ドローン空撮を仕事にする!方法や需要がある分野は?

趣味でドローン空撮をしている人は「これでお金が稼げないかな?」と思うこともあるはずです。果たして、ドローン空撮は仕事として成立するのでしょうか?ここでは、ドローン空撮の需要がある分野や、ドローン空撮の技術者として働くための方法についてご紹介していきます。

ドローン空撮は仕事として成立するのか?

現在ビジネスでも積極的に求められているドローン空撮ですから、もちろんドローン空撮は仕事として成立しています。

やはり多くの産業やイベントでドローンの活用が活発化していることが理由に挙げられるでしょう。建築分野であればドローン空撮を利用した測量やインフラ点検、サービス業であれば結婚式の記念空撮など、さまざまな場面でドローン空撮が仕事として求められています。

最近はドローン空撮を活用した事業部署を新たに作った会社が求人募集を行っているケースも増えてきています。つまり、今まではドローンが新し過ぎたため、誰もビジネスへの活用性を見出せていませんでしたが、普及と認知が進むにつれて、多くの企業がドローンの良さに気づき始めたと言えるでしょう。

一方、ドローン空撮による仕事の需要が増えてきていることに対して、ドローンパイロットの数が不足しているのが現状です。日本では今のところプロと呼べる操縦技術を持ったドローン空撮パイロットは数十人程度しかおらず、ドローン空撮パイロットになって技術を高めれば、これからでもドローン空撮を仕事にすることは十分に可能なのです。

 

ドローン空撮の仕事に資格は必要?

ドローン空撮の仕事に就くには、基本的には資格も免許も要りません。年齢制限をクリアしていて、技術力さえあれば、誰でもドローン空撮の仕事に就くことができます。しかし、もしドローン空撮パイロットを仕事にしたいのであれば、趣味で操縦している程度の技術力では難しいでしょう。

その主な理由として以下3点が挙げられます。

 

・高品質の空撮を提供できない可能性が高い

ドローン操縦の技術力が不足している場合、仕事として求められる品質の空撮ができず、仕事の依頼が来なくなってしまうことが考えられます。ドローンの細かな操縦に加えて、同時にカメラ角度のコントロールが自由自在にできる技術力が求められるため、高い技術力はドローン空撮を仕事にする上で必須なのです。

 

・トラブル解決力の不足

仕事でドローン空撮を行う場合、空撮範囲の規模も趣味とはまったく違います。こうした点でもパイロットが油断してしまい、危機管理能力の未熟さや準備不足などが顕著に浮き彫りになってしまうことが考えられます。万が一、ドローンにトラブルが起きた場合、迅速に対処できない可能性もあります。

 

・法に対する知識不足

ドローン空撮の仕事に就くのであれば、ドローンに関する法律の知識ももちろん必要になります。人口集中区域上空での飛行や空港付近上空、夜間飛行や目視外などにおいてドローン空撮を行う場合、国土交通大臣の許可や承認が必要です。他にも一定のルールやマナー、法令や申請がドローン空撮には数多く存在しています。もし、ドローン空撮を仕事にするならば、こういった法的な部分も一般人以上に詳しく理解出来ているパイロットが求められます。

 

ドローンは独学で学べますが、不安な場合はドローンスクールやドローン検定で技術力・知識力を付けるようにしてください。危険ですので、不安な要素を持ったままドローン空撮の仕事にチャレンジするのは絶対にやめましょう。

 

ドローン空撮を扱う仕事の分野や職種は何がある?

・ドラマや映画の映像制作

従来ではクレーンを使用していた撮影の代わりに、ドローン空撮が活用されることが増えています。クレーンと比べて短時間のうちに低コストで撮影することができるため、映像制作においてのドローン空撮は革新的で、業界内では定着してきています。

 

・建築や土木分野での測量

こちらもドローン空撮を活用すれば、人件費もかからず、今まで以上に短時間で測量が完了するため、需要が高まっています。また、人間では測量が難しいとされていた地形にも対応でき、ドローン空撮の仕事として重宝されています。

 

・ビルメンテナンス

危険な高層ビルなどの点検も、ドローン空撮の仕事の活躍分野です。作業員の安全性を確保できることや、低コストで点検が済むことから、ドローン空撮が積極的に活用されています。他にも建設現場や農地など様々な場所の観察、管理にもドローン空撮が利用されているのです。

 

今後も需要はある?ドローン空撮の仕事!

仕事でドローンによる空撮を活用すれば、今まで以上に時間短縮、人件費削減が期待でき、不可能だったことが数多く可能になります。

こういった観点からドローンによる空撮で効率化できる分野は数多く存在し、今後も幅広い分野でさらにドローンによる空撮を活用する仕事が増えると考えられるでしょう。それに伴い、ドローン空撮パイロットや技術者、その他ドローン関係の職種の需要が高まると推測されています。

いかがでしたか?いまのうちにドローン空撮の仕事に就いておけば、今後も伸びしろのあるビジネスとして成立するでしょう。しかし、そのためには知識力を養い、厳しい特訓で腕を磨く必要があることを忘れてはいけません。

ドローンが好きであれば、絶対に空撮を仕事にできるはずです。諦めずに、頑張っていきましょう!

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る