GPSドローンでできることや知っておきたい注意点、おすすめのGPSドローンもご紹介!

現在販売されているドローンの多くにGPSが搭載されています。今回は、GPSとはそもそもどのようなシステムなのか、GPSドローンではどんなことが可能なのかを解説します。後半では、初心者におすすめのGPSドローンもご紹介していきます。

ドローンに搭載されているGPSとは?

GPSは「Global Positioning System(グローバル・ポジショニング・システム)」の略です。

宇宙にあるGPS衛星から信号をキャッチすることで、地球上のどこにいるかという位置情報を知ることができるシステムです。スマホ、PC、カーナビなどあらゆる機器にGPSが搭載されています。

スマホの地図やカーナビを見ながら、迷わずに目的地まで到着できるのもGPSがあるおかげです。現在、販売されているドローンの多くに、このGPSが搭載されています。

では次に、ドローンではどのようなことにGPSを使っているのか、詳しく見ていきましょう。

 

GPSドローンでできること

GPS搭載のドローンでは、主に「自律飛行」や「自動ホバリング」といったことが可能です。

自律飛行とは、あらかじめ設定したルート通りに、ドローンがGPSで自らの位置を把握しながら飛行するというものです。障害物や信号の電波が届かないといった原因でGPSを受信できなくなったとき、指定した場所まで自動帰還する機能にも応用できます。

また、あらかじめ範囲を指定しておけば、農薬散布に活用することも可能です。そのほか、測量、物流(宅配等)、点検、警備といったさまざまな分野に応用が利くのがGPSドローンの自律飛行です。

ドローンの基本操作の中で、ドローンを空中で静止させることをホバリングと言います。GPSがないドローンは自動ホバリングができませんが、GPSドローンであれば、初心者でも簡単に自動ホバリングが可能です。

このように、GPSが搭載されていることでドローンの応用範囲が大きく広がるほか、初心者でも安心してドローンを操作できるようになります。

しかし、障害物や山の奥の方といった、受信状態がよくない場所ではGPSを受信できないことがあります。その場合、衝突や墜落させてしまったり、見失ってしまったりするリスクが生じるということは、知っておいた方が良いでしょう。

 

初心者におすすめのGPSドローン3選

GPSとはどういうシステムなのか、GPSドローンでできることや知っておきたいリスクは何かを簡単に解説してきました。最後に初心者におすすめのGPSドローンを3つ、ご紹介します。

Hubsan

H502 E X4 DESIRE
参考価格7,821円

GPSドローンの中でも比較的安く手に入るのがこちらです。720p HDカメラを搭載していますので、動画や静止画の撮影も可能です。もちろん、自動ホバリングもできます。

安い分、万が一壊してしまった場合でも、精神的なダメージが少なくて済むのも初心者としてはありがたいでしょう。

Holy Stone

F181G
参考価格13,999円

自動ホバリングはもちろん、機体がどこを向いていても操縦者から見た方向に動かせるヘッドレストモード、360℃宙返り機能、高度維持機能なども搭載されています。720p HDカメラを搭載し、FPV(※)にも対応しています。

※「First Person View」の略で、一人称視点のことです。ドローンのコックピットに乗っているかのような、臨場感あふれる映像をリアルタイムに楽しむことができます。ドローンレースでもFPVを利用します。

Potensic

T25
参考価格18,880円

値段は少々高いですが、自動ホバリングの安定感の高さ、1080p HDカメラ(120°広角)、自動追跡するフォローミーモード、自動帰還するオートリターンモードなど、さまざまな機能が搭載されています。ドローンの操縦に慣れてきたら、ぜひともチャレンジしたい一台です。

このほかにも、さまざまなGPSドローンが販売されています。ぜひ、自分のレベルに合ったGPSドローンを探してみてください。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る