ドローンの操作方法はモード1とモード2のどちらが主流?おすすめのモードは?

ドローンを操縦するのに選ばなければならない送信機(プロポ)のモード。モード1とモード2がありますが、いったいどちらが主流なのでしょうか?ここではモード1とモード2の違いや、どちらがおすすめなのかについて解説します。

ドローン操作方法のモード1とモード2の違いとは?主流なのは?

ドローンを操縦する送信機には基本的に2つのモードがあります。直感的に操縦するドローンの場合、両モードを同じように使いこなすのは非常に難しいとされています。

最初に選んだモードで操縦を続けることになるので、モードの選択は重要なポイントです。モード1とモード2ではスティック操作の際の動作指示が異なります。

・モード1

右手のスティックで上昇下降、左右移動

左手のスティックで前進後進、左右回転

日本のラジコンヘリの標準となっているモード

・モード2

右手のスティックで先進後進、左右移動

左手のスティックで上昇下降、左右回転

海外で利用されている標準的なモード

 

モード1とモード2、おすすめはどちら?

モード1とモード2にはそれぞれのメリットとデメリットがあるので、比較しながら自分のニーズに合ったモードを選択するようにしましょう。

これからドローンを始める人、特にこだわりがない人にはモード2がおすすめです。海外メーカーのほとんどのドローンは初期設定がモード2になっています。

さらにモード2のほうが直感的に操縦することができ、ハードルが低いと言われています。

すでにラジコンヘリの操作経験がある人、ラジコンヘリの操縦もしたいと思っている人はモード1がおすすめです。すでに慣れているモード1の操作であればそのままドローン操作をスムーズに行うことができるでしょう。

モード1は、右手が利き手の人が多いので、右手のスティックで上昇下降のコントロールができるようにしたとも言われています。ホバリング機能が付いていないマイクロドローンの操縦にはモード1が適していると考える人もいます。

さらに、ドローンスクールで長年教えている先生はモード1を使っている人が多いようです。ドローンスクールや講習でどちらのモードで指導されているのかもモード選択で重要なポイントになるでしょう。

両方のモードを使いこなすのは難しいとされているので、よく考えてからモード選択をするようにしましょう。

とはいえ最終的には慣れの問題でもあるので、途中でモード変更をする場合はひたすら練習あるのみです。

COLUMN

ドローンFAQ

田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは違法?

人があまりいないような田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは、違法なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンを海上飛行させるのに国土交通省の許可は必要?

ドローンを飛行させる場合、様々な許可申請を行わなければなりません。では、ドローンを海上で飛行させるのに、国土交通省の許可は必要なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可を取得するのに必要な飛行経験は?

ドローンの飛行許可を得るには、どれくらいの飛行経験が必要になるのでしょうか?詳しく紹介していきます。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可や承認は何歳から受けることができる?

趣味やビジネスなど幅広い利用が期待されているドローンですが、ドローンの飛行許可を受けるに、年齢制限はあるのでしょうか?ドローン飛行許可の年齢や許可申請について紹介します。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの操作方法はモード1とモード2のどちらが主流?おすすめのモードは?

ドローンを操縦するのに選ばなければならない送信機(プロポ)のモード。モード1とモード2がありますが、いったいどちらが主流なのでしょうか?ここではモード1とモード2の違いや、どちらがおすすめなのかについて解説します。

COLUMN

ドローンFAQ

仰角撮影で広がる可能性!上向き撮影可能なドローンを紹介

ドローン空撮といえば上空から見下ろすダイナミックな映像が印象的ですが、「仰角撮影ができればさらにドローン空撮の可能性が広がるのに」と考える人もいるようです。今回はドローンのカメラの角度について説明し、仰角撮影ができるドロ […]

COLUMN

ドローンFAQ

メリットの多い農薬散布用ドローンの導入!自己所有の畑で飛行練習をするのに許可は必要?

農業で欠かすことのできない作業のひとつが農薬散布ですが、ドローンを導入することにより多くのメリットを享受している農家が増えています。ここでは農薬散布にドローンを導入することのメリットと、自己所有の畑で飛行練習をするのに許 […]

COLUMN

ドローンFAQ

DJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジ!注意点と対処法を解説

その重さ199g。DJI MAVIC miniは航空法対象外で飛ばしやすいだけでなく、本格的な空撮もできると評判です。今回はDJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジする際の注意点と対処法を解説します。

© DRONE NEWS