ドローンスクールを受講するまでの流れから、資格を取得するまでの流れまでを解説

ドローン市場の拡大に伴って、ドローン操縦士を目指す人も増えています。今回はドローンスクールを受講するまでの流れから、ドローンスクールのカリキュラムを修了して実際に資格を取得するまでの流れを解説します。

ドローンスクールを受講するまでの流れ

ドローンスクールで取得できる資格は、主にJUIDAの「操縦技能証明証」「安全運行管理者証明証」、DPAの「ドローン操縦士回転翼3級」などがあります。

それぞれドローンスクールを受講するまでの流れや、ドローンスクールでのカリキュラムを修了して資格認定を申請する流れ、実際に交付してもらうまでの流れなどがありますが、まずはドローンスクールを受講するまでの流れを解説します。

といっても難しい流れではありませんのでご安心ください。基本的には次のような流れにそって受講することになります。

ドローンスクール受講までの流れ1「ドローンスクールを選ぶ」

上記いずれかの資格を取得したいと思ったら、JUIDAまたはDPAが認定しているドローンスクールで所定のカリキュラムを修了させる必要があります。

JUIDA認定のドローンスクールについては認定スクールから、DPA認定のドローンスクールについてはDPA認定校から確認できますので、まずはドローンスクールを選びましょう。

ドローンスクール受講までの流れ2「無料体験や説明会に参加する」

ドローンスクールの多くは、受講の前に無料体験や説明会に参加する流れになっています。ドローンスクールごとに申し込み方法や参加までの流れが異なりますので、ホームページで確認しましょう。

無料体験や説明会を実施していないドローンスクールもある可能性がありますので、不明な点は各ドローンスクールにお問い合わせください。

ドローンスクール受講までの流れ3「コースを選ぶ」

無料体験や説明会に参加して正式に受講しようと思ったら、次はコースを選択する流れになります。

コースを選ぶには取得したい資格を明確にしておく必要がありますので、JUIDADPAのホームページで資格について確認しておきましょう。

ドローンスクールやコースによっては「10時間以上の飛行実績がある」などの条件が必要な場合があります。条件を満たしていない場合は、条件をクリアするためのコースを選択するというのが一般的な流れになります。

ドローンスクール受講までの流れ4「受講料を支払う」

ドローンスクールやコースが決定したら、受講日前までに受講料を支払うという流れが一般的です。期日や支払い方法などについては各ドローンスクールの案内に従いましょう。

以上が、ドローンスクールで資格を取得できるコースを受講するまでの大きな流れです。

 

ドローンスクールでのカリキュラムを修了してから、資格認定までの流れ

ドローンスクールでカリキュラムを修了してもJUIDAやDPAの資格が即座に認定されるという訳ではありません。JUIDAやDPAに申請し、所定の手続きなどを完了して、初めて資格認定されるという流れになります。

JUIDAの資格認定までの流れ1「修了証を発行してもらう」

JUIDA認定のドローンスクールに通い「操縦技能証明証」「安全運行管理者証明証」を取得できるコースを修了した場合、ドローンスクールに「修了証(スクール修了証)」を発行してもらう流れになります。

JUIDAの資格認定までの流れ2「JUIDAにライセンス申請」

続いて、ドローンスクールが発行してくれた修了証をそえて、JUIDAにライセンス申請するという流れになります。

ライセンスを申請するにはJUIDA準会員への入会が必要になります。入会までの流れについては入会案内をご確認ください。

 

DPAの資格認定までの流れ1「修了者情報の提供」

DPA認定のドローンスクールで「ドローン操縦士回転翼3級」を取得できるコースを修了すると、ドローンスクールからDPAに修了者情報が提供される流れになります。

DPAの資格認定までの流れ2「会員登録とオンライン動画受講」

DPAに資格認定してもらうには「DPA技能会員」に登録し「オンライン動画」を受講するという流れになります。DPA技能会員登録については入会案内をご確認ください。

以上がドローンスクールで所定のカリキュラムを修了してから資格認定までの大きな流れになります。

 

ドローンスクール受講から資格取得までの流れは難しくないが注意点もある

今回はドローンスクールを受講するまでの流れ、実際に資格認定してもらうまでの流れを解説してきました。

実際に流れを見てみると特に難しいものではないということがお分かりいただけると思います。

しかしながら、注意点として、JUIDAの資格認定を申請できる期間は3ヶ月と決められていたり、DPA会員になるためには条件が設けられていたりということもありますので、念のため事前に確認しておくことをおすすめします。

今回解説した流れをしっかり把握して、自分に最適なドローンスクールを見つけ、目的に合った資格を取れるようにトライしてみてください。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る