ドローン操縦士の求人と収入

ドローン操縦士の求人

将来的に需要が期待できるドローンビジネスですが、現在の求人にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、ドローン操縦士の求人がある代表的な仕事と、その内容を紹介します。

■測量操縦士

測量士が人力で測量するよりも短時間で測量が完了することから、測量におけるドローン操縦士の求人需要は大変高まっています。決められたマップ通りにドローンを操縦して測量を行い、空撮、ソフトウェア解析、3Dモデリングまで担当するため、幅広く高度な操縦技術が要求される職種といえます。

現状、ドローンを活用する場面は限られるようですが、活用が進めば大きな低コスト化が見込めることから、今後ニーズが増えるであろうといわれています。

■薬品散布操縦士

農業などで薬品を散布する際に使用されるドローンの操縦士のことです。わざわざ巨大な散布装置を使わずとも、比較的安価なドローンによって素早く安全に行えるので、今後さらに需要が増えるドローン操縦士の求人職種といえるでしょう。

■カメラマン

ドローンを使ってカメラ撮影を行うドローン操縦士にも求人があります。撮影内容には、静止画だけでなく動画も含まれます。

仕事内容は、観光地PV用の撮影や自然・建築物の撮影、ドローンのメンテナンス・点検などです。現状、ドローン空撮の仕事は、個人で単発的な依頼を受けることが多いです。最近ではブライダル業界のドローン操縦士の求人なども多く見られます。

■ドローン操縦講師

ドローン専門スクールなどで、ドローンに関する知識や、操縦方法などを生徒に教える仕事です。

■セキュリティドローン操縦士

警備員が敷地内等を巡回するように、ドローンに巡回をさせるドローン操縦士の求人です。今までは通報から警備員が駆け付けるまでのタイムラグが問題でしたが、ドローンならこの時間も追尾し続けることが可能なので、犯罪者を逃がすことが少なく早期確保に役立ちます。

 

ドローン操縦士の収入

ドローン操縦士の求人と仕事内容を見てきましたが、次は収入を色々な角度から見ていきましょう。

■ドローン操縦士の代表的な職種別年収

まだデータが不完全のため口コミからの予測となっておりますが、以下のようになっています。

・測量操縦士:330万円~520万円

・薬品散布操縦士:320万円~510万円

・カメラマン:350万円~640万円

・セキュリティドローン操縦士:300万円~500万円

■ドローン操縦士の年齢別平均月給

・20代:約22万円

・30代:約28万円

・40代;約35万円

■ドローン操縦士の男性女性別平均収入

・男性:約482.3万円(月収:約30.4万円)

・女性:約363.9万円(月収:約22.9万円)

■ドローン操縦士の代表都道府県別平均月収

・札幌:22万円~38万円

・東京:16万円~62万円

・大阪:20万円~50万円

・福岡:15万円~38万円

このように、上記平均給与から算出してみると、現在のところ、手取りはだいたい281万円~448万円となりそうです。

 

ドローン操縦士の求人を探す方法

求人の探し方で定番な方法は、転職サイトや就職サイトでの検索です。ネットなら、時間や場所を問わず仕事を探すことができるため、就業中の方にも便利な方法です。

しかし、ドローン操縦士は比較的新しい分野の職種のため、どのサイトでも扱っているわけではありません。ドローン求人を多く扱っているサイトに絞って探すようにしましょう。

Sky Agent

中でもドローン関連の求人を多く扱っているおすすめサイトはSky Agentです。Sky Agentはドローンデパートメント株式会社が運営しているドローン専門の求人サイトで、会員制ですが、会員登録はメールアドレスがあれば無料で行えます。

ドローンスクールの運営も行っている会社なので、独自のネットワークから様々な求人を掲載しています。求人の悩みを専門家に相談でき、ドローン未経験者でもドローン操縦士の世界へ挑戦しやすい環境を提供してくれます。

また、ドローン求人専門サイトではありませんが、以下の大手求人サイトでもドローン関連の求人を掲載しています。掲載求人の検索時にドローン求人を検索すると、ドローン操縦士やドローン事業推進、ドローン技術者などドローンに関連した求人を見られるので、ぜひとも活用してみましょう。

リクルートエージェント

一般の求人サイトにはない非公開求人も多く扱っている、大手転職サイトです。キャリアアドバイザーが希望やスキルに合わせた求人の紹介、面接や提出書類に関するアドバイスしてくれます。求人から就業までしっかりとしたサポートに定評があります。

