世界最大手ドローンメーカー、中国のDJI社とは?

世界最大手ドローンメーカーである中国のDJI社について紹介していきます。ドローンと言えばアメリカなどの欧米のイメージが強いですが、なぜ中国企業が市場を独占しているのか、ドローンメーカーがひしめく中国のなかでも、特にDJI社が抜きんでている理由とは何かといった内容を、詳しくみていきましょう。

世界シェア7割!中国のドローンメーカーDJI社について

DJIは中国の深センに本社を置くドローンメーカーで、世界の民生用ドローン市場の7割を占めています。「ドローンってアメリカのメーカーが主流ではないのか?」あるいは「DJIってアメリカのメーカーじゃないのか?」と思われた方もいるかもしれません。

しかし、ドローンの製造自体は中国メーカーが大半を占めており、ドローン市場で世界的に有名なDJIは中国のメーカーです。日本にもDJI JAPANと呼ばれる法人があり、品川にオフィスがあります。

 

なぜ中国のドローンメーカーDJI社が一目置かれるのか?

中国メーカーのDJIが一目置かれる理由は、高精度なフライトコントローラーにあると言っても過言ではありません。

ドローンを初めて飛ばされる方は、「どこかにぶつけてしまったらどうしよう」「飛ばしている間に、操作を誤って失くしてしまうかも」と心配するものです。初めてでなくてもこのような不安はあるかもしれません。

しかし、DJIのフライトコントローラーは、この点を補っています。たとえば、GPSで位置情報を認識し、万が一、見失ってもボタン一つで戻ってきます。

他には、障害物の自動回避、画面上に映し出されたものに自動で追従する機能などが付いています。安全性が高いことはもちろん、追従機能はテレビの撮影や警備関係など、様々なビジネス分野でも役立っています。

このようなフライトコントローラー機能の高さが、DJIのドローンの最大の魅力と言えるでしょう。

また、独自のアルゴリズムによる故障診断や、ソフトウェアのカスタマイズの自由度を高めている点も魅力的です。

一般のユーザーはあまりソフトウェアのカスタマイズをすることがないかもしれませんが、法人のユーザーだと、カスタマイズの自由度は大きな魅力になります。

 

中国のドローンメーカーDJI社が誇るドローンをご紹介!

上記の通り、高性能なドローンを生み出し続けているDJIですが、具体的な製品としてどのようなものを出しているのでしょうか。

以下に代表的な機種を紹介していきます。

・Spark

Sparkの特徴は、圧倒的な軽量さとコンパクトさ、手のひらだけで操作できるといったことが挙げられます。手のひらをドローンにかざして動かすだけでドローンが反応して動くので、近未来的です。

カメラに関しても、パノラマによる広範囲の撮影、シャローフォーカスによる被写体へのピント調整機能などが付いています。

より詳細なスペックは以下です。

重量 300g
サイズ 143×143×55(mm)
最大飛行時間 16分
最大速度 50km/h
ジンバル 2軸メカニカル
有効画素数 1200万画素
動画モード 1080p
写真フォーマット JPEG
操作 スマートフォン/コントローラ
値段 ¥65,800
値段(Fly More Combo) ¥91,800

「手のひらでの操作」という話題性のある部分に注目されがちですが、基本的なスペックも高いです。DJIを代表するドローンと言えるでしょう。

・Phantom4 pro

Phantom4 proは1インチ2,000万画素という特徴を備えています。そのため、空撮の綺麗さにこだわるならPhantom4 pro一択と言っても過言ではありません。

また、特定のポーズを撮ると自動で撮影してくれる機能があるので、操縦者を含めて撮影したいときに便利です。

非常に高性能なカメラを搭載しているため、Phantom4 proの値段は204,000円(定価)と比較的高めです。

小型ではなく、気軽に飛ばすタイプのモデルではありませんが、撮影の仕事で使用する場合や、趣味での撮影も徹底的にクオリティにこだわりたいといった方に愛されています。

中国ドローンメーカーのなかでも圧倒的機能性で大きなシェアを誇るDJIは、今後もさらに、世間を驚かすようなハイスペックドローンを生み出していくことでしょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る