ドローン操縦士を完全解説!働き方から知るべきこと、どれだけ稼げるかをご紹介

ドローン(無人航空機)には自動的に飛び回る自立式のタイプや、操縦士が遠隔操作するタイプがあります。そして、最近ではドローン操縦士という仕事まで生まれてきました。しかしながら、ドローン操縦士の働き方や年収、本当に儲かるのかなど、まだまだ公になっていないところが多々あるため、謎が多い職業ですよね。

今回は、ドローン操縦士について詳しくお伝えしていきます。

ドローン操縦士とは何か?

ドローン操縦士という職業は、有人飛行では侵入が難しい場所や、簡単には空撮できないような地形の自然や建物を写真撮影・動画撮影することが一般的になっています。

「ドローン操縦士を目指したい」と考えるなら、ドローン検定協会が実地するドローン検定(無人航空従事者試験)を通じて、ドローンを取り扱う上での正しい知識を獲得することが可能です。

このドローン検定に合格することで「無人航空機に関する飛行履歴・知識・能力を有することの証明書」を取得出来ます。

前提として、空港等の周辺の空域、人口集中地区の上空の飛行、夜間、目視外などでドローンを操縦する場合は、国土交通大臣の許可や承認が必要になります。

ドローン検定が発行するドローン操縦士としての証明書があれば、ドローン飛行に関する許可・承認手続きをする際に「ドローン操縦を行うための証明」が可能です。

特に、ドローン(無人航空機)は操縦ミスをして人に危害を与える危険性も高いことから、国土交通省の許可を得た場所でなければドローンを飛ばすことはできません。

最近ではテレビでもドローンを用いた空撮が行われたり、一般の人でも気軽にドローンを利用したりできるようになっています。

プロのドローン操縦士になるためには、ドローンの操縦を学ぶ専門のスクールで、ドローン操縦技術を持ったインストラクターから学ぶ必要があります。

ドローンスクールにてドローンの基本的な操縦方法や周囲の人たちに危害を加えない操縦方法を学び、国土交通省の定める無人航空機の飛行ルールに関するガイドライン・法律を熟知することで、プロのドローン操縦士としての道が開けるのです。

ドローン操縦士は稼げるのか?給料や年収について

ドローン操縦士の平均年収は約300万円〜500万円程度で、月あたりの手取り額はおおよそ30万円になります。

高いクオリティの映像作品や写真撮影が可能なドローン操縦士は少ないですから、空撮一本あたりのギャラが高くなればその分だけ年収が上昇します。

ドローン操縦士が稼げる求人は、主に測量会社・建設会社・土木建設業社・映像制作会社でドローン撮影を必要としている業態となるでしょう。

特に、新しい視点を提供するドローン操縦士の需要は増えていますから、市場動向に合わせた働き方をしていれば自ずと年収も増えていくはずです。

また、ドローン操縦士になるためのインストラクターになったり、素人におすすめのドローンを個人で販売するWebサイトを運営したりすることも可能であるため、技術や知識の獲得によって多くの販路を持つこともできます。

ドローン操縦士が知るべき操縦時のルール

ドローン操縦士として最低限知っておくべき内容を、国土交通省が発表しています。

今回は、3〜4つのルールを紹介しておきます。

・日中(日出から日没まで)に飛行させること
・目視(直接肉眼による)範囲内で無人飛行機とその周囲を常時監視して飛行させること
・人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
・無人飛行機から物を投下しないこと

ドローンをただ楽しく操縦するだけでなく、これらの厳しいルールに従って操縦する能力を身につけることが、ドローン操縦士としての必須条件となります。

この他にも様々な守るべきルールがあり、これらのルールは航空法に基づいています。
もし、ルール違反をした場合は50万円以下の罰金が課せられる可能性もあるので、注意をしてドローンを操縦する必要があります。

プロのドローン操縦士を目指すなら、これらのルールは当然知っておくと良いです。また、近年ではドローン検定・ドローンスクールと学ぶ場所もどんどん増えてきているので、ぜひ活用してみてください。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る