必ず確認を!愛知県でのドローン規制はどうなっている?

ドローン規制は各自治体で決められているものがあります。そのため、一般的なドローンの規制を把握しているだけでは不十分です。ドローンを飛ばす前に、必ず飛ばすエリアごとのドローン規制を確認しましょう。ここでは、愛知県でドローンを飛ばしたい人向けに、愛知県のドローン規制を紹介します。

一般的なドローン規制の条件について

愛知県のドローン規制を見る前に、飛ばす場所に関する基本的なドローン規制を確認しておきましょう。ドローンは無人小型航空機として分類されます。そのため、航空法を遵守しなければいけません。

航空法ではドローンの飛行を禁止している場所があります。それが以下の3か所です。

・空港やヘリポートなどの施設、また周辺の上空
・水面または地面から150m以上の高度
・国勢調査によって定められる人口集中地区の上空

愛知県には、中部国際空港と県営名古屋空港があるので注意しましょう。もし、この空域でドローンを飛ばしたいのであれば許可の申請をします。また、空域に関わらずドローンには守らなければいけない飛行方法があります。

・日の出から日没後までの日中での飛行
・人や物との距離を30m以上あける
・肉眼でドローン本体を確認し、監視できる距離の飛行させる
・縁日などイベントの上空では飛行させない
・危険物を輸送してはいけない
・上空から物の投下禁止

夜に飛行したい、遠隔操作をしたいなど、これらが当てはまらない飛行方法をするには、事前の許可申請が必要です。

愛知県では「県営公園」「名古屋市内の公園」はドローン飛行が規制されている

各自治体の条例によってドローン規制が定められていることがあります。そのため、ドローンを飛行させるときには、飛行させる自治体の条例に従わなければなりません。

愛知県の条例でドローン規制があるなら、航空法で禁止されていない空域や、所有者に許可を取っている場所だったとしてもドローンを飛ばしてはいけません。

愛知県では愛知県都市公園条例によりドローン規制がされています。そのため、愛知県の県営公園ではすべてドローンの飛行が禁止されています。

これは、愛知県都市公園条例第三条で行為の禁止として「他の利用者に危険を及ぼすおそれのある行為をすること」が挙げられているためです。

不特定多数、また小さな子供も利用する公園で墜落のリスクもあるドローンを飛行させることが「危険行為」に当てはまるとしています。

また、名古屋市都市公園条例によって、名古屋市が管理するすべての公園でも、同じ理由でドローン規制がされています。

他の愛知県の市町村でも、公園利用の条例の危険行為にドローンの飛行を当てはめることがあります。公園でドローンを飛ばす際は、公園を管理している市町村にドローン規制があるか確認すると良いでしょう。

 

愛知県内でドローン規制を気にせずに飛ばせる場所は?

愛知県でドローンを飛行させても良い場所はどのように探せばいいのでしょうか。まず、航空法で定められている人口集中地区を外します。人口集中地区は、国土地理院のホームページで見ることのできる地理院地図で調べられます。

地理院地図

愛知県を検索すると名古屋市を中心に赤くなっている箇所があります。これが人口密集地区としてドローン規制があるエリアです。市内中心部は、ほとんど赤くなっているので、少し足を延ばす必要があります。

河川敷などは広くて市内中心部から離れているので、ドローン飛行に選ぶ人が多いスポットです。良さそうな河川敷が赤くなっていないことを確認したら、近くに空港がないかを確かめます。

忘れてはいけないのが、河川敷も河川法などでドローン規制されている場合があることです。その河川敷を管理している行政に事前に確認しましょう。

少し面倒に感じるかもしれませんが、ドローン規制をきちんと調べることは大切な過程です。ドローン規制に配慮することで、罰則を受けないだけでなく、周りの安全を守ることができます。ドローン規制を守り、安全にドローンを楽しんでください。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る