ドローンを海上飛行させるのに国土交通省の許可は必要?

ドローンを飛行させる場合、様々な許可申請を行わなければなりません。では、ドローンを海上で飛行させるのに、国土交通省の許可は必要なのでしょうか?

DIDエリアではない海上の飛行に許可は必要?

海の上には人が住んでいないのでDIDエリア(人口集中地区)となることはないし、海の上なら墜落しても誰の迷惑にもならないと考えて、ドローンの海上飛行に国土交通省の許可は特に必要ない、と言う人がいるかもしれません。

では、実際のところ、許可は必要なのでしょうか?海上飛行だけではなく、どんな場合にドローンの飛行許可が必要になるのかも併せて解説します。

 

どんな場合にドローンの飛行許可が必要? 

まず、トイドローン・ホビードローンと呼ばれるような200g未満の小型のドローンについては、基本的に国土交通省の飛行許可は不要です。ただし、「小型無人機等の飛行禁止法」により、国会議事堂や内閣総理大臣官邸、外国公館、原子力事業所の周辺地域は、ドローンの重さに関係なく飛行禁止になっています。また、自治体の条例により公園などが飛行禁止とされている場合もあります

200g以上のドローンについては、飛行範囲と飛行方法について「航空法」によって定められている禁止事項に該当する場合には、国土交通省に飛行許可を申請しなければなりません。

まず、飛行範囲についてですが、空港等の飛行機の離発着周辺のルート、地表又は水面から150m以上の高さの空域、国勢調査の結果による人口集中地区(DID)の上空は、飛行禁止区域となっています。なお、都市部はほとんどの範囲がDIDに該当します。

ですから、ドローンを飛ばそうとしている海上が飛行機の離発着周辺のルートに該当する場合や、ドローンの離発着地点がDIDに入っている場合には、許可が必要になります。人があまり住んでいない海岸もDIDに指定されていることもありますので、注意しましょう。また、海上で150m以上の高度でドローンを飛ばす場合にも、許可を申請しなければなりません。

飛行方法については、地上であろうと海上であろうと、以下のルールを順守できない場合に、事前に許可を申請しなければなりません。

・日中(日出から日没まで)に飛行させること

・目視の範囲内で飛行させること

・第三者の人間、建物、車両などから30m以上の距離を保つこと

・催し物の会場など大勢の人が集まる場所の上空を避けること

・火薬、引火性液体、凶器、毒物などの危険物を輸送しないこと

・物を投下しないこと

以上の点が、飛行許可を申請する必要があるかどうかを判断する基準になります。

さらに付け加えるならば、国土交通省からの許可が必要かどうかに関係なく、飛ばす場所の所有者や管理者の許可はいつでも必要です。

例えば、河川敷の場合、河川の管理者や周辺自治体が利用ルールを定めていることがありますので、河川事務所や自治体に確認する必要がありますし、道路上であれば道路交通法が適用されるので、警察の道路使用許可が必要になる場合があります。注意しましょう。

COLUMN

ドローンFAQ

田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは違法?

人があまりいないような田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは、違法なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンを海上飛行させるのに国土交通省の許可は必要?

ドローンを飛行させる場合、様々な許可申請を行わなければなりません。では、ドローンを海上で飛行させるのに、国土交通省の許可は必要なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可を取得するのに必要な飛行経験は?

ドローンの飛行許可を得るには、どれくらいの飛行経験が必要になるのでしょうか?詳しく紹介していきます。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可や承認は何歳から受けることができる?

趣味やビジネスなど幅広い利用が期待されているドローンですが、ドローンの飛行許可を受けるに、年齢制限はあるのでしょうか?ドローン飛行許可の年齢や許可申請について紹介します。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの操作方法はモード1とモード2のどちらが主流?おすすめのモードは?

ドローンを操縦するのに選ばなければならない送信機(プロポ)のモード。モード1とモード2がありますが、いったいどちらが主流なのでしょうか?ここではモード1とモード2の違いや、どちらがおすすめなのかについて解説します。

COLUMN

ドローンFAQ

仰角撮影で広がる可能性!上向き撮影可能なドローンを紹介

ドローン空撮といえば上空から見下ろすダイナミックな映像が印象的ですが、「仰角撮影ができればさらにドローン空撮の可能性が広がるのに」と考える人もいるようです。今回はドローンのカメラの角度について説明し、仰角撮影ができるドロ […]

COLUMN

ドローンFAQ

メリットの多い農薬散布用ドローンの導入!自己所有の畑で飛行練習をするのに許可は必要?

農業で欠かすことのできない作業のひとつが農薬散布ですが、ドローンを導入することにより多くのメリットを享受している農家が増えています。ここでは農薬散布にドローンを導入することのメリットと、自己所有の畑で飛行練習をするのに許 […]

COLUMN

ドローンFAQ

DJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジ!注意点と対処法を解説

その重さ199g。DJI MAVIC miniは航空法対象外で飛ばしやすいだけでなく、本格的な空撮もできると評判です。今回はDJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジする際の注意点と対処法を解説します。

© DRONE NEWS