空撮に向いているおすすめのカメラ付きドローンをご紹介!

ドローンを手に入れたらぜひ挑戦したいのが空撮です。人の手では撮れないところからの景色を撮るのは、ドローンを使う醍醐味ともいえます。今回は、数あるドローンの中から空撮に向いている製品をピックアップしました。

ほとんどのドローンには空撮が楽しめるようにカメラがついている

一般向けにドローンが普及したのは、空撮の面白さが大きな要因になっています。ですから、ほとんどの一般向けのドローンにはカメラが搭載されています。

カメラ搭載のドローンは、カメラのコントロールがしやすく、撮影のタイミングなども自在に操れるという利点があります。自分でカメラを選んで買う必要もないので、すぐに空撮を始めたいという人には適しているといえるでしょう。

最近では搭載されているカメラの性能も上がっているので、カメラにこだわる人も満足いく撮影ができるようになってきています。

一方、カメラが搭載されていないドローンも存在します。

カメラ無しのドローンには大きく2種類あり、ひとつが、単純に飛ばすことを楽しむために作られた小型のもの、もうひとつが、自分で後付けのカメラを取り付けるものです。カメラを後付けするものは、大型のものや上級者向けのものが多いので、購入時は気をつけましょう。

なお、カメラを自分で選ぶときに注意したいのが「ペイロード」と「ジンバル」です。

ペイロードは、ドローンの最大積載量のことをいいます。ペイロードの範囲に収まる重量であれば、カメラを載せて飛行することが可能ということです。

ジンバルは、撮影時のブレを防ぐためのアイテムで、カメラとドローンの間に取り付けて使用します。

カメラを後付けするときには、カメラとジンバルの合計の重量がペイロードに収まるように選ぶのがポイントになります。

 

空撮を楽しむなら必ず知っておきたい“FPV(一人称視点)”とは?

FPVは「First Person View」の頭文字をとったもので、一人称視点という意味になります。つまり、ドローン視点の映像をリアルタイムで見ながら、ドローンの操縦や撮影を楽しめる機能ということです。

FPV機能がある製品は、専用のモニターを使うもの、スマートフォンやタブレットで見られるもの、専用のグラスをかけてより臨場感のある映像を楽しめるものなど、多彩なものがそろっています。

中でも手軽なのは、手持ちのスマートフォンなどとの連携によってFPVが楽しめるものでしょう。

FPV機能がついているドローンは割高になりがちですが、最近では小型で安価なドローンでもこの機能が搭載されているものが登場してきていますから、手を出しやすくなっているといえます。

 

初心者でもドローン空撮を楽しめる!オススメのカメラ付きドローンはコレ

カメラ付きドローンは、小型で安価なものからハイスペックなものまでそろっています。その中から、初心者でも扱いやすい機種をピックアップしました。

1.HUBSAN X4 HD(G-force)

これからドローンの使い方を覚えていきたいという人の一台目としておすすめなのが、G-forceから販売されている HUBSAN X4 HDです。小型で扱いやすいのに加え、1万円台という安さで、ドローンが初めてという人にも手にしやすくなっています。

大きさ:83×84×33mm
重量:51g
フライト可能時間:6分
カメラ:200万画素
価格:12,420円(税込)

2.GALAXY VISITOR 6(Hitec)

リーズナブルな価格ながら、FPVが楽しめるのが、Hitecが販売するGALAXY VISITOR 6です。スマートフォンとの連携でドローン視点の景色が見られるので、FPVがどんなものか味わってみたいという人にはぴったりの一台といえます。

大きさ:199×199×54mm
重量:122g
フライト可能時間:7分
カメラ:130万画素
価格:37,800円(税込)

3.Mavic Air(DJI)

折りたたむとスマートフォンほどのサイズになるコンパクトさと、カメラの性能の高さを兼ね備えたMavic Airは、2018年に発売された最新機種です。いつでもどこでも持ち運べる気軽さと本格的な撮影が可能なスペックで、ビギナーにもおすすめです。

大きさ:168×83×49 mm
重量:430g
フライト可能時間:21分
ジンバル:3軸ジンバル
カメラ:1,200万画素
動画解像度:4K Ultra HD (3840× 2160)
24/25/30p
ビデオビットレート:100Mbps
カメラセンサー:1/2.3 型
焦点距離:24mm
F値:F2.8
価格:104,000円(税込)

4.Phantom 4 Pro(DJI)

DJIといえばPhantomといわれるほど高い人気を誇るモデルです。中でもProはカメラの性能の高さで注目されており、赤外線センサーによる障害物探知など、飛行の安全性も向上しています。Phantomシリーズには、赤外線センサーなどがなく、カメラ性能の同じAdvancedもラインナップされています。こちらの価格は159,000円とProに比べると安価になっています。

大きさ:289.5×289.5×196 mm
重量:1,388g
フライト可能時間:30分
ジンバル:3軸
カメラ:2,000万画素
動画解像度:4K(4096×2160)
24/25/30/48/50/60p
ビデオビットレート:100Mbps
カメラセンサー:1型
焦点距離:24mm
F値:F2.8
価格:204,000円(税込)

5.ANAFI(Parrot)

Parrotの最新モデルのANAFIは、人工知能を利用した自動飛行モードを搭載しています。また、Parrot社独自の180度回転カメラで、予想もしなかった角度からの撮影が可能になりました。自動飛行とこのカメラの組み合わせによって、人の手では撮ることの難しい壮大なショットの撮影が可能になったのです。

さらに、フルHDであれば2.8倍、4Kであれば1.4倍のロスレスズーム、つまり解像度を損なわないズームが可能。被写体から離れた所からでも美しい動画や写真の撮影が安全にできるのです。

大きさ:175×239×67.5mm
重量:320g
フライト可能時間:25分
ジンバル:3軸
180°チルトジンバル
カメラ:2100万画素
動画解像度:4K Cinema(4096×2160)24p
4K UHD(3840×2160)24/25/30p
FHD(1920×1080)24/25/30/48/50/60p
ビデオビットレート:100Mbps
カメラセンサー:1/2.4型
焦点距離:35mm
F値:F2.4
価格:89,802円(税込)

 

カメラ付き空撮用ドローンを飛行させる際はルールを守って安全に楽しもう!

日本では、200g以上のドローンを飛ばす場合、許可申請が必要とされています。また、200gより軽い機体でも、空港や民家の密集地域、夜間など、視認できない飛行は禁止されており、飛ばせる高さも150m以下に制限されているので、注意が必要です。

公園などの公共スペースでは、ドローンの飛行自体が一切禁止されているところもあります。皇居や国会議事堂など、国の重要機関の周辺でも、飛ばすことはできません。200g以下、150m以下であっても規制の対象になることがあるので、きちんとルールを確認してから飛ばしましょう。

私有地での飛行に関しても、基本的には上に挙げた規制が適用されます。例外として、室内や、ネットで完全に囲まれた空間なら自由に飛ばすことができます。

海外の場合、国や地域によってルールが大きく異なります。国によっては持ち込みの段階で申請が必要な場合もありますし、同じ国でも州などが変わればルールも違うということもあります。事前にきちんと確認しておくことが重要です。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る