ドローンを使った仕事の収入はどれくらい?仕事別の収入目安や将来性についても解説!

ドローンの普及が進み、さまざまな分野で導入が始まっています。将来、ドローン操縦士として仕事に就き、収入を得たいと思っている人も多いのではないでしょうか?この記事では、ドローンを使った仕事の収入の目安や、将来性などについて解説していきます。

ドローンを使った仕事の収入はどれくらい?

ドローンを使った仕事というと、空撮などを手掛けるドローン操縦士をイメージする人が多いかもしれません。確かに、ドローン操縦士は必要な仕事ですが、現実的には、ただ単にドローンを操縦するだけでは、仕事に就き、収入を得ることは難しいと言えます。

日本でドローンを使った仕事と言えば「公共事業のインフラ点検」「農薬散布」「警備および人命救助」「測量」などがほとんどです。今後、宅配を含めた「物流」の分野にも導入が進んでいくでしょう。

つまり、「空撮」のみの仕事というものは、なくはありませんが非常に少ないのが現状です。

このことから、空撮技術だけでなく、データ解析、法律に関する知識、特殊かつ高度な技術などを備えていないと、仕事に就いて収入を得ることが難しいと言われています。

一般的に言われている、ドローンを使った仕事の収入目安は次のようになります。

・測量の仕事 収入目安300〜600万円程度
・農薬散布の仕事 収入目安300〜500万円程度
・セキュリティ関連の仕事 収入目安300〜500万円程度
・空撮の仕事 収入目安300〜500万円程度
・インストラクターの仕事 収入目安250〜450万円程度

まだ新しい分野のため、ドローンを使った仕事と収入に関するデータはほとんどなく、あくまで収入の目安でしかありませんが、必ずしも収入が高いというわけではないようです。

 

ドローン操縦士の仕事に就いて収入を上げるには

ドローン操縦士として仕事に就いて収入を上げたいと思ったら、それ以外の技術や知識を身につけることが重要です。前述したように、空撮を専門とする仕事は需要がないわけではありませんが、少ないのが現状です。

例えば、ドローン操縦士としてあらゆる現場に派遣される仕事の場合、収入は月々20〜35万円程度が目安と言われています。額面でいうと年収240〜420万円程度となります。

どの程度の収入を得たいかによって変わりますが、ドローン操縦士として仕事に就いて収入を上げるためには、ただ操縦するだけでなく、農薬散布、測量、インフラ点検に関する知識や、技術、資格、免許、データ解析の知識や技術などを身につけておくことが重要になってきます。

 

ドローン市場の未来は明るい!ドローンの仕事で収入を得るために必要なものは?

ドローンを使った仕事の収入の目安だけを見てしまうと、ドローン操縦士には夢がないと思われるかもしれません。

ところが、有名なドローン操縦士では1回の空撮でギャラが50万円を超えるケースもあるなど、決して将来性がないわけでも、夢がないわけでもありません。

ドローンは、日本ではまだまだ一般的に知られ始め、普及し始めたばかりの段階です。そのため、仕事や収入といったデータが極端に少なく、この記事で紹介したものも参考程度に過ぎません。

日本では生産年齢人口減少を補うための大きなコンテンツとしてドローンが求められているため、測量、インフラ点検、農薬散布といった仕事の需要が高まっているのは仕方がありません。

しかし、逆を言えば、ドローンを使った新しい仕事を生み出したり、物流分野で活躍できる技術を身につけたり、空撮技術を磨いて独立したりできれば、ドローンを仕事にして収入を得ることは可能です。

ここで必要になってくるのは、商才、ビジネスセンスと呼ばれるものです。いきなりドローンの仕事を本職にするのではなく、週末のみドローンビジネスを展開し、徐々に比重を変えていく、ここだというタイミングで勝負に出るといった“勝負勘”も重要になってきます。

将来的に、ドローンを使った仕事に就き収入を得ていきたいと考えている人は、測量や農薬散布、インフラ点検などに応用できる技術や知識、資格などを身につけるか、ドローン市場の将来性を見極め、新たなビジネスを生み出すか、今のうちにじっくり検討してみましょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る