人気ドローン6つの性能の比較

日々進化しているドローン。人気も衰える気配がありません。そんなドローンですが、非常に多くの種類があるため、どれを選べばいいのか本当に迷ってしまいます。価格が違えばドローンの性能が変わるのはもちろんですが、どの程度違うのでしょう。

ここでは、人気ドローンの6つの性能の比較を紹介します。

操作可能距離の比較

まずは、ドローンの性能として、操作可能距離を比較してみましょう。

・RAMASU RA-KY04
操作可能距離:30 m

・ジーフォース ESPADA
操作可能距離:90m

・ZEROTECH Dobby Deluxe D100B-H
操作可能距離:100m

・Hubsan X4 H502S
操作可能距離:215m

・DJI Inspire 2 Combo
操作可能距離:4,000m

・DJI PHANTOM 4 PRO
操作可能距離:4,000m

 

Inspire 2 ComboとPHANTOM 4 PROに関しては、やはり価格が高い分、ドローンとしての性能も非常に高く、飛行距離も他のドローンに比べてずば抜けています。本格的な空撮をしたいならドローンの性能が高いことに越したことはありません。

しかし、ジーフォース ESPADAやRAMASU RA-KY04のように、範囲がそこまで広くない機種でも空撮を楽しむことができます。価格も安いため、初心者の方にオススメといえます。

また目視外(自分自身の目で見れない状態)飛行は、日本の法律では禁止されています。目視外になるのは、その操縦者の視力や周辺環境によりますが、基本的に目視できるのは100~300m程度です。

 

飛行可能時間の比較

次は、ドローンの性能として、飛行可能時間を比較してみましょう。

 

・RAMASU RA-KY04
飛行可能時間:6 分

・ジーフォース ESPADA
飛行可能時間:9 分

・ZEROTECH Dobby Deluxe D100B-H
飛行可能時間:9 分

・Hubsan X4 H502S
飛行可能時間:12分

・DJI Inspire 2 Combo
飛行可能時間:27 分

・DJI PHANTOM 4 PRO
飛行可能時間:30 分

 

Inspire 2が、1番価格が高く、性能が高いドローンではありますが、だからと言って飛行時間が1番長いというわけではありません。性能が高い分、電力消費が多いケースは多々あり、性能と飛行時間に関してはPhantom4 PROがバランスのいいドローンと言えるかもしれません。

しかし、Inspire 2 Comboのようなドローンでなければ撮影できない景色もあるので、どの程度のレベルの空撮をしたいかなど、飛行時間とのバランスを考えることが重要といえます。

 

動画解像度の比較

ここでは、ドローンの性能として、動画解像度を比較します。

 

・RAMASU RA-KY04
動画解像度:640×480

・ジーフォース ESPADA
動画解像度:1280×720

・ZEROTECH Dobby Deluxe D100B-H
動画解像度:1080/30p

・Hubsan X4 H502S
動画解像度:1280×720

・DJI Inspire 2 Combo
動画解像度:5.2K

・DJI PHANTOM 4 PRO
動画解像度:4096×2160

 

リーズナブルな価格のRAMASU RA-KY04やジーフォース ESPADAより、高性能で本格的な空撮を可能にしているInspire 2 ComboやPhantom4のカメラの方が高性能なのがわかります。

特にInspire 2 Comboは、メインカメラに「X4S」とその上位機種「X5S」の2種類が発表され、ともに5.2K 30fpsの高解像度動画に対応しているため、美しい映像として録画して残しておける魅力は非常に大きいといえます。

 

人気ドローン6つの性能の比較についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

ドローンの性能や価格などは、ドローンを選ぶ際の注目するポイントではありますが、まずは自分のドローンの用途や、どこまでその用途を突き詰めたいかを事前に決めておいたほうがドローン選びの失敗も少なくなるのではないかと思います。

今回の記事を参考に、自分に合ったドローンを見つけましょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る