200g未満のおもちゃドローンにも適用される規制とは?

ドローンを飛ばすには、様々な法律や規制が関係してきます。これは、おもちゃドローンであっても同じです。規制を超えてしまうと、法律違反として罰金や懲役などの罰則が科せられることもあります。おもちゃとしてドローンを使うだけだからと甘く見ずに、おもちゃドローンでも関係する規制をしっかり把握しておきましょう。

200g未満のドローンは規制の対象外!おもちゃのように楽しめるものもある

ドローンは無人航空機なので、必ず航空法を守らないといけません。飛行区域や飛行方法への様々な規制があります。

しかしながら、実はこの航空法に関しては規制対象外のドローンがあるのです。それが「200g未満のドローン」です。総重量が200g未満のものは、「トイドローン」と呼ばれ、おもちゃとして扱われます。

気軽にドローンを楽しみたいのであれば、200g未満のおもちゃドローンを選べば、航空法の規制を気にすることなく扱えます。

 

200g以上のドローンは航空法の規制により飛ばせる場所が決められている

おもちゃドローンではない、200g以上のドローンだと航空法の規制として空域によって飛行許可が必要です。以下の3つの空域でドローンを飛ばす場合は、安全性を確保したうえで該当する地方航空局長の許可を受けなければいけません。

空港周辺

ドローンが航空機と衝突してしまうのを避けるため、ドローンの飛行が規制されています。すべての空港や滑走路から6km、もしくは24kmのエリアが含まれます。付近でドローンを使用するなら、規制範囲に該当するかどうかを各空港の管理者等に確認するようにしましょう。

人口集中地区の上空

万が一、落下した場合を考え、人口の多い区域の上空の飛行には許可が必要です。この地区は国勢調査の結果に基づいて設定されます。国土地理院のホームページにて、該当するかどうか確認できます。

150m以上の高さ

地表もしくは水面から150mの高さの飛行も規制されています。他の飛行機との接触のリスクがあることや、ドローンがコントロール不可能になった際の落下による被害のリスクが大きいことが理由です。

 

空域以外にもドローンの飛行方法によっては承認が必要

もう1つの航空法による規制はドローンの飛行方法です。6つのルールに基づいて飛行しなければいけません。

・日の出から日没までの日中に飛行させる
・本体を目視できる範囲内で常時監視しておく
・人や物との間に30m以上の距離を保つ
・祭礼や縁日などの人が集まるイベントの上空で飛行させない
・爆発物などの危険物を輸送しない
・物を投下しない

夜間に飛行させたい、イベントの空撮をしたいなど、この規制に当てはまる飛行方法をしたいのであれば、地方航空局の承認を申請が必要です。

 

200g未満のおもちゃドローンでも規制対象となる法律もある!

おもちゃドローンだったら、どんな飛ばし方をしてもいいわけではありません。200g未満のおもちゃでも、ドローンに関係する法律の規制対象になります。

電波法の規制

おもちゃと言っても、電波を発して無線操作をするため、無線局の免許が必要です。ただし「技適マーク」が付いていれば免許は不要です。

小型無人機等飛行禁止法の規制

おもちゃドローンでも、飛行してはいけない空域があります。国会議事堂や皇居、官邸などの国の重要施設の上空と周辺地域は200g未満のおもちゃであっても飛行させてはいけません。

文化財保護法の規制

国の重要文化財周辺はドローンの飛行を禁止している場合があります。おもちゃドローンであっても、衝突などで重要文化財を傷つけると文化財保護法違反に当てはまります。

他にも各自治体の条例によって公立公園での飛行を禁止していたり、他人の敷地内を飛行、撮影することで土地所有権や肖像権を侵害してしまったりすることがあります。

こういった飛行場所に関する条例や法律は、おもちゃドローンであっても適用されます。おもちゃだからと言って油断するのではなく、飛行させる場所には充分注意を払いましょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る