ドローンをビジネスに活用するには?6つの活用事例から見る今後の活用法

個人レベルで手軽に操縦できるドローンは、その利便性から驚くべき速さでさまざまなビジネスでの活用が進められています。もともと、軍事用途が圧倒的なシェアを占めていましたが、今後は産業(ビジネス)分野のシェアが拡大すると見られており、その動向に期待がかけられています。

本記事では、ドローンのビジネス活用事例として、7つの業種の例を紹介し、今後どう活用されていくかという点も解説していきましょう。

空撮だけじゃない!農業からITまで、ドローンビジネス活用の幅

「空の産業革命」と呼ばれるドローンは、ビジネス面での活用が非常にさかんです。

ドローンを活用したビジネスで代表的なものとして、ドローンの開発・販売や空撮でのCM活用が挙げられます。しかし、実はドローンはさまざまな業種で活用が進められており、産業分野の市場規模は年々増してきています。

具体的には、以下のような分野です。実際に実用化されて活躍しているものから、現在実用化に向けて開発・研究が進められている分野の両方を含みます。

・農業
・物流
・監視
・点検・整備
・汚染検査
・測量

面白いのは、ドローンビジネス全体の活用シェアでは、メインとなりそうな空撮業務より、これらの分野のほうが高い需要を持つという点です。以下で詳しく解説していきましょう。

 

農業

実は、日本国内では世界に先駆けて、農業分野でのドローンのビジネス活用が進められています。ドローンといっても、現在主流となっているクアッドコプターではなく無人ヘリコプターですが、年間200~300台を売り上げるシェアを誇っていました。

現在では、ドローンによる農薬散布や水田の地質解析、農作物の生育管理など、ドローンによる労力削減、収穫量増加への実用化が本格化しています。

 

物流

日本国内では、来春にもドローンによる荷物配送を実現すべく、目視できない範囲での飛行や第三者・私有地上空の飛行に関する規制の改訂が進められています。さらに、米Amazonではコスト削減や迅速な配達を目的としたドローン配送サービス「Prime Air」のテスト飛行が完了しています。

飛行可能時間の改善や盗難、悪天候時の対応など、向き合っていくべき課題は多そうですが、技術レベルでの実用化は着実に進化している分野です。

 

監視

セコムでは、2015年に監視用ドローン「セコムドローン」の実用化を開始しました。敷地内に侵入した人や車をレーザーセンサーで捉え、自律飛行で対象に接近、ナンバープレートや顔を最適な方向から撮影するといったものです。

従来の監視カメラでは捉えきれなかった、ナンバープレートなどの情報をより正確かつ高精度で送信できるなど、ドローンの有用性が非常に高くなっています。2017年には、大規模施設向けの「巡回監視サービス」の実証実験も開始され、ますます監視用としての実用化が本格化しています。

 

点検・整備

高所など、危険を伴うことが多い点検作業は、安全面からみてもドローンが活躍すべき現場です。ドローンであればあっという間に橋や電気設備など、要所をチェックできるために、作業の効率化という面でも大変役に立ちます。

 

汚染検査

原子力発電所など、そもそも人が立ち入りにくい場所ではドローンの目が役立つでしょう。検査用の器具を積んだドローンによる汚染検査は、実際に活用されている分野です。

 

測量

今、もっともドローンのビジネス活用の需要が高まっているのが測量分野ではないでしょうか。実際、Web上のドローンパイロットの求人では、建設業における測量業務が大半を占めています。これまでのレーザー測量や航空測量などと違い、非常に低コストで、迅速に測量が完了するためです。

現在の性能だと、3Dデータ化するのに申し分ない情報量での撮影も可能なため、ドローンのビジネス活用として、今後ますますドローン測量の需要は高まっていくことが予想されます。

 

まとめ:ビジネスで特に需要が高まっているのが「測量」「点検」

「農業」「物流」「監視」「点検・整備」「汚染検査」「測量」のほかに、スポーツや在庫管理、地質解析など、これら以外でも非常に幅広い業務をドローンが担っていくことができます。

産業革命の名に恥じない、ドローンのビジネス面での幅広い活用が期待できそうです。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る