ドローン操縦士の求人と収入

近年話題になっているドローン。メディアでもたびたび、ドローンがビジネス面で活躍しているニュースが紹介されています。そこで気になるのが、ドローンビジネスの求人状況です。ドローン操縦士の求人と収入はどうなっているのでしょうか?ここでは、ドローン操縦士の求人と収入について紹介します。

ドローン操縦士の求人

将来的に需要が期待できるドローンビジネスですが、現在の求人にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、ドローン操縦士の求人がある代表的な仕事と、その内容を紹介します。

■測量操縦士

測量士が人力で測量するよりも短時間で測量が完了することから、測量におけるドローン操縦士の求人需要は大変高まっています。決められたマップ通りにドローンを操縦して測量を行い、空撮、ソフトウェア解析、3Dモデリングまで担当するため、幅広く高度な操縦技術が要求される職種といえます。

現状、ドローンを活用する場面は限られるようですが、活用が進めば大きな低コスト化が見込めることから、今後ニーズが増えるであろうといわれています。

■薬品散布操縦士

農業などで薬品を散布する際に使用されるドローンの操縦士のことです。わざわざ巨大な散布装置を使わずとも、比較的安価なドローンによって素早く安全に行えるので、今後さらに需要が増えるドローン操縦士の求人職種といえるでしょう。

■カメラマン

ドローンを使ってカメラ撮影を行うドローン操縦士にも求人があります。撮影内容には、静止画だけでなく動画も含まれます。

仕事内容は、観光地PV用の撮影や自然・建築物の撮影、ドローンのメンテナンス・点検などです。現状、ドローン空撮の仕事は、個人で単発的な依頼を受けることが多いです。最近ではブライダル業界のドローン操縦士の求人なども多く見られます。

■ドローン操縦講師

ドローン専門スクールなどで、ドローンに関する知識や、操縦方法などを生徒に教える仕事です。

■セキュリティドローン操縦士

警備員が敷地内等を巡回するように、ドローンに巡回をさせるドローン操縦士の求人です。今までは通報から警備員が駆け付けるまでのタイムラグが問題でしたが、ドローンならこの時間も追尾し続けることが可能なので、犯罪者を逃がすことが少なく早期確保に役立ちます。

 

ドローン操縦士の収入

ドローン操縦士の求人と仕事内容を見てきましたが、次は収入を色々な角度から見ていきましょう。

■ドローン操縦士の代表的な職種別年収

まだデータが不完全のため口コミからの予測となっておりますが、以下のようになっています。

・測量操縦士:330万円~520万円

・薬品散布操縦士:320万円~510万円

・カメラマン:350万円~640万円

・セキュリティドローン操縦士:300万円~500万円

■ドローン操縦士の年齢別平均月給

・20代:約22万円

・30代:約28万円

・40代;約35万円

■ドローン操縦士の男性女性別平均収入

・男性:約482.3万円(月収:約30.4万円)

・女性:約363.9万円(月収:約22.9万円)

■ドローン操縦士の代表都道府県別平均月収

・札幌:22万円~38万円

・東京:16万円~62万円

・大阪:20万円~50万円

・福岡:15万円~38万円

このように、上記平均給与から算出してみると、現在のところ、手取りはだいたい281万円~448万円となりそうです。

 

ドローン操縦士求人の未来

話題の割には、ドローン操縦士の求人に関する給料が安すぎると感じる方も少なくないと思います。確かにドローンは最先端のIT分野ですが、まだ実用化が浸透しておらず、今はまだ十分な利益を生み出すのが難しい状態です。

ただし、この先ドローンが当たり前の世の中になれば、ドローン操縦の需要は大きく広がっていくと予測されます。将来的に予想される年収だと、プロのドローン操縦士になれば、高額収入の可能性も期待できるでしょう。

ドローン操縦士の求人には、応募条件に「ドローンの飛行○○時間以上の経験」などがつけられていることが多いので、今のうちに操縦技術を身につけておけば将来的には有利になるでしょう。

ドローン操縦士の求人と収入についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

将来の年収アップのためには、ドローンスクールを活用するなど、とにかく操縦回数を増やし、早めに操縦技術を磨くことが大切です。将来的に高額収入を手にするためにも、日々ドローンの腕を磨きましょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る