ドローン測量にはソフトが必要?無料でも使えるおすすめソフト

ドローン測量の仕組みとメリット

ドローン測量は、広い土地や人が入るのが困難な場所でも操縦地点から測量を行えます。

また重機が動いている工事現場でも、現場を止めることなく上空から測量を行えるため安全性、効率性が良いというメリットがあります。

データもデジタル処理ができるので、測量からデータ処理まで数週間かかっていた作業を1日で終えることも可能です。

ドローン測量では、まず事前に標点を定めた測量地の上空からドローンを使い撮影を行います。様々なアングルで撮影した画像をデータ処理することで距離や高さ、地形の様子など知りたい情報を測定します。

ドローン測量に用いられるデータには、下記のものがあります。

・オルソ画像

高い建物など、地上との高低差があるものを上空から撮影すると、レンズによる歪みがでます。中心から外側に向かって傾いているように見えるため、真上から見た平面的な画像になるよう複数の映像を組み合わせて処理を行います。この処理した画像をオルソ画像と言います。

・3次元点群データ

3Dモデルを作るためのデータです。測量地点の水平位置、標高などのデータとドローンの位置情報、高度を組み合わせて、各標点の座標を出します。この点群データを結び付けていくことで、地形の立体的な画像を導き出していき、平面の写真からでも測量地点の様子を3次元で把握できます。

 

ドローン測量にはソフトが必須?

ドローン測量は上空から撮った映像をデータ処理することで、より高精度な計測を行えるという魅力があります。それに欠かせないのがソフトウェアです。

この3Dソフトがあるからこそ、撮影した映像を自動解析してオルソ画像を作ったり、3Dモデルを作ったりできます。

またソフトウェアには、飛行ルートを自動制御するものがあります。自動制御があれば飛行ルートを自動で設定、制御してくれるので、解析に必要な標点の画像を、もれなく撮影する助けになります。

ドローン測量を行なうには、撮影するための「ドローン」だけでなく、映像解析のためのドローン測量用に開発された「ソフトウェア」を用意する必要があるのです。

 

ドローン測量のソフトウェアの中には無料期間が設けられているものもある!

ドローン本体はもちろんのこと、映像解析のためのソフトウェアも高額なものです。ドローン測量導入の初期費用はできるだけ抑えたいというのが正直なところでしょう。

ドローン測量のソフトウェアには無料期間を設けていたり、無料で利用できるサービスを用意しているものがあります。こういった無料で使えるものを、上手に利用するといいでしょう。

無料でも使えるおすすめのソフトウェアには、下記のソフトウェアがあげられます。

・TERRA MAPPER

商業用ドローン関連のサービスを提供している、テラドローンが出しているソフトウェアです。飛行計画、画像収集、オルソ画像や3Dの作成、解析、データ出力を行えます。

日本製の測量ソフトなので国交省が掲げる「i-Construction」に則した仕様です。

デスクトップ版は、2週間の無料トライアル、クラウド版は2回の処理を無料で行えます。

無料期間が終われば、通常版へ移行することになりますが、デスクトップ版の通常料金は45万円、クラウド版は使った分だけ月末に支払うプランの2つのプランがあります。ストレージ利用料金は、20GBまで無料と、ローコストでの導入が可能です。

ソフトウェアを本格的に導入する可能性があるなら、無料期間後もリーズナブルに利用できるでしょう。

・Pix4D

スイスの企業が出すソフトウェアで、画像収集を行う「Pix4Dcapture」と収集した画像でオルソ画像や3D生成をする「Pix4Dmapper」の2種類があります。

測量を目的に開発されているので出力するデータの精度が高いことが魅力です。

Pix4Dcaptureは無料で使えますが、Pix4Dmapperは15日間の無料トライアル期間ののち、有料ライセンスが必要です。

・DroneDeploy

自動飛行、画像データの収集、3Dモデル、オルソ画像、距離や体積の測定などドローン測量に必要なことをまとめて行えます。撮影した映像を、リアルタイムで2Dマップで見ることも可能です。離陸地点に戻ると、自動でクラウドにアップされ、画像処理を行えるのでよりスピーディな測量を目指せます。

収集する画像数に応じてプランが用意されており、無料プランもあります。まずは無料版で試してみましょう。

 

自動飛行制御のための無料測量用アプリ「DJI GS Pro」

大手ドローンメーカーであるDJIからは測量用のiPadアプリが出ています。

自動飛行制御のためのアプリで、特定の範囲から出ないようにしたり、地図上でポイントを設定しそのポイントを通るよう自動航空させたりできます。

また領域モードでは、範囲や高度、速度、画像の重複率などを細かく設定すると、その領域内を測定するためのルートを自動で決定して飛行します。

無料で使える機能も多数あるので、ドローンの操縦にiPadを使っているならこういったアプリを利用するのも便利です。

測量の範囲や頻度、使用する機体、予算などに合わせて、使いやすいソフトウェアを探してみましょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る