ドローンはどこまで高く飛ばすことができるのか?

空高く鳥のように飛ぶドローン、上空からの映像はロマンがたっぷりと詰まっています。できるだけ高く飛ばしたいと言う気持ちになるかもしれませんが、実際にドローンはどこまで高く飛ばすことができるのでしょうか?法律で定められた限界と、スペック上の限界について調べてみました。

日本の航空法では高度150m未満が限界

ドローンの飛行性能にかかわりなく、日本の航空法ではドローンを飛ばしてもいい高さが決まっています。

以前までは、地表または水面から250m以上の高さの空域を無許可で飛ばすことが禁止されていましたが、201512月の改正で150mを超える飛行を行う場合は許可が必要になりました。

航空法によると、150m以上の高さの空域は安全性を確保し許可を受けた場合は飛行可能になっています。このことから、許可なしでドローンを飛ばす際の最高高度は150m未満であることがわかります。

ちなみに航空法の高度規制は対地高度、つまり飛行しているドローンの機体直下から地面までの高さです。山の上など高さが変わる場所で広範囲にドローンを飛行させる時は高度に気を付けながら操縦する必要があります。

 

スペック上での限界は?最高高度記録も紹介

航空法で定められた「150m未満」と言う規制がありますが、ドローンのスペック上はもっと高く飛ぶことが可能です。

例えばDJI社のPhantom 4の最高高度は公式サイトによると「海抜6,000m」になっています。ただし最大伝送距離が3,500mなので、ドローンと操縦者の距離を伝送可能な状態に保ちつつ高度を上げていく必要があります。

さらに、Phantom 4は最高高度が500m以上にならないようにデフォルトで設定されていることも考慮に入れなければならず、事実上の最高高度は500mであると言うことができます。

実際にドローンを飛ばして記録に挑戦した人たちもいます。ロシアのドローン動画チャンネルに公開された動画では、自作のFPVドローンを飛ばして最高高度が「Alt km 10.2」と表示されました。何と10,200mもの高さに到達したようです。

プロペラ機としての高度記録は、2001年8月13日にNASAが開発したヘリオスが達成した高度29,511mだとされています。

ドローンの性能からするとかなりの高さまで飛ばすことが可能ですが、無許可で150mを超えることは法律違反になるので注意しましょう。

COLUMN

ドローンFAQ

田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは違法?

人があまりいないような田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは、違法なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンを海上飛行させるのに国土交通省の許可は必要?

ドローンを飛行させる場合、様々な許可申請を行わなければなりません。では、ドローンを海上で飛行させるのに、国土交通省の許可は必要なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可を取得するのに必要な飛行経験は?

ドローンの飛行許可を得るには、どれくらいの飛行経験が必要になるのでしょうか?詳しく紹介していきます。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可や承認は何歳から受けることができる?

趣味やビジネスなど幅広い利用が期待されているドローンですが、ドローンの飛行許可を受けるに、年齢制限はあるのでしょうか?ドローン飛行許可の年齢や許可申請について紹介します。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの操作方法はモード1とモード2のどちらが主流?おすすめのモードは?

ドローンを操縦するのに選ばなければならない送信機(プロポ)のモード。モード1とモード2がありますが、いったいどちらが主流なのでしょうか?ここではモード1とモード2の違いや、どちらがおすすめなのかについて解説します。

COLUMN

ドローンFAQ

仰角撮影で広がる可能性!上向き撮影可能なドローンを紹介

ドローン空撮といえば上空から見下ろすダイナミックな映像が印象的ですが、「仰角撮影ができればさらにドローン空撮の可能性が広がるのに」と考える人もいるようです。今回はドローンのカメラの角度について説明し、仰角撮影ができるドロ […]

COLUMN

ドローンFAQ

メリットの多い農薬散布用ドローンの導入!自己所有の畑で飛行練習をするのに許可は必要?

農業で欠かすことのできない作業のひとつが農薬散布ですが、ドローンを導入することにより多くのメリットを享受している農家が増えています。ここでは農薬散布にドローンを導入することのメリットと、自己所有の畑で飛行練習をするのに許 […]

COLUMN

ドローンFAQ

DJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジ!注意点と対処法を解説

その重さ199g。DJI MAVIC miniは航空法対象外で飛ばしやすいだけでなく、本格的な空撮もできると評判です。今回はDJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジする際の注意点と対処法を解説します。

© DRONE NEWS