iPadをドローンのモニターに!iPadアクセサリに追加されているドローンをご紹介!

Appleの公式サイトを覗くと、iPadのアクセサリとしてドローンが掲載されています。AppleがiPadのアクセサリとして公式におすすめするドローンとは、どんなドローンなのでしょうか?今回は、iPadを選ぶ際のポイントなども交えて紹介します。

iPadのアクセサリとして掲載されているドローンとは?

Appleの公式サイトでは、iPadアクセサリとしてドローンが掲載されています。

2018年9月時点で掲載されているドローンは、以下のとおりです(価格はすべて税別となっています)。

 

DJI Mavic Air Drone  96,280円

DJI Spark Drone  50,700円

Parrot Mambo Fly Drone  13,800円

DJI Inspire 2 Drone  360,000円

Parrot Bebop 2 Drone  54,800円

 

DJIの大ヒットドローン「Phantom4」も掲載されていたようですが、現在は確認できません。

しかし、DJI以外にParrotのドローンも追加されるなど、iPadのアクセサリとしてのドローンのラインナップも徐々に増えてきています。これらは主に「iPadと連携できるカメラ」といった位置付けのようです。

 

ドローンをiPadで操るなら何インチが最適?

iPadにはいくつか種類があり、モニターの大きさが違うものもあります。ドローンのモニターとして最適なのは何インチなのでしょうか?

iPad mini4は7.9インチ、iPad第6世代は9.7インチとなっています。あまりに大きすぎてもプロポのホルダーに収まりきらないことがあるため、いずれかがおすすめです。

ちなみに、インチとは液晶画面の対角線の長さを表したもので、1インチ=約2.54cmで換算します。iPad mini4は7.9インチなので、約20cm、iPad第6世代は9.7インチなので約24.6cmとなります。

大きさで言えば、どちらを使っても十分にドローンのモニターとして活躍してくれるでしょう。あとは、普段も使うか、どんな目的で使うかといった好みの問題になってきます。

iPadをドローンのモニターとして選ぶ際の注意点とは?

iPadをドローンのモニターとして選ぶ際、大きさと併せて気をつけたいのが「重さ」と「モデル」そして「目視外飛行のリスク」です。

プロポに装着してモニターとして使用する場合、短時間とはいえ重さが手首にのしかかります。iPad mini4は298.8g、iPad第6世代は496gです。この差は意外と重要かもしれません。実際に手にとって、しばらく持ってみるなどして感覚を確かめておきましょう。

また、iPadには「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi+Cellularモデル」があります。

どちらもWi-Fiでドローンに接続することは可能ですが、Cellularモデルの方は、SIMカードを契約することで、Wi-Fi環境がない場所でもネットに接続することができます。

Wi-Fiモデルを購入した場合、GPS表示が詳細に表示されなくなることがあるようです。それぞれ、メリットやデメリットがありますので、購入前によく検討しましょう。

そして、ついうっかり違反してしまいそうになるのが、「目視外飛行」です。改正航空法では「目視範囲内で、常にドローンや周囲を監視しながら飛行させること」とルールを定めています。

iPadの高解像度のモニターでドローンが撮影したダイナミックで臨場感あふれる映像を観ることは、大きな楽しみの一つです。

しかし、モニターにばかり目を取られてしまうと、周囲の監視が行き届かず、思わぬ事故を起こしてしまうかもしれません。改正航空法にも抵触する恐れがありますので、直接目視によるドローンの監視は忘れないように注意しましょう。

なお、単純にドローンのモニターとしてだけiPadを使用する場合、iPadは必ずしも新品である必要はありません。iPad mini2などは中古品なら3万円前後で購入できますので、中古品も検討しましょう。

ただし、より鮮明で迫力ある、綺麗な映像を楽しみたい場合、解像度は注目しておきたい部分です。解像度が低いと、鮮明な映像が映らず、せっかくiPadをモニターにしても十分に楽しめないかもしれません。

iPad mini4、iPad第6世代、iPad mini2などは、いずれも解像度2,048×1,536です。このあたりを基準にiPadを選ぶと良いでしょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る