ドローン(Phantom)に利用できるモニターとその選び方

ドローン(Phantomシリーズ)を購入する時に、迷ってしまうのがドローンのモニター代わりになるタブレットやスマートフォンではないでしょうか。DJIでは推奨タブレット・スマートフォンをいくつか指定していますが、実際のところどれを選べば良いのかと悩んでしまいますよね。

ここでは、ドローン(Phantom)に利用できるモニターとその選び方を紹介します。

ドローン(Phantom)モニターに利用可能なタブレット・スマートフォンとは

Phantomシリーズを含むDJI製品を使用するためには、DJI GO というアプリは欠かせません。Phantomシリーズ、Inspireシリーズ、Osmoなど、さまざまなDJI製品に対応しています。

DJI GOにはFPV(リアルタイムで映像確認)や、今までの飛行実績が記録されるフライトレコーダー、フライトシミュレータがあり、機能が豊富です。また、音楽や動画のテンプレートを使って簡単に作品を作ることができ、オリジナル作品をシェアすることもできます。

なお、DJI GOはアプリのため、インストールすればタブレットやスマートフォンにて動作しますが、すべてのタブレットやスマートフォンで正常に動くかといったらそうではありません。ドローンを安全に楽しむためにも、ドローンモニターとして推奨されているタブレット・スマートフォンを選択したほうが良いといえます。

 

推奨タブレット・スマートフォンは以下の通りです(今後更新されていく可能性がありますので、詳しくはDJI GOのサイトをご確認ください)。

■iOS

iPhone 5s・iPhone 6・iPhone 6 Plus・iPhone 6s・iPhone 6s Plus

iPad Air・iPad Air Wi-Fi + Cellular・iPad mini 2・iPad mini 2 Wi-Fi + Cellular・iPad Air 2・iPad Air 2 Wi-Fi + Cellular・iPad mini 3・iPad mini 3 Wi-Fi + Cellular

 

■Android

Samsung S5・Note 3・Sony Xperia Z3・Google Nexus 7 II・Google Nexus 9・Mi 3、Nubia Z7 min・Huawei Mate 8

 

ドローン(Phantom)のモニターの選び方

■どちらのOSをドローンモニターに使うか

タブレット・スマートフォンには、DJI推奨にあるように「アップル製のiOS」か「Google製Android」の2つのOSが選択肢に入ります。一見似たようなOSのつくりですが、ドローン(Phantom)操作性は全く異なります。

新しいOSに慣れるのは時間がかかるものなので、今まで利用していたスマートフォンのOSのものを利用したほうが使用しやすいと言えるでしょう。また、その方が今まで利用していたスマートフォンとの連携もしやすいです。

■液晶の大きさ

液晶の大きさは、ドローン(Phantom)のモニター選びで重要なポイントです。

フライト時の画面を見ると分かるのですが、画面上で離陸、ゴーホーム、画質の調整、Phantomのフライト設定など、さまざまな設定ができ、とにかくボタンがたくさんあります。

iPhoneをそのままドローンモニターに流用したい気持ちもわかりますが、小さい画面ですべてを操作するとなると、かなり辛いものがあります。そのため、ドローン(Phantom)のモニターとしてのオススメは、タブレットといえます。

ただし、タブレットには見やすいというメリットはありますが、モニター+リモコンとしては少々重くなってしまいます。手が疲れると場合によっては操作性にも影響が出るので注意が必要です。

■解像度

解像度とは、どれだけ細かく鮮明に表示できるかということなので、ドローン(Phantom)のモニター選びでは重要になります。

どんなに大きな液晶だとしても、解像度が低ければ、フライト中に確認するときの映像がぼやけて見づらくなってしまいます。目安としては、1920×1200や2048×15366といった解像度を選んだほうが見やすいです。

 

ドローン(Phantom)に利用できるモニターと、その選び方についてお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか。ストレスなく撮影するためにも、満足行くサイズや性能のドローンモニターを手に入れましょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る