空撮業務用のドローンは一般のドローンとどう違う?空撮業務用で人気の機種もご紹介

ドローンは大きく「一般用」と「業務用」に分かれています。空撮を請け負う企業では空撮業務用のドローンを導入していることも少なくありません。ここでは、空撮業務用と一般用ドローンの違いや、空撮業務で人気のドローンを紹介します。

空撮業務用のドローンとは?一般用とどう違うの?

一般用のドローンが必ずしも業務用に使えないというわけではありません。しかし、業務用のドローンが作られているのには、それなりの理由があります。

具体的には機能・性能といった面が大きく異なります。

たとえば、カメラをイメージしましょう。業務用の撮影の場合は、個人が撮影するビデオカメラよりもはるかに大きいカメラを肩に担いで撮影します。

ドローンでは、そこまでの大きさではありませんが、空撮業務用のドローンに搭載されているカメラも、一般用のドローンに搭載されているカメラよりも比較的大きなものが使われています。

その分、重量がありますので、空撮業務用ドローンにはそもそもパワーがなければなりません。

さらに、パワーを出しても機体が揺れてしまっては撮影になりません。そのため、機体の安定性が求められます。

複数のプロペラ、ジャイロ、加速度センサーといった機能で、高い安定性や制御性を実現しているのが、空撮業務用のドローンです。

また、ホビードローンは10分程度しか飛行できないものが少なくありません。

空撮業務で10分程度しか飛行できないとしたら、遠くにも飛ばすことも長時間撮影することもできませんので、そもそも仕事にならないでしょう。

パワーを生み出すモーター、長時間飛行を可能にする高性能のバッテリーを搭載することで、こうした問題を解消しているのが、空撮業務用のドローンなのです。

メーカーや機種ごとに差がありますが、平均すると30分程度の飛行をさせることができます。

ほかにも、障害物を自動で回避するセンサー、GPS、自動帰還機能、自動追跡機能といったさまざまな機能が搭載されています。

また、ドローンで撮影したデータ、ルート、飛行時間、場所などをアプリと連動してクラウド上で保管・管理できるフライトレコーダーも含まれています。

こうしたさまざまな機能・性能の違いから、空撮業務用のドローンは一般用ドローンよりもかなり高額になっています。

 

空撮業務用ドローンで人気の機種は?

空撮業務用として人気のドローン3選を紹介します。

一般用ドローンと同様に、やはりDJIが圧倒的なシェアを誇ります。

DJI Phantom4 Pro

参考価格204,000円
一般用としても人気のPhantom4 Proは、空撮業務用としても使われています。ただし、業務用の中では「小型」クラスに分類されます。

DJI Inspire2 Combo

参考価格799,000円
最高時速108kmを誇ります。かなり迫力ある映像を撮影することができるでしょう。ただし、その分、高い技術力が求められます。まずはPhantom4 Proといった小型のドローンで訓練を積んだ方が良いでしょう。

DJI Matrice 600 Pro

参考価格593,800円
まさに空撮業務用に作られた、幅約1.7m、奥行き約1.5m、高さ約0.7mという大型ドローンです。最大積載量も15.5kgと大きく、ドローンの重量自体も約10kgあります。

墜落や衝突は重大な事故に発展する恐れがあるため、確かな技術や知識が求められます。

 

将来空撮を仕事にするなら業務用ドローンをチェックしておこう

この記事では、空撮業務用のドローンと一般用ドローンの基本的な違い、空撮業務用で人気のドローンを紹介してきました。

空撮業務用のドローンは次々に開発されています。

家電量販店やネットショップでも販売されていますので、将来的にドローンを使った空撮業務に就きたいと思っている方や、本格的なドローン空撮に興味がある方はぜひ、こまめにチェックしてみてはいかがでしょうか?

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る