ドローンスクールとは?基本情報や期限についてご紹介!

:皆さんは、話題の無人航空機、ドローンを操縦したことはありますか?ドローンは街の電気屋さんでも多く見かけることができ、ラジコンより本格的、航空機よりコンパクトな無人航空機とされています。今回は、そんなドローンについて詳しく学べる「ドローンスクール」に関する説明や、資格の期限などについてご紹介していきます。

ドローンスクールとは?何が学べるの?

近年では、活用性の高さから様々な場面でドローン需要が発生しており、ドローンに関連する人材も求められることが増えてきています。

しかし、一部でドローンに対して正しい知識や技術を持たずに操縦してしまい、事故を起こしてしまう状況も発生しています。

今後のドローン市場における課題は、まず、ドローン人材のドローンに対する正確な知識や技術の習得であり、そのためには独学だけではなく知識や技術の定着を外部ではかることも重要でしょう。

そこでおすすめなのが、ドローンスクールというドローンの専門学校なのです。

ドローンスクールでは、ドローンの基礎的な知識を座学で勉強することができます。技術実習のあるコースも存在し、実際にドローンの操縦や飛行などをプロの下で行います。

最後の試験をクリアしたあとに認定証が発行されるので、ドローンの知識力や技術力を正式に公表したいときや、ドローン管理または操縦に関して信頼を得たいときなどは、十分な証明となるでしょう。

 

ドローンスクールの認定期限や基本情報は?

ドローンスクールの認定資格期限

認定資格の有効期限は約2年間としているドローンスクールがほとんどで、2年間の期限を経過した場合は、更新料を払って更新してもらう必要があります。

受講代金

ドローンスクールの受講代金は大体10万円から30万円台と幅広く、コースによって変わる傾向にあります。座学だけであれば10万円前後、実習を含むコースだと20万円から30万円台前後となる場合が多いようです。

講習日数

ドローンスクールは朝から夕方までみっちり講習を行うことがほとんどで、平均日数は2日から4日間のスクールが多く見受けられます。短期集中型講習ですので、余裕を持ったスケジュールを組んでから受講するようにしましょう。

 

ドローンスクールはどこがおすすめ?

ドローンスクールでおすすめといえば、2015年にドローンスクールの運営を日本で初めて開始したJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)などでしょう。

こちらは、全国各地の様々なドローンスクールと提携している代表的なドローンスクール機関であり、ドローンに関する座学や実習を行っています。

コースも「無人航空機操縦士」と「安全運航管理者」の2種類があります。それぞれ修了後に発行してもらえる認定証は異なりますが、どちらも立派な証明となりますので、取っておいて損はないでしょう。

「安全運航管理者」コースは「無人航空機操縦士」コースを修了しないと受けることができないので、時間がない方は団体に相談してみましょう。

さらにJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)はドローン試験専用の飛行場なども全国に幾つか所有しており、広々とした場所で思う存分ドローンを飛ばすことができます。

しかし、JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)で講習を修了した場合でも、自動的に家に認定証が送られてくるというわけではないので、注意してください。

講習修了後に自身で団体に申請を行い、認定証の発行代金を支払うことで、やっと認定証を発行してもらうことができます。

このとき、認定証発行の有効期限はドローンスクール修了から3か月以内となります。発行申請手続きを期限までに忘れないように行っておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。ドローンスクールに関する説明や資格の期限などについて、ご紹介してまいりました。

ドローンスクールでは資格の有効期限のみならず、認定証発行申請にも期限が決まっているなど、期限が多く存在します。自分が行う手続きの期限を忘れないよう、最初にスケジュールを立てておくと良いでしょう。

ドローンスクールに通うことはそれなりにお金がかかりますが、得るものも大きいので申し込んで損はありません。自分に合ったドローンスクールに通い、認定証を期限までに取得しておくことで、今後のドローン操縦へのモチベーションも高まっていくはずです。

ぜひ、この機会にドローンスクールを検討してみてくださいね。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る