初心者の練習に適したドローンと練習方法

映画やテレビ、ミュージックビデオなど様々なメディアで空撮シーンを目にする機会が増え「ドローンを操縦したい」と思う方が増えてきました。初心者の方が上達するにはどんなドローンの練習をすれば良いのでしょうか?

初心者が知っておきたいドローンを買う前の基礎知識

まずはドローンの基本知識を押さえておきましょう。

ドローンは無人航空機として改正航空法による規制を受けます。特定の空域や飛行方法をする際には許可や承認を取る必要があります。これは初心者がすぐに取れるものではなく、一定の飛行実績時間がなければ申請を出せません。そのため、初心者は改正航空法の規制にかからない場所と飛行方法でドローンを操縦するようにしましょう。

ただし、総重量が200g未満のドローンは「トイドローン」として規制の適用外になります。そのため、規制などを気にせずにドローンを始めたいという初心者はトイドローンを選ぶことがおすすめです。

他にも初心者がドローンを選ぶときに抑えておくと良い3つのポイントがあります。

操作のシンプルさ

ラジコンの操縦ができるのであればすぐにドローンの操縦にも慣れるかもしれませんが、ドローンの操縦は見た目以上に難しいものです。

レース用ドローンだと時速60km近く出るものもあり、ちょっとした操作のミスが大きな事故につながります。また、ドローンの墜落で、せっかく手に入れたドローンが1回飛ばしただけで大破してしまったという悲しい事態になることもありえます。

そうならないためにも、障害物自動回避機能、自動ホバリング機能、自動帰還機能など、操縦をアシストする機能が搭載されているドローンを選ぶと良いでしょう。

カメラの性能

ドローンを使用するなら、初心者であってもダイナミックな空撮映像が撮りたいのではないでしょうか?数十万もする本格的なもの以外にも、初心者が手を出しやすい価格でカメラの性能がしっかりしたものもあります。解像度を確認しておきましょう。

重さ

先ほども少し触れましたが、気軽さを求めるなら200g未満のトイドローンです。しかし、小型、軽量のドローンは風の影響を受けやすいというデメリットもあります。

屋外で高い位置まで飛ばしたいのであれば、ある程度の重量が必要です。重い方が、安定性があるので、どれくらいの空撮を行ないたいかによって重さを選ぶことができます。

 

初心者向けの練習用ドローンはやはり「小型軽量」タイプ

一口にドローンと言っても機体のタイプ、サイズ、性能、価格など実に様々です。

「メディアで目にしたような臨場感あふれる空撮を楽しみたい」という方や、「いつかドローンでビジネスを」という方が多いと思いますが、まずはドローンの操作に慣れる必要があります。

お勧めは「練習用ドローン」のご紹介には必ずと言っていいほど登場するHubsan X4です。

手のひらサイズというコンパクトさで価格も1万円程度ですので、初心者のドローン練習には最適の機体です。

ほかには、ドローンの操縦の基礎を楽しみながら覚えることができるDRONE STAR 01などもお勧めです。

専用アプリをスマホにダウンロードし、それに対応しているマイクロドローンを使うことで一種のゲーム感覚でドローンの操縦の基礎を覚えることができます。

実際に機体を操縦しながら基礎を学ぶモード、機体の位置を判定してスコア化するモードなどのほか、FPVモードも体験することができます。

アプリは無料で、対応機体はプロポ、プロペラガード、スマホ用ホルダー、充電用USBケーブルなどがセットになってAmazon.co.jpで15,000円と非常にお手頃です。室内での練習には特に適した機体です。

ドローンの性能に興味があるので、とにかくドローンを操縦してみたいという初心者の方はRyze TechのTelloもおすすめです。低価格な規制適用外のトイドローンですが、アクロバティックな動きができるフライトモードなど、最先端の機能もしっかり備えています。

 

室内で気軽に遊べる!初心者も安心なおすすめトイドローン

アウトドアで使うよりも、まずは室内で飛ばして遊ぶことが主な目的なのであれば、小型、軽量であることを重視しましょう。また、人や物に当たる可能性もあるのでプロペラガードの存在も大切です。

そんな中、おすすめの機種はこちらです。

G-Force X4HD H107C-1

200万画素のHDカメラ搭載でキレイな映像も楽しめます。重さは51g、大きさは83mm×84mm×33mmという小型で室内でも遊びやすい機体です。機体をぐるりと取り囲むようなプロペラガードが付属されているので安心できます。

Potensic ドローン A20W

スマートフォンサイズの小型ドローンです。4つのプロペラにそれぞれしっかりとガードが付いています。スマートフォンの画面を見ながらの操作ができ、VRゴーグルを付ければ臨場感のある操縦ができます。

 

空撮もしっかりできる初心者にもおすすめのドローンはこれ!

