趣味が仕事になる!ドローン空撮カメラマンになるためには?

近年人気を集めているドローンですが、最近では、個人の趣味程度だったドローン空撮が、カメラマンの職業としても認識されるようになりました。空撮映像の需要が増加していることもあり、趣味で始めたドローン空撮を仕事にできるかもしれません。今回は、ドローン空撮カメラマンについてまとめていきます。

ドローンカメラマンは甘くない世界?必要とされる産業及び業種選びが夢を叶えるカギ!

ドローンがビジネスになると認識されている昨今ですが、ただ漠然とドローンのカメラマンになれるわけではありません。ドローンをビジネスとしてとらえるのであれば、現在の市場の状況や需要などを冷静に分析しなければいけません。

ドローンは成長産業として位置付けられており、ドローン操縦士の需要は高まっています。この状況だけ見れば、ドローンを仕事にするということに夢が持ててきますよね。しかし、その内情を見ていくと、そこまで甘い世界ではないことが分かります。

まずはドローンが必要とされる産業について考えていきましょう。ドローンが活躍している現場としては、以下のような場面があります。

・公共インフラ(検査・点検)
・農業
・セキュリティ
・空撮
・測量
・その他

このようになっています。このうち最も需要が高いといわれているのが、「公共インフラ」の分野です。人が足を踏み入れるのが難しい場所の調査や点検などをドローンによって担わせるというのが、近年需要を集めているようです。

一方で、ドローンによる空撮映像の撮影に関しては、ドローン市場全体から言っても一部を占める程度となっています。ドローンの花形といってもいい仕事ではありますが、現実として、空撮映像を撮影するドローンカメラマンになるためには、険しい道のりがあるといってもいいでしょう。

華やかな仕事を想像して、ドローンカメラマンを目指す方は多いかもしれませんが、現実を見ていくと、意外に地味な仕事が中心となっているようです。

 

ドローンカメラマンになるためのステップとは?

ドローンに関するビジネスはまだ発展途上でもあり、ドローンカメラマンになるための道筋がはっきりと整備されているわけではありません。ドローンカメラマンになるためには、主に、独立と就職という方法があります。

独立や起業という方法に関しては、個人的に撮影した空撮映像を元に、クライアントを集めるという方法をとります。そのため、ドローンカメラマンになるには、自らが制作した空撮映像をポートフォリオとして持っておく必要があります。

最近では、SNSや動画投稿サイトなど、個人でも作品を発表することが容易になっています。ドローンカメラマンとして独立するためには、まずは、自身の作品を公開するところからのスタートとなります。

次に、企業に就職してドローンカメラマンになるという方法があります。これは、既にドローンによるビジネスを展開している企業に就職し、ドローンカメラマンとして活躍するという手段です。

ドローン自体のビジネスがまだ成熟していないので、こういった企業に未経験で就職するというのは難しいでしょう。スクールなどに通って、ドローンに関する知識と技術を身に着けることによって、ドローンカメラマンになることができます。

ドローンカメラマンとして活躍するためには、これら2つの方法を検討してみましょう。

 

ドローンカメラマンに必要な道具や知識はどんなもの?

ドローンカメラマンとして活躍するためには、プロ仕様のドローンを手に入れなければなりません。例えば、DJI社の「ファントムプロ4」は、プロのドローンカメラマンも愛用する高性能な一台です。

さらには、様々な撮影手法に対応できるように、専門機能に特化したドローンを用意しておくと、仕事の幅が広がります。ベーシックかつ高機能な1台と、セルフィ―などの専門機能に特化したものを複数台持っておくといいでしょう。

また、ドローンを使って撮影するためには、ドローンに関するルールにも精通していなければなりません。法律や条例などを守って正しく撮影することが重要です。

プロのドローンカメラマンになるためには、以上のような機材で30万円ほどかかるほか、スクール費や、現場までの出張費が、必要経費として考えられます。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る