になるためには?具体的な仕事内容や必要な資格について

様々な分野で活躍するようになってきたドローン、ドローンはもはや趣味という枠を超えていると言っても過言ではありません。将来はドローン操縦士として活躍したいと考えている人もいます。ここではドローン操縦士の仕事内容や資格につい […]

COLUMN

選ぶ基準とは?ドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説

空からの映像を気軽に楽しめることから人気のドローンですが、カメラのスペックは日に日に進歩しています。今回はドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説します。手頃な価格のドローンも紹介するので是非参考にしてくださいね!

COLUMN

農業用ドローンの導入における補助制度はある?

農業の分野でも使用されるようになったドローン、農林水産省が推奨する「スマート農業」の目玉であると言っても過言ではありません。しかしいざドローンを導入しようとしても初期費用がかかるので躊躇しているという人もいるようです。今 […]

COLUMN

ドローンの操作距離が違うのはなぜ?機体ごとの操作距離を比較しよう

空高く飛ばすことができるドローン、上空からの映像はロマンに満ち溢れています。できるだけ遠くまで飛ばして空撮を楽しみたいという人もいるでしょう。しかしドローンの機体によって操作距離は違います。今回はドローンの操作距離を機体 […]

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

© DRONE NEWS