屋外での空撮に力を入れたいのであれば重視すべきなのはカメラ機能です。また、軽い機体の場合は風で映像がぶれてしまうので、自動手ぶれ補正機能が付いていると良いでしょう。初心者であってもクオリティの高い空撮をしたい人におすすめなのはこちらです。

DJI Spark

重量は300gですがコンパクトに折りたたむことができて、いつでもどこでも気軽にドローンを持って行けます。カメラに操縦者を認識させる自動追尾機能や手のひらのジェスチャーで離陸、着陸ができる操作方法など、初心者でも楽しめる操作性です。

DJI Phantom4

プロが使うこともある高性能ドローンです。大きな機体ですが障害物回避センサーやホバリング機能でしっかり操縦をアシストしてくれるので安心できます。カメラはなんと4K動画を撮ることができるので、画質のクオリティが高い空撮映像が撮れることは間違いありません。

DJI Magic Pro

Phantom4はサイズが大きすぎる、と感じる方はこちらの機種であればコンパクトですがPhantom4に近いスペックを堪能できます。750gの軽量、折りたたみなので旅行の際も鞄に入れておけば思い出を空撮できるでしょう。軽くなる分、Phantom4に比べれば安定性が下がりますが、障害物回避機能や高度維持機能など、アシスト機能も搭載されているので安心です。

 

初心者向けの練習用ドローンの方が、操縦が難しい?

実は、Hubsan X4やDRONE STAR 01のようなマイクロドローン、ホビードローンなどと呼ばれるタイプのものは操縦が難しい場合が多いという特徴があります。

GPSが搭載されていない機体が多いため、位置や高度を制御するためにプロポの繊細な操作が必要になりますので、ホバリングさせるだけでも難しいと感じるかもしれません。

しかし、ここで頑張ってドローンの練習を行い、操縦が上達すれば、GPSが搭載されたPhantom3などを操縦する際に余裕を持って行えるようになりますので、ぜひチャレンジしておきたいところです。

 

上達のためのドローン練習方法

ドローン練習に欠かせないのは、ホバリングです。

ドローンが正面方向を向くように離陸させ、目の位置で高度をキープしたまま15秒を目標にホバリングします。その後、2秒ほどかけて90度回転させて5秒ホバリング、さらに2秒ほどかけて90度回転させて5秒ホバリング、を繰り返しましょう。

それができるようになったら今度はピルエットと呼ばれる操縦方法です。

ドローンが正面方向を向くように離陸させ、目の位置で高度をキープするまでは同じですが、次は左右どちらかに回転し続けます。この時、横に流れてしまいそうになりますので、うまく離陸地点上空をキープするようにします。回転は1分程度を目標に行います。

ホバリング・ピルエットに慣れてきたら次は前後移動を加えます。

3秒ホバリング→前進→3秒ホバリング→180度回転→前進(対面)→3秒ホバリング……

と繰り返すわけですが、この時、機体を自分の方に向けて飛ばすドローンの練習(対面)は最初の段階ではかなり難しいと感じると思います。

プロポの操作と機体の動きが前後左右全て逆になりますので、慣れるまでは直感的に操作することが難しいためです。

しかし、ここをクリアできればGPSを搭載したドローンの操縦も余裕を持ってできるようになりますし、万が一GPSの信号を失ってしまっても慌てずに操作することができるようになりますので頑張りましょう。

 

基礎を繰り返すことが大切

今回ご紹介したのは初歩の段階でのドローン練習方法ですが、やはり基礎は大切ですので繰り返し何度も練習してください。

できればGPSが搭載されていない機体で練習した方が、前述したようにのちに高額な機体を操縦する際に余裕を持って行えるようになります。

高度な空撮などを行う技術を身につけるためにも、まずはドローン練習で基礎をしっかり体に覚え込ませましょう。

またドローンの知識や技術を学ぶためのドローンスクールというものもあります。ドローンスクールでは安全にドローンを操縦するために必要な専門知識を正確に学ぶことができます。独学では身に着けるのが大変な技術も、トレーナーの指導の元、安全な練習場で練習できるというメリットもあります。

半日のものから何日間かかけて認定資格を取るものまであるので、必要に応じでドローンスクールを活用するのも、初心者がドローンの操縦を習得する1つの方法です。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る