ワークポート

専任の転職コンシェルジュと一緒に希望に合った求人を探せます。総合転職エージェントのため幅広い職種でのコンサルタントを提供しており、16年の転職サポートの実績から、各業界の企業とのコネクションを築いています。

 

ドローン操縦士求人の未来

話題の割には、ドローン操縦士の求人に関する給料が安すぎると感じる方も少なくないと思います。確かにドローンは最先端のIT分野ですが、まだ実用化が浸透しておらず、今はまだ十分な利益を生み出すのが難しい状態です。

ただし、この先ドローンが当たり前の世の中になれば、ドローン操縦の需要は大きく広がっていくと予測されます。将来的に予想される年収だと、プロのドローン操縦士になれば、高額収入の可能性も期待できるでしょう。

特にドローンの実用化が進められている分野として、農業での農薬散布や種まき、山間部などの過疎地への配達といった物流関連、ダムや河川など人が近づきにくい場所でのインフラ点検などがあげられます。

ドローンを導入することで時間とコストの節約になるため、今後、これらの分野でのドローン操縦士がいっそう求められることが予想できます。

このようにドローン操縦士という職種は、これから大いに可能性のある分野なのです。

ドローン操縦士の求人には、応募条件に「ドローンの飛行○○時間以上の経験」などがつけられていることが多いので、今のうちに操縦技術を身につけておけば将来的には有利になるでしょう。

 

 

ドローン求人に必須資格はあるのか?

ドローン求人の応募条件には、飛行経験以外に必須とされる資格などはあるのでしょうか。

結論から言うとドローン操縦士という必須資格は存在しません。そもそもドローンには操縦免許がないので、業務で操縦する場合の資格も定められていないのです。つまり、誰でもドローン操縦士を名乗ることができます。

しかし、当たり前のことですが、雇用する側はきちんと技術を持っている人を求めています。そのため、必須ではありませんが、ドローンに関連した民間資格を持っていると、操縦技術を有していることを証明できるので就職に有利に働きます。

また、農薬散布など業務内容によっては国土交通省に飛行の承認申請をしなければいけません。その場合、ドローンの資格で申請時に証明書を添付でき、承認申請の簡略化ができます。

このように必須ではないものの、業務でドローンを活用するのであれば、ドローンに関連する資格を取得しておくことはプラスに作用します。

なお、ドローンを業務で使用するために持っておくと良いドローン資格には、以下のようなものがあります。

・ドローン検定4級から1級

・DJI「DJIスペシャリスト」

・DJI「DJIインストラクター」

・DJI「DJIマスター」

・JUIDA「操縦技能証明証」

・JUIDA「安全運航管理者証明証」

・DPA「ドローン操縦士回転翼3級」

・DPA「ドローン操縦士回転翼3級インストラクター」

・農林水産航空協会「産業用マルチローターオペレーター技能」

・JARD「第4級アマチュア無線従事者免許」

 

それぞれのドローン求人におすすめの資格一覧

ドローン求人にも様々な業種がありますが、それぞれの分野でどんな資格があると良いのでしょうか。各分野でのおすすめの資格を見てみましょう。

まず、インストラクターを含め、ドローンパイロットとして幅広く活躍したいのであれば以下の資格があると良いとされています。

操縦技能証明

ドローン操縦士回転翼3級

ドローン操縦士回転翼3級 インストラクター

DJI スペシャリスト

DJI インストラクター

一方、ドローン操縦士としてどの分野で業務を行いたいのか定まっている場合は、以下のように資格を絞ることもできます。

空撮

操縦技技能証明

ドローン操縦士回転翼3級

DJIスペシャリスト

農業、測量、点検

安全運航管理者証明

産業用マルチローターオペレーター技能

ドローンレース

第4級アマチュア無線従事者免許

ドローン操縦士を募集している場合、有資格者から優先して採用されていく傾向にあります。良い求人を逃してしまわないためにも、まずは操縦技術を会得するための資格取得を始めると、今後の就職活動にも役立ちます。分野を絞っているのなら、アピールできるような専門性が高い資格を取得しておくと良いでしょう。

ドローン操縦士の求人と収入についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

将来の年収アップのためには、ドローンスクールを活用するなど、とにかく操縦回数を増やし、早めに操縦技術を磨くことが大切です。将来的に高額収入を手にするためにも、日々ドローンの腕を磨きましょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る