公園でドローンを飛ばしても良い?気になるドローンの飛行規制やルールについて知ろう

公園でドローンを飛ばしてみたいけれど、飛ばしていいものなのかわからない…そう思う方もいることでしょう。実際のところ、ドローン飛行においては様々な規制やルールを知る必要があります。

公園でドローンを飛ばしてもOK?公園での規制はどうなっている?

公園でドローンを飛行させることはOKなのでしょうか? 実際のところ、公園によって規制はまちまちです。

看板に「ドローン禁止」と直接書かれ、明確に規制されている場合もありますが、すべての公園がそうであるわけではありません。その場合には、公園の管理者や管理事務所に直接電話等をして、確認を行う必要があります。

正直なところ、公園でのドローン飛行はNGの場所が多いと言えるでしょう。なぜなら、ドローン飛行は墜落等で何らかの危険を人に及ぼす可能性があるからです。特に、公園は子供達の遊び場ですから、なおさらですね。

 

人のいない公園でも航空法の規制に反していたらドローン飛行はNG!

それでは人のいない公園の場合はどうでしょうか? そちらに関しても、航空法による規制を検討する必要があります。

2015年12月から、ドローン飛行に対しても適用されるようになった航空法の規制では、事前許可なしでの人口密集地帯での飛行を禁止しています。

人口が集中している地域では、たとえ、人のいない公園であったとしても、強風や故障によって何らかの人的被害を与えてしまうことが想定されるからです。

また、国土交通省はドローン飛行に関するルールを設けており、ルール以外の飛行を行う際には、事前承認を得ることを義務付けています。

・日中(日出から日没まで)に飛行させること
・目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
・人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
・祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
・爆発物など危険物を輸送しないこと
・無人航空機から物を投下しないこと

公園での飛行の際も、上記のルールに該当する場合は事前の承認が必要です。

 

200g以下トイドローンの公園での飛行規制は?200g以下のドローンでも公園では飛行が禁止されている所もある

航空法の規制対象となるドローンは総重量が200g以上と定められているため、200g以下のトイドローンの場合は航空法の規制対象になりません。しかし、航空法の規制対象とはならなくても、

・電波法
・文化保護法
・プライバシー・肖像権 / 個人情報保護法
・小型無人機等の飛行禁止法

といった法律に触れてしまう場合があります。

実際に、東京都の都立公園では、ドローンが航空法の規制対象となる前から、200g以下のトイドローンを含め、一切のドローン飛行が条例によって禁止されています。

 

ドローンの練習場所としてオススメなのは?

国土交通省にドローンの飛行許可申請を行って認可をもらうためには、累計10時間以上の操縦時間が必要です。そのためには、ドローン飛行の練習を行うことが必須となります。

数多くの公園でドローン飛行が禁止されている今、ドローンの練習場所としてオススメの場所はどこなのでしょうか?

オススメの場所として1つあげられるのは、河川敷です。河川敷の多くは、人口密集地帯から外れ、航空法の規制対象の範囲外となるため、ドローン飛行を行いやすい場所と言えるでしょう。

「SORAPASS」というアプリを使えば、河川敷が人口密集地帯の範囲に含まれているか否かを調べることができます。

ただし、例え人口密集地帯ではない河川敷においても、河川法によってドローン飛行が制限されている場合があるため、管理を行っている国や市の行政に確認を取る必要があります。

また、飛行の際に人や物件との距離が30m以内の場合には、航空法の適用対象になります。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る