測量におすすめのドローンメーカーは?ドローンの選び方を解説

国が推進していることもあり、建設業界ではドローンによる測量の普及が広まっています。では、測量にはどのメーカーのドローンがおすすめなのでしょうか?

 

ドローン測量のメリットとは?

測量用のドローンは、上空を飛びながら地面を光学カメラで写真撮影したりレーザー測量したりします。そして、そのようにして取得したデータを、人工衛星から得る位置情報や気圧計などで取得する高度情報と合わせて処理することで、3次元点群データを作成することが可能です。

そして、3次元点群データを専用ソフトで編集したり加工したりすることで、2点間の距離や盛土の体積などの計測、3Dモデル作成、図面作成、出来形管理などができます。

このようなドローンによる測量には多くのメリットがあるため、さまざまなメーカーが測量用のドローンを開発し販売しています。では、ドローン測量には、従来の測量と比べてどんなメリットがあるのでしょうか?

・時間を短縮できる

ドローンによる測量は地上での測量と比べて所要時間を大幅に減らすことができます。例えば2.6haを地上で測量すると、測定に約3日かかり、データから断面図や横断図を作るのに3日ほどかかってしまいます。一方、ドローン測量の場合は同じ面積を約半日で測れますし、取得した3次元点群データから短時間のうちに3Dモデルや図面を作成できます。

・コストを抑えられる

ドローン測量は時間がかからないので、地上での測量と比べて人件費の削減をできます。また、航空機でも上空から短時間で測量できますが、航空機による測量には高額なコストがかかります。条件によって数字は変わりますが、セスナを飛ばすと100万円くらいかかるところを、ドローンだと十数万円で測量できます。

・人が立ち入れない場所や危険な場所の測量ができる

人が立ち入れないような場所や危険度が高い場所であっても、ドローンなら上空から近づいて測量できます。

・取得できる画像データの解像度が高い

ドローンの場合、航空機よりも低空からの撮影ができるため、高い解像度の画像データを取得できるというメリットがあります。

 

測量用のドローンの選び方

測量用のドローンには、写真測量用のものと、レーザー測量にも対応したものがあります。

レーザー装置は非常に高額なため、写真測量の方が普及しています。もし、レーザー測量を行うのであれば、レーザー装置を搭載している専用のドローンを選ぶ必要があります。

「エンルート」、「Tera Drone」など、測量用ドローンの開発を行なっているメーカーがありますので、こうしたメーカーのレーザー測量に対応している機種を選ぶようにしましょう。

写真測量の場合、カメラとGPS、高度計が備わっているドローンであれば、どのメーカーのものであろうと測量は可能です。しかし、測量においては精度が大切になってきますので、簡易的なドローンではなく、高解像度のカメラを搭載した機種を選ぶことをおすすめします。また、効率よく測量できるように、バッテリー持続時間が長いものを選ぶことも重要です。

 

写真測量におすすめのドローンメーカーは?

写真測量の場合、一定の水準を超えたドローンであれば、実はどのメーカーでもあまり大差はありません。重要なのはどれくらいの精度で点群データを作成できるかであり、カメラの解像度の方が大切となるからです。

上記の点を前提とした上で、中でも信頼性の高いおすすめのドローンメーカーをご紹介します。それはDJIというメーカーです。

DJIは世界最大のドローンメーカーで、測量用高精度ドローンも手掛けています。DJIが販売しているドローンの中で測量におすすめなのは、「Inspire2」、「Phantom4 Pro」、「Matrice 600 Pro」です。

Inspire2は、バッテリーの自己保湿機能やバッテリー2個同時搭載など、バッテリーへの安全対策が取れています。万一の事故が許されない測量・建設現場でも安心して使えるドローンです。

Phantom4 Proは、コストパフォーマンスが高いのがメリットです。Inspire2と比較すると安全機能が劣っていますが、公共測量でも十分に使用できる性能を持ち合わせています。

Matrice 600 Proは、カメラの付け替えが自由な大型の産業用ドローンです。非常に高い性能を誇ります。SonyやCanonなどのメーカーの1眼レフカメラにも対応しています。

今回は、ドローン測量のメリットや測量用のドローンの選び方、おすすめのメーカーなどについて見てきました。測量用のドローンをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る