山口県でドローンを飛ばしたい方必見!県内のドローン規制とオススメの空撮エリアとは?

ドローンを飛ばすには、法令で定められている規制の他に、その地域の規制も守らなければいけません。山口県でドローンを飛ばすなら、ドローンを規制する山口県の条例等があるかどうかを事前に調べるようにしましょう。ここでは山口県で規制を守り、安全にドローンを飛ばせる場所をピックアップしました。

山口県でドローンを飛ばせる場所は?独自のドローン規制はある?

2015年頃から山口県では条例によるドローン規制の検討がされ始めています。全国の自治体での規制に合わせて、維新百年記念公園など、県管理公園での規制をする方針をみせていました。

2016年には、山口市が公園条例の「危険行為の禁止」に当てはまるとして、都市公園でのドローン使用を原則禁止している旨を掲載しています。

実際、山口県での花火大会等のイベントの際には「ドローンの持ち込み、使用禁止」と注記されていることもあります。特に県立の施設やイベントの際には条例規制がないか確認した方が良いでしょう。

また、他県と同様、全国共通の法令による以下のドローン規制も守らなければいけません。

航空法

以下の空域と飛行方法が規制されています。

・空港周辺
・人口集中地区の上空
・150m以上の高さ
・目視外飛行
・夜間の飛行
・物や人との距離が30m未満の近距離での飛行
・危険物の搬送
・物の投下
・イベント会場

小型無人機等飛行禁止法

国会議事堂や官邸など、国家の重要施設周辺でのドローン飛行は規制されています。

電波法

技適マークのついていないドローンは無免許で使用してはいけません。

民法

無許可での私有地の飛行や撮影は所有権や肖像権などの民法を侵害する恐れがあります。

道路交通法

公道での離着陸や低空飛行で、交通を妨げる場合は道路使用許可が必要です。

 

山口県内でドローンを飛ばしたいなら!規制されていないエリアを調べる方法

航空法の人口集中地区の飛行禁止は総重量200g以上のすべてのドローンに当てはまります。人口集中地区に当てはまらないエリアは、地理院のホームページにある地図で検索ができます。

以下のURLで山口県を検索すると、人口集中地区は赤く塗られているので、それ以外の場所でドローンを飛ばすようにしましょう。

地理院地図

ただし、境界面の精度は完璧ではないので、あくまで目安として、自己責任で使用するようにしてください。

また、航空法の規制は国土交通省の許可を取れば飛行することが可能です。申請はオンラインで個人でもできるので、どうしても飛ばしたい場所があるなら許可を取るのも1つの方法です。

 

山口県内でドローンを飛ばすなら!ぜひ押さえておきたい絶景ポイント

瀬戸内海と日本海の両方を持つ山口県は、空撮したくなるようなスポットが満載です。おすすめの絶景を紹介します。

石柱渓

1926年に、国の天然記念物に指定された渓谷です。2kmに渡る不規則な渓谷の流れが美しく、ぜひ空撮で全体を撮影したい景観です。

管理団体 下関市区役所

満珠島、干珠島

両島に渡って忌宮神社の境内になっています。源平合戦の最後の舞台である、壇ノ浦の戦いでの源氏軍ゆかりの地を空撮できます。

管理団体 下関市役所

巌流島

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名な巌流島は、誰もが知っている有名スポットなので、空撮すると話題にもできます。対岸の本島は人口集中地区なので注意しましょう。

管理団体 下関市役所

別府弁天池

エメラルドグリーンが美しく日本名水百選に入っています。空からでも澄んだ青の水がはっきりとわかるでしょう。

管理団体 美祢市役所または別府厳島神社

秋芳白糸の滝

高さ30mの白糸の滝です。紅葉や岩肌につく氷など季節によって様々な表情を見せてくれます。

管理団体 美祢市役所

必ず、前もって各管理団体に問い合わせて、必要な手続きを取るようにしましょう。

 

山口県内でドローン技術を身に着けたい方必見!オススメのスクールを紹介

様々な許可申請を出すには、操縦技術と飛行実績が必須です。また、安全のためにも技術を磨くことは欠かせません。スクールに通うと、技術だけでなく、必要な知識をしっかりと身に着けることができます。

山口県でも、いくつかのスクールがあり、業務用でドローンを使う場合の訓練も受けられます。

農薬散布ドローン教習所長門校エアステージ山口

山口県長門市日置中1729番地1

JUIDA山口ドローンスクール

山口県岩国市麻里布町4丁目18番地18 グランビューロー2F

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る