埼玉県のドローン規制状況と飛行禁止エリアの調べ方、安心して飛ばせる練習場などをご紹介!

埼玉県でドローンを安全に飛ばそうと思ったら、規制対象とならないエリアを探さなければなりません。この記事では、埼玉県におけるドローンの規制状況や、飛行禁止エリアの調べ方、埼玉県内にあるドローン飛行場などを紹介しています。

埼玉県のドローン規制事情は?

まずは、埼玉県のドローン規制事情について解説します。さいたま市では、都市公園条例の規定に基づき、都市公園におけるドローンを使った危険な行為が認められた場合、使用の中止を要請するとしています。

また、毎年多くの参拝者が訪れる武蔵一宮氷川神社でも、境内の上空でドローンをはじめとする無人航空機を飛行させることを規制しています。

※ここで紹介している情報は、埼玉県のドローンの規制の全てではありません。また、2018年10月時点でのものとなるため、今後新たに規制が作られたり、規制内容が変更になったりすることも考えられます。

埼玉県でドローンを飛ばす予定がある人は、常に最新情報を確認しておきましょう。

 

埼玉県でドローンが規制対象となる飛行禁止エリアの調べ方

2015年12月に施行された改正航空法では、バッテリーを含めた機体重量が200gを超えるドローンについて、次の空域での飛行を規制しています。

・空港等の周辺の上空の空域
・人口集中地区の上空
・地表または水面から150m以上の高さの空域

規制対象となる空域でドローンを飛行させるには、安全性を確保した上で、事前に地方航空局長(東京航空局長)の許可を得る必要があります。

埼玉県で、自分がドローンを飛ばそうと思っているエリアが対象となるエリアかどうかは、国土地理院「地理院地図」を使って調べることができます。

また、空港周辺に該当するかどうか、詳しく知りたい場合は、国土交通省「空港等設置管理者及び空域を管轄する機関の連絡先について」を確認しましょう。

※埼玉県には空港がありませんが、飛行場やヘリポートなどの周辺の上空も規制対象となることがあります。

このほか、1章で紹介したように、埼玉県の各自治体や施設の管理者が、独自に規制しているケースもあります。

確認事項が多く、大変ではありますが、航空法と併せて、自分がドローンを飛ばそうと思っている住所を管轄する自治体、あるいは施設の管理者に確認しておくことをおすすめします。

また、バッテリーを含めた機体重量が200g未満のドローンは、上記で紹介した航空法の規制対象にはなりませんが、危険であることに変わりはありません。飛行させるときは安全性を確保し、周囲に十分注意しながら飛ばしましょう。

 

埼玉県で規制を気にせずドローンを飛ばせる場所

埼玉県には、ドローンの規制を気にせず飛ばせる練習場がいくつかあります。

「SAITAMAドローン練習場」

埼玉県さいたま市西区中釘

料金目安(1グループ4名までの場合)

9:00~12:00  10,000円

13:00~日没 10,000円

1日利用 18,000円

「田中電気グランド」

埼玉県さいたま市桜区大久保領家

料金目安(1組5名までの場合)

9:00~12:00 40,000円

13:00~16:00 40,000円

1日利用 70,000円

「フットメッセ大宮」

埼玉県さいたま市北区櫛引町

料金は施設に直接お問い合わせください。

このような施設では、規制を気にせずドローンを飛ばすことができます(ただし、施設が設定しているルールには従う必要があります)。

埼玉県でドローンを飛ばすときは、「埼玉県による規制」「各自治体による規制」「各施設の管理者による規制」「航空法による規制」など、さまざまな規制を確認し、対象とならない時間、場所、方法を選んで飛ばすことになります。

安全に、そして健全にドローンが発展していくためにも、ぜひとも、こうした規制については事前に調べておきましょう。また、ドローンの規制を気にせず飛ばすことができる練習場を利用することも検討しましょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る