日本の将来を支える?ぜひ知っておきたい国内ドローンメーカーをご紹介

ドローンといえば、海外メーカーが有名ですが、日本国内にも優秀なメーカーが多数存在します。ぜひ知っておきたい、日本の将来を担う国内ドローンメーカーをご紹介します。

国内ドローンメーカーは影が薄い?そんなことはない

ドローンメーカーというと中国のDJI(Phantomシリーズ等)、フランスのParrot(Bebopシリーズ等)、アメリカの3D Robotics(Solo等)が有名で、世界のドローン市場でも、これら各メーカーが主要メーカーとして君臨しています。

日本は世界と比べてドローン産業で出遅れている感があり、それに比例するように国内ドローンメーカーも影が薄いように感じてしまいますが、実は国内にもさまざまなドローンメーカーがあり、素晴らしいドローンを開発しています。

事実、日本国内のドローンメーカーは、徐々にではありますが世界でも注目され始めています。グローバル展開を目指す国内ドローンメーカーも増えていますので、近い将来、日本国内のメーカーが世界のドローン市場に旋風を巻き起こすかもしれません。

 

ぜひ知っておきたい日本国内のドローンメーカー

ドローンの開発や販売を手がける国内メーカーをご紹介します。

ヤマハ発電機

バイクや楽器などで有名なヤマハ発電機ですが、実は産業用ドローンを開発している国内最大手メーカーでもあるのです。主に農薬散布用のドローンを開発しています。

enRoute(エンルート)

enRouteは、農薬散布、測量、インフラ点検などに向けた産業用ドローンを開発している国内メーカーです。

ヤマハ発電機とenRouteはすでに業務提携を開始していて、両社の強みをお互いに活かし合い、産業用ドローンのグローバル展開などを目指している期待大の国内メーカーでもあります。

PRO DRONE

空撮はもちろん、インフラ点検、測量、水中撮影、有線給電、夜間捜索などに対応できるドローンを開発している国内メーカーです。

オートパイロット機能や各種レーザーを独自開発していて、GPSが届かない建物内やトンネル内などでも、安定した飛行を実現しています。

また、キヤノンマーケティングジャパンと提携し、災害対策用ドローンを開発し販売しています。

自律制御システム研究所(ACSL)

千葉大学名誉教授、野波健蔵氏が創業者の自律制御システム研究所は、楽天と共同で「天空」というマルチコプタータイプのドローンを開発しました。

ゴルフ場でプレイヤーに冷たい飲み物を届ける実証実験でも話題になりましたが、特筆すべきは完全自律飛行による配達が可能な点です。離陸、配達、帰還まですべて自律飛行を行いますので、プロポなどで操縦する必要が一切ないのです。

このほかにも、SKY ROBOTQuestTEADなど、さまざまな国内ドローンメーカーが存在します。

いかがですか?日本の国内にも、これだけのドローンメーカーがあったのかと驚いた方も多いのではないでしょうか。

 

国内ドローンメーカーの躍進に期待!

今回は日本国内のドローンメーカーをご紹介してきました。国内メーカーはホビーなど一般向けというより、産業用ドローンの開発に力を入れていることがお分かりいただけたと思います。

超高齢化時代、超少子化時代に突入している日本において、こうした国内ドローンメーカーの頑張りは、物流をはじめとするさまざまな分野の産業を支え、ひいては日本の経済を支えることになるかもしれません。

今でこそ、DJIなど巨大メーカーにシェアを奪われていますが、日本には高い技術力という強みがあります。

国内メーカーが世界のドローン市場を今すぐ席巻するのは難しいかもしれませんが、国内メーカーにはぜひ、日本独自の技術を持ったドローンを開発し、躍進してほしいところです。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る