意外と迷ってしまうドローンの買い方。販売店を選ぶポイントなどを解説

ドローンを購入しようと思った時に迷ってしまうのがどの販売店から購入すべきか?という点ではないでしょうか。販売されているドローンの選び方のポイントや、お勧めの購入方法などを解説します。

ドローンを購入する方法

ドローンを販売しているルートはいくつかありますが、代表的なものとして、

・メーカーのオンラインショップ

・正規販売代理店のオンラインショップ

・家電量販店やネットショップ

といったルートが考えられます。

ほかにもネットオークション、海外のサイトから個人輸入などもありますが、初心者の方やまだ知識などが十分でない方にはかなりハードルが高くなると思いますので、慣れるまでは控えた方が無難でしょう。

なお、お勧めのドローン販売店については後半にご紹介します。

 

ドローンの販売ルートを選ぶ際のポイント

ドローンを購入する際にまず気になるのは販売価格だと思います。例えばメーカーのオンラインショップではキャンペーンが始まっているのに、ネットショップには反映されていない、などのタイムラグが発生するケースも散見されます。

まずは販売価格を見比べてみましょう。

その際、価格は一緒でもサービスの内容(購入特典がプロペラガードであったりバッテリーであったり等)が異なるケースもあります。自分の目的に適したルートで購入すると良いでしょう。

次に大切なのが、サポートを受けられるかどうか?という点です。

ドローンは繊細な機械ですので、不具合や故障も起こりますし、定期的なメンテナンスも欠かせません。

販売代理店には「売り切り(サポートなし)」「修理やメンテナンスのサポート」「講習会によるサポート」など、その店舗ごとにサポートの有無や内容が異なります。

機械は消耗品ですので、使い続ければいつか必ず故障や不具合を起こしますし、それを少しでも防ぐためにはメンテナンスが必要です。そのため、できるだけサポートが充実している店舗での購入をお勧めします。

また、Amazonなどのネットショップで購入する場合、よく「並行輸入品」という文字を見かけますが、この並行輸入品の場合は注意が必要です。

技適の認可を受けていない機種である可能性や、日本ではサポートが受けられない可能性があるためです。

技適の認可を受けていないと電波法などに抵触するおそれがあり、そのドローンを飛ばすためには技適の認可を受けるために総務省に申請しなければなりませんので(そもそも認可が下りるかどうかが分かりません)、できるだけ避けた方が良いでしょう。

ドローンの販売ルートを選ぶにあたっては、このようなポイントを押さえておきましょう。

 

意外と追加費用がかかることも覚えておこう

ドローンは種類も販売価格帯も様々です。

たとえば練習に最適なHubsanシリーズなどのいわゆる「マイクロドローン」「トイドローン」などであれば、それこそ2千円~1万円程度で購入できるものがほとんどです。

おもちゃのドローンで操縦に慣れてきたのでもう少し本格的に楽しみたい、という方はDobbyシリーズなどの200g未満の小型ドローンも良いでしょう。こちらは5万円~7万円程度でしっかりしたものが購入できます。

あるいは航空法などもしっかり覚えて、200g以上のより本格的なドローンで空撮を楽しみたいという方は、PhantomシリーズやBebopシリーズなどの中型ドローンがお勧めです。こちらも5万円~8万円程度で購入できるものが多くなっています。

いずれにしても、機体と同時に「バッテリー」「プロペラ」「プロペラガード」などの予備を購入することになります(強制ではありませんが、万が一に備えて購入しておいた方が良いでしょう)。

備品の購入で数万円かかることも珍しくありませんので、購入前に予算をしっかり決めておくことが大切です。

*なお、マイクロドローンやトイドローンは予備バッテリーがないものがほとんどです。

 

お勧めの購入ルート

最後にお勧めのドローン販売の購入ルートをいくつかご紹介します。

・メーカーのオンラインショップ

DJI STORE

Parrot

3D Robotics

G-Force(輸入販売している商品もあり)

・日本にある正規の販売代理店

SEKIDO

AIRSTAGE

HELICAM STORE

DBC SKYWORKS

・家電量販店やネットショップ

Amazon

ビックカメラ

ヨドバシカメラ

この辺りが購入しやすいルートと言えます。先の項目で解説した価格やキャンペーン、サポート体制、並行輸入品かどうかなどを踏まえて選ぶようにしましょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る