ドローンのバッテリーと保管方法について

いざドローンを飛ばす時に、バッテリーの状態が万全でないと飛行時間が短くて思い通りのフライトができないことがあります。今回はドローンのバッテリーと保管方法について解説します。正しい保管方法を守ればバッテリーを長持ちさせることができますよ!

ドローンに使われているリポバッテリーとは?

バッテリーにはいろいろな種類がありますが、ドローンに使われているはリポバッテリーです。電解質がゲル状でできているバッテリーで、小型ながらエネルギー密度が高いのが特徴です。

軽量なのに大容量、大出力が特徴のリポバッテリーは、ドローンにとって理想的なバッテリーであると言えます。

リポバッテリーの1セルあたりの電圧基準は3.7Vで、充電をするときにはリポバッテリー専用のモードを選択するようにします。2セル以上のリポバッテリーを充電する時はバランス充電を行い、各セルの電圧が等しくなるようにします。電圧差は0.03Vまでが理想的だとされています。

過充電状態になると発火する危険性があるので、充電が完了したらすぐに取り外すようにしましょう。DJI社は「インテリジェントフライトバッテリー」を使っていて、フル充電になると停止して過充電にならない仕組みになっています。過充電を防いでくれるので安心ですが、念のために充電完了後はコンセントを切るようにすすめられています。

 

リポバッテリーの保管方法と注意点

ドローンにとって理想的なリポバッテリーですが、デリケートなバッテリーでもあるので取り扱いには注意が必要です。

しばらくドローンを利用しないという場合、リポバッテリーをフル充電状態で保管するのは厳禁です。フル充電状態での保管はバッテリーの劣化を早めてしまうことになりますから、40%~65%まで放電するようにしましょう。

放電しすぎると過放電を起こしてバッテリーが使えなくなってしまうので、バッテリーを使い切ってからそのまま保管することもすすめられません。

アプリなどを使って充電状態を確認してから保管をするようにしましょう。アプリがない場合は、フル充電状態でドローンを少し飛ばして放電調整してから保管するといいでしょう。

長期間保管する場合は、自然放電により過放電を起こしてしまいますから、月に1回程度はバッテリーチェックをすることをおすすめします。

保管方法に気を付けるなら、バッテリーを長持ちさせることができます。正しい取り扱いをして、安全で安心なドローン飛行を楽しみましょう。

COLUMN

ドローンFAQ

田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは違法?

人があまりいないような田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは、違法なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンを海上飛行させるのに国土交通省の許可は必要?

ドローンを飛行させる場合、様々な許可申請を行わなければなりません。では、ドローンを海上で飛行させるのに、国土交通省の許可は必要なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可を取得するのに必要な飛行経験は?

ドローンの飛行許可を得るには、どれくらいの飛行経験が必要になるのでしょうか?詳しく紹介していきます。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可や承認は何歳から受けることができる?

趣味やビジネスなど幅広い利用が期待されているドローンですが、ドローンの飛行許可を受けるに、年齢制限はあるのでしょうか?ドローン飛行許可の年齢や許可申請について紹介します。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの操作方法はモード1とモード2のどちらが主流?おすすめのモードは?

ドローンを操縦するのに選ばなければならない送信機(プロポ)のモード。モード1とモード2がありますが、いったいどちらが主流なのでしょうか?ここではモード1とモード2の違いや、どちらがおすすめなのかについて解説します。

COLUMN

ドローンFAQ

仰角撮影で広がる可能性!上向き撮影可能なドローンを紹介

ドローン空撮といえば上空から見下ろすダイナミックな映像が印象的ですが、「仰角撮影ができればさらにドローン空撮の可能性が広がるのに」と考える人もいるようです。今回はドローンのカメラの角度について説明し、仰角撮影ができるドロ […]

COLUMN

ドローンFAQ

メリットの多い農薬散布用ドローンの導入!自己所有の畑で飛行練習をするのに許可は必要?

農業で欠かすことのできない作業のひとつが農薬散布ですが、ドローンを導入することにより多くのメリットを享受している農家が増えています。ここでは農薬散布にドローンを導入することのメリットと、自己所有の畑で飛行練習をするのに許 […]

COLUMN

ドローンFAQ

DJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジ!注意点と対処法を解説

その重さ199g。DJI MAVIC miniは航空法対象外で飛ばしやすいだけでなく、本格的な空撮もできると評判です。今回はDJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジする際の注意点と対処法を解説します。

© DRONE NEWS