初心者の練習に適したドローンと練習方法

映画やテレビ、ミュージックビデオなど様々なメディアで空撮シーンを目にする機会が増え「ドローンを操縦したい」と思う方が増えてきました。初心者の方が上達するにはどんなドローンの練習をすれば良いのでしょうか?

初心者向けの練習用ドローンはやはり「小型軽量」タイプ

一口にドローンと言っても機体のタイプ、サイズ、性能、価格など実に様々です。

「メディアで目にしたような臨場感あふれる空撮を楽しみたい」という方や、「いつかドローンでビジネスを」という方が多いと思いますが、まずはドローンの操作に慣れる必要があります。

お勧めは「練習用ドローン」のご紹介には必ずと言っていいほど登場するHubsan X4です。

手のひらサイズというコンパクトさで価格も1万円程度ですので、初心者のドローン練習には最適の機体です。

ほかには、ドローンの操縦の基礎を楽しみながら覚えることができるDRONE STAR 01などもお勧めです。

専用アプリをスマホにダウンロードし、それに対応しているマイクロドローンを使うことで一種のゲーム感覚でドローンの操縦の基礎を覚えることができます。

実際に機体を操縦しながら基礎を学ぶモード、機体の位置を判定してスコア化するモードなどのほか、FPVモードも体験することができます。

アプリは無料で、対応機体はプロポ、プロペラガード、スマホ用ホルダー、充電用USBケーブルなどがセットになってAmazon.co.jpで15,000円と非常にお手頃です。室内での練習には特に適した機体です。

 

初心者向けの練習用ドローンの方が、操縦が難しい?

実は、Hubsan X4やDRONE STAR 01のようなマイクロドローン、ホビードローンなどと呼ばれるタイプのものは操縦が難しい場合が多いという特徴があります。

GPSが搭載されていない機体が多いため、位置や高度を制御するためにプロポの繊細な操作が必要になりますので、ホバリングさせるだけでも難しいと感じるかもしれません。

しかし、ここで頑張ってドローンの練習を行い、操縦が上達すれば、GPSが搭載されたPhantom3などを操縦する際に余裕を持って行えるようになりますので、ぜひチャレンジしておきたいところです。

 

上達のためのドローン練習方法

ドローン練習に欠かせないのは、ホバリングです。

ドローンが正面方向を向くように離陸させ、目の位置で高度をキープしたまま15秒を目標にホバリングします。その後、2秒ほどかけて90度回転させて5秒ホバリング、さらに2秒ほどかけて90度回転させて5秒ホバリング、を繰り返しましょう。

それができるようになったら今度はピルエットと呼ばれる操縦方法です。

ドローンが正面方向を向くように離陸させ、目の位置で高度をキープするまでは同じですが、次は左右どちらかに回転し続けます。この時、横に流れてしまいそうになりますので、うまく離陸地点上空をキープするようにします。回転は1分程度を目標に行います。

ホバリング・ピルエットに慣れてきたら次は前後移動を加えます。

3秒ホバリング→前進→3秒ホバリング→180度回転→前進(対面)→3秒ホバリング……

と繰り返すわけですが、この時、機体を自分の方に向けて飛ばすドローンの練習(対面)は最初の段階ではかなり難しいと感じると思います。

プロポの操作と機体の動きが前後左右全て逆になりますので、慣れるまでは直感的に操作することが難しいためです。

しかし、ここをクリアできればGPSを搭載したドローンの操縦も余裕を持ってできるようになりますし、万が一GPSの信号を失ってしまっても慌てずに操作することができるようになりますので頑張りましょう。

 

基礎を繰り返すことが大切

今回ご紹介したのは初歩の段階でのドローン練習方法ですが、やはり基礎は大切ですので繰り返し何度も練習してください。

できればGPSが搭載されていない機体で練習した方が、前述したようにのちに高額な機体を操縦する際に余裕を持って行えるようになります。

高度な空撮などを行う技術を身につけるためにも、まずはドローン練習で基礎をしっかり体に覚え込ませましょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る