ドローン検定の内容はどんなもの?どこで受けられる?試験会場の紹介や申込みの流れなどをご紹介!

プライベートでの空撮から、ビジネスへの活用まで、さまざまな用途でドローンが用いられます。ドローン検定は、ドローンに関する知識や技能を証明する試験です。

ドローン検定に合格すると、法律で規制されている場所でドローンを飛ばすために、国土交通省に提出する必要のある操縦者の資格についての証明を添付できます。

今後、ドローン検定のような資格の需要はますます高まっていくと考えられます。ドローン検定の内容や申し込みの流れ、試験会場の情報を押さえ、準備万端で試験に臨みましょう。

ドローン検定ってどんな試験?

ドローン検定は、ドローン検定協会によって実施される民間資格の試験です。ドローン検定は筆記による試験で、1級から4級までランク分けされます。

ドローン検定の試験内容は、ドローンに関する用語や機体の構造といった基本的な知識から、ドローンの飛行特性や電気電子工学、航空工学や気象学といった専門知識や関連法規まで広範囲に及びます。

ドローン検定の試験の形式は、マークシート形式です。設問は50問で、4択の選択肢から正解を1つ選びます。

ドローン検定の合格基準は80%の正答率です。合格率は概ね70%であると、ドローン検定協会が公表しています。

ドローン検定の受験資格は、3級や4級なら誰でも受験可能です。2級はドローン検定3級の合格者、1級はドローン検定2級の合格者だけが受験資格があります。

ドローン検定の受験料は次の通りです。

1級 18,000円
2級 12,000円
3級 5,500円
4級 3,000円

ドローン検定の開催回数は、2級から4級までが奇数月の6回、1級が1、5、9月の3回です。

 

ドローン検定の試験会場はどこにある?

平成27年の航空法の改正により、ドローンの飛行に関するルールが定められました。国土交通省が主導で、ドローンに関する正しい知識や技能の習得を、民間団体に指導させています。ドローン検定協会もその1つで、ドローン検定の試験会場も数多く設置されています。

ドローン検定の試験会場は、すべての都道府県に設けられています。もっとも、ドローン操縦者の多くは都市部、とりわけ関東に集中するので、東京や千葉のように試験会場が2箇所ある都道府県も存在します。

ドローン検定は、47ある都道府県の試験会場で一斉開催されます。全都道府県の試験会場で一斉開催されるドローンの民間試験は、2018年6月現在、ドローン検定だけです。

 

ドローン検定の申込み方法や流れとは?

ドローン検定協会のホームページから、申し込みを行ないます。受験申込のページの右上の「受験案内」から申し込み手続きを行ないます。各試験会場と受験する級によって、申し込みのボタンが異なりますので注意が必要です。

申し込みが完了すると、受験料を入金する必要があります。入金が確認されると、約1週間後に受験票が郵送されます。受験票には、試験会場の場所が記載されています。

なお、受験票を紛失すると受験できませんので注意が必要です。受験票の再発行は、ドローン検定協会は基本的に応じていません。

試験当日は、直接試験会場に向かいます。受験に必要なものは、筆記用具、消しゴム、受験票です。欠席による受験料の返金や、受験を次の回に持ち越すことには、ドローン検定協会は応じていません。当日の試験会場で忘れ物に気づいたりしないよう、注意しましょう。

試験会場での試験が終わると、受験日から約10日で合格か不合格かの確認通知書が、ドローン検定協会から郵送されます。ドローン検定協会のホームページからも、合否確認を行なえます。受験番号と生年月日、合否確認の通知書に書かれた4桁の確認番号を入力するだけです。

受験日から約1ヶ月経つと、合格者に対してのみ、ドローン検定協会から合格証が送られます。合格者すべてに、合格証カードが送られます。なお、2級以上の合格者に対してはプロフィールがドローン検定協会のホームページに掲載されます。

ドローン検定は、このような流れで受験することができます。興味のある方は、ぜひとも受験を検討してみてください。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る