三重県でドローンを飛ばしたい!空撮向きの絶景スポットと県内のドローン規制について

ドローンには法令で決められた規制の他に、各自治体で定められた規制があります。三重県でドローンを飛ばすのであれば、その地域のドローン規制を知っておかなければいけません。そこで、三重県のドローン規制と、ドローンを飛ばせるスポットを紹介します。

他県よりも厳しい?三重県独自のドローン規制とは

三重県のドローン規制として、厳しい条例規制があるという情報を目にするかもしれません。それは、2016年に開催された伊勢志摩サミットに伴ったドローン規制の条例が一因となっています。

この条例では、丸山公園の半径1,500mのエリアと、知事の指定する敷地、その周辺300mのエリアでドローン規制をしています。

しかしこれはサミット期間限定の規制であって、2016年5月28日で規制期間は終了しています。そのため、三重県での規制は特別厳しいわけではなく、他県と同じです。

法定規制と、市町村によっては公園条例で公立公園でのドローンを規制しているので、それらの規制を守るようにしましょう。

ドローンに関係する法規制には、以下のようなものがあります。

航空法

下記の空域と飛行方法が規制されています。

・空港周辺
・人口集中地区
・150m以上の高さ
・夜間飛行
・目視外飛行
・物や人との距離が30m未満での飛行
・危険物の輸送
・物品の投下
・イベント会場での飛行

電波法

技適マークのないドローンの無免許での使用を禁止しています。

小型無人機等飛行禁止法

国家の重要施設周辺での飛行を禁止しています。

民法

私有地の上空や、許可のない撮影は所有権やプライバシー権を侵害する恐れがあります。

 

三重県内でドローン規制をクリアするにはどうすればいい?飛ばせる場所の確認方法

航空法の規制である人口集中地区は国土地理院地図から探すことができます。

地理院地図

このマップで三重県を検索します。赤く塗られた箇所が、人口集中地区としてドローンが規制されているエリアです。赤くなっていないエリアから、ドローンが飛ばせそうな場所を探し出すことができます。

※ただし、マップの精度は完璧ではないので、あくまで目安です。自己責任でマップを活用するようにしてください。

また、国土交通省の許可を取れば、規制されている空域でもドローンを飛ばすことができる可能性もあります。本格的にドローンを飛ばしたい人は、許可を取るという選択を選ぶと良いでしょう。

 

規制をクリアしたらドローンで撮りたい!三重県内の絶景空撮ポイント

三重県には絶景スポットが数多くあります。その中でもドローンで空撮したいおすすめスポットはこちらです。

伊勢志摩国立公園 登茂山展望台

夕焼け時にはカメラマンも訪れる絶景スポットです。賢島、間崎島、前島半島が望める美しい空撮が期待できます。

管理者 志摩市役所

神島

三島由紀夫の「潮騒」の舞台となった島です。石灰岩でできたカルスト地形も、空撮なら全体を楽しむことができます。

管理者 鳥羽市役所

布引滝

日本滝百選の1つです。4段で構成されたダイナミックな高い滝と、周囲の森の美しい景色の空撮ができます。

管理者 熊野市役所

円山千枚田

水田が重なった棚田は、日本の景色の美しさを実感できる絶景です。上空からは、その美しさが際立つことでしょう。

管理者 熊野市役所

英虞湾

60の島が浮かんでいる湾です。空撮なら、綺麗なリアス式海岸と真珠養殖のいかだを一望できます。

管理者 志摩市役所

必ず事前に各管理者に問い合わせを行ない、手続きを取ってから飛行させましょう。

 

三重県でドローン規制をクリアしたいなら、操縦技術を身に付けよう!

規制されている場所での飛行許可を申請するには、飛行実績と技術を持っていることが求められます。また、三重県の規制がない場所で飛ばすとしても、安全にドローンを飛ばすために、操縦技術は欠かせません。

もちろん、個人で技術を磨くことはできますが、ドローンスクールに通うのも技術を身に着ける1つの方法です。

三重県にはいくつかのドローンスクールがあります。

ドローンスクールジャパン伊勢志摩校

三重県伊勢市御薗町新開829

AKTドローンスクール

三重県津市一身田中野338番地1

アイオス無人航空機スクール

三重県四日市市北浜田町1番20号

スクールであれば、飛行実績を積めるためでなく必要な知識を学ぶこともでき、ドローンの操縦の腕を上げることができます。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る