第三級陸上特殊無線技士(三陸特)の難易度は?試験内容と合格率

5.7Ghzの無線電波を取り扱うのに必要な「陸上特殊無線技士」資格は、ドローンビジネスに携わるのであれば取得しておきたい資格といえます。とはいえ、国家資格というイメージが先行し「取得が難しい資格なのではないか?」と懸念を抱いている方も少なくありません。

そこで、本記事では第三級陸上特殊無線技士(三陸特)の試験内容や合格率をふまえ、果たしてどの程度取得しやすいのか、第三級陸上特殊無線技士の難易度を解説していきます。

第三級陸上特殊無線技士の難易度は?合格率は7~8割

第三級陸上特殊無線技士(三陸特)の難易度の目安として、合格率は7~8割です。ほとんどの人がイチから勉強して試験に臨んでいることを鑑みると、取得しやすい資格といえます。

公式の第三級陸上特殊無線技士の難易度も、3級・2級ともに「中学程度」とされており、中学生でも勉強すれば合格できる程度に設定されています。特に、合格の定員が設定されているわけでもありませんので、勉強すれば誰でも合格することができます。

第三級陸上特殊無線技士は難易度としては決して難しくはない資格ですが、取得にかかる勉強時間はだいたいどの程度なのか、3級と2級の難易度はどう違うのかを解説していきましょう。

 

 1ヶ月あれば資格取得可能!第三級陸上特殊無線技士の難易度は高くない

では、だいたいどの程度勉強すれば合格するのかという点ですが、これに関しては「独学なら数週間、講習会で学べば1日」で取れます。独学の場合、1日1時間程度、過去問を3回繰り返し解けば、試験に合格するだけの知識は定着するでしょう。

また、講習会に参加すればもっと早く取得することができます。日本無線協会や各企業が主催する「陸上特殊無線技士講習会」では、だいたい朝から夕方まで、1日で講義から修了試験までを行います。その日のうちに勉強から試験取得までを済ませることが可能なのです。

3級と2級の難易度はあまり変わらず、合格率もほぼ同じ

さらに補足として、陸上特殊無線技士の3級・2級の難易度はあまり変わりません。詳細は後述しますが、陸上特殊無線技士の試験内容は「無線工学」と「法規」で分けられており、無線工学は計算問題が出題されます。

2級では、この計算問題が多少複雑になる程度で、覚える公式が数個変わってくるといったものなので、実は2級も合格率は7割をキープしているのです。それでは、この試験内容について、少々深掘りしていきましょう。

 

第三級陸上特殊無線技士の試験内容は?

先ほど、三陸特の試験内容は「無線工学」と「法規」に分けられていることを解説しました。これらが具体的にどのような知識であり、問題としてどのように出題されるのかを解説していきましょう。

 無線工学

無線工学は、電子工学の一分野として、知識と公式に基づいた計算を行うジャンルです。最初に基礎知識の問題が出題され、そのあと計算問題という流れになっていますが、三陸特の出題範囲では、計算問題よりも基礎分野(暗記問題)の割合が多いので、文系の方でも困ることはないでしょう。

法規

続いて「法規」ですが、独学の場合、参考書に類する書籍があまり出版されていませんので、下記の解説付き過去問を繰り返し解くとよいでしょう。特に、法規に関しては過去問とほぼ同じ問題が出題される傾向にあるので、過去問を利用するのは一番の近道です。

https://www.amazon.co.jp/dp/441671744X/

いずれは1級も見据えており、基礎から勉強したいという方であれば、試験対策のテキストだけではなく、下記のような教科書で学ぶのもおすすめです。

https://www.amazon.co.jp/dp/4807608177/

https://www.amazon.co.jp/dp/4807608126/

上記は、「日本無線協会」主催の講習会と同じテキストですので、内容も試験対策としても問題ない仕上がりになっています。

試験対策だけでなく、もっと無線工学を本格的に勉強したいという場合でも、いきなり専門書を読み始めるのではなく、まずは試験対策をして合格してからのほうがよいでしょう。

 

まとめ

第三級陸上特殊無線技士(三陸特)の取得難易度は7~8割です。ほとんどが、無線系知識がなく、ゼロから勉強した受験者であることを鑑みると、非常に取得しやすい資格といえます。ドローンに活かすことを目的として受験するとしても、1ヶ月で取れるというのは嬉しい要素ではないでしょうか。

さらに、陸上特殊無線技士の2級・3級とそこまで難易度に違いはなく、無線系資格というのはこの情報時代において何かと役に立ちます。ぜひ、興味があれば2級、1級にも挑戦してみるとよいでしょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る