ドローンで空撮する際の飛行可能距離はどれくらい?知っておきたいポイントをご紹介!

ドローン空撮を楽しむ方にとって「ドローンでどの位の距離まで空撮できるのか?」は気になるところです。ドローンの性能や、ドローンにかかる規制の面を含め、一体どの位の距離まで空撮を楽しめるのかを考えます。

空撮ドローンの平均的な飛行距離は?

空撮ドローンを開発するメーカーは数多く存在しますが、人気の高い空撮ドローンメーカーの1つであるDJIのSparkは2,000m、Mavic ProとPhantom4シリーズは4,000mの伝送距離が謳われています。

しかし、メーカーが公表する伝送距離は、障害物が存在しない無風状態での数値である理論値ですので、実際にドローン空撮を楽しめる距離は、メーカー公表値の50%程度が目安だと考えられます。

伝送距離が大きいほどドローンが安定した状態で空撮できる空域が広がりますので、実際の飛行可能距離はともかく、伝送距離が大きなドローンで空撮を楽しむことをおすすめします。

空撮ドローンの飛行距離は搭載されたバッテリー容量や電力消費量で決まり、風などの環境や操縦方法によって左右されますが、Phantomシリーズを約20分飛行させた継続飛行距離は約6,000mになります。

Phantomシリーズの空撮ドローンのスペックであれば、操縦者から1,000mから2,000m圏内を距離にして約6,000m、時間にして約20分間ドローン空撮を楽しむことができると言えます。

 

空撮ドローンを長距離飛ばすには許可が必要!

ドローン空撮を楽しむためにはドローン飛行への規制を理解しておく必要があります。ドローンの飛行可能空域は、人口密集地や空港周辺空域以外の上空150m以下の空域に限定されています。

また、航空法で定めるドローンの飛行方法には次に挙げる6つの規制がありこれらの規制外の飛行を無許可で行うと航空法違反として書類送検され、50万円以下の罰金が科せられますので注意が必要です。

・日中の飛行
・目視圏内での飛行
・人や物件から30m以上の距離の確保
・催し会場での飛行禁止
・爆発物や危険物、劇物の輸送の禁止
・ドローンからのものの投下禁止

ドローン空撮の際は「目視圏内の飛行」「人や物件から30m以上の距離の確保」「催し会場での飛行禁止」が関わることが多いでしょう。特に「目視圏内の飛行」ではモニターや双眼鏡を使用する確認は目視として認められず、現実的な飛行は操縦者から100mから300m圏内になると考えられます。

上記の3つの飛行空域と6つの飛行方法以外でドローン空撮を行う場合は、飛行空域を管理する航空局長の承認を得る必要があり、無許可飛行は航空法違反として処罰の対象となります。

 

ドローンの飛行距離を伸ばすコツはある?

ドローン空撮をより楽しむためには、飛行距離を伸ばせる操縦方法のマスターが必要です。バッテリー容量には限りがあるので、限られた飛行時間の中で発生するロスを減らすのが飛行距離を伸ばすことに繋がります。

1. 離陸し約15秒静止、約2秒で90度回転後約5秒の静止を4回繰り返し着陸する練習

2. 離陸後静止し左右のどちらかに1分間ラダーさせ着陸する練習

3. 離着陸地点を挟んで目印を2つ設置し離陸後3秒静止し目印1に移動、3秒静止し180度反転させ目印2に移動する前後運動の練習

4. 3の前後運動の操縦位置から90度移動して行う横運動(エルロン)の練習

5. 離着陸地点を4つの目印で囲み、各目印上で3秒の静止を繰り返しながら左右に周回する練習

6. 5の周回運動時に次の目標にドローンの正面を向ける運動を加える練習

7. 離陸後3秒静止正面を進行方向に向けた状態で8の字飛行(ホリゾンタルエイト)の練習

 8. 目印を1つ設置し離陸3秒静止し目印に移動後、正面を離陸地点に向け離陸地点を中心に円周運動の後離陸地点に戻り3秒静止後着陸、円周運動中は正面が常に中心を向くように練習

※離陸後のドローンは目の高さで操作し、最初はGPSを利用して、慣れればGPSを切って練習します。

 

操作可能距離の長いおすすめ空撮ドローンをご紹介!

Holy Stone HS-100B

2500mAhバッテリーで約15分の空撮が可能なドローンですが、リーズナブルな価格が魅力です。ビギナーにおすすめのドローンだと言えるでしょう。

稼働時間“約15分間”
伝送距離“500m”
参考価格 税込24,880円

Go Pro Karma QKWXX-511-JK

アクションカメラメーカーGo Proのドローンで、規制区域への侵入を防ぐ「ドローン禁止ゾーン機能」やトラブル時には操縦者のもとへ自動的に戻る「自動帰投機能」を搭載しています。

稼働時間“約20分間”
伝送距離“3,000m”
参考価格 税込170,640円

DJI Mavic 2 Pro

最新技術を凝縮したDJI のハイエンドモデルです。3,950mAhバッテリーは1回の充電で約30分間の空撮を楽しめます。

稼働時間“約30分間”
伝送距離“5,000m”
参考価格 税込194,000円

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る