ドローンの撮影価格はどれくらいが相場?価格に含まれるものや含まれないものもチェック!

ドローンの撮影価格はピンからキリまであります。適正価格の相場はどれくらいなのでしょうか?この記事では、ドローンの撮影価格の内訳や、安く依頼する際のメリット・デメリット、ドローンの撮影を依頼するなら、価格以外に重視したいことなどを解説しています。

ドローンの撮影価格に含まれるものと含まれないもの、価格相場をチェック!

ドローンに限らず、クリエイティブな業種には一般的な「相場」がありません。そのため、ドローンの撮影価格を調べようと思っても、業者ごとにピンからキリまで価格帯があります。

技術を売るわけですから、当然と言えば当然かもしれませんが、依頼する側としては「撮影価格は、いくらくらいが適正な相場なのか?」と迷ってしまうでしょう。

価格に含まれるものとそうでないものは、次のような項目です。ただし、業者によって違いがありますので、詳しくは業者のホームページをチェックするか、直接問い合わせましょう。

価格に含まれるもの

基本料金
カメラマンおよび補助員のオペレーター費や人件費
静止画または動画の撮影料金
基本的な編集料金(簡単なものが多い)

価格に含まれないもの(オプションとして選択可能なもの)

機種選択(希望機種があり、かつその機種が基本料金に含まれる機種でない場合)
複数台のドローンや複数人のオペレーターを使っての撮影
カメラ選択
静止画や動画の本格的な編集

その他

カメラマンの交通費
ロケハンが必要なら別途交通費と人件費
国土交通省や地方航空局長への申請費用
自賠責保険料(強制の場合もあり)

一般に、ドローンの撮影は、価格に比例して次のように分類されます。

個人(価格相場:3~5万円)

個人のドローンカメラマンです。副業の人が多いかもしれません。しかし、中には個人で会社を立ち上げ依頼が多数舞い込んでくる人気のカメラマンもいます。個人=レベルが低いというわけではありません。

格安業者(価格相場:3~10万円)

近年、格安で請け負ってくれる業者も増えています。パックで販売していたりするため、撮影を依頼しやすい特徴があります。ただし、細かい要望には応じてもらえないことが多く、オプションを選んだり、機種を変更したりすると価格が高くなる傾向にあります。

本格的な業者(価格相場:15~50万円以上)

ドローンで撮影するための本格的な機材を揃えており、カメラマンのレベルも高いのが本格的な業者です。クオリティという点においては安心できるでしょう。また、業者によっては事前にしっかり打ち合わせをしてくれますので、希望通りの映像が撮影できます。ただし、その分価格は高くなります。

 

ドローンの撮影価格を抑えたいときは?

「ドローンの撮影を依頼したい!」「でも、価格はできるだけ抑えたい」という場合、個人のドローンカメラマンもしくは格安業者に依頼する方法があります。

主なメリットやデメリットは次の通りです。

メリット

撮影価格を抑えることができる

デメリット

撮影や編集の品質が分からない
機種、カメラ、ショット数、アングルなど、細かい要望に応じてもらえない可能性がある

このことから、ドローンの撮影価格を抑えたい場合、品質や要望はあまり期待できないと言えるでしょう。逆に、品質が保証された撮影を希望するなら、ある程度の価格は見ておく必要があります。

 

ドローンの撮影を依頼するなら価格よりも重視したいこと

本格的な業者のほか、個人のカメラマンや格安業者も増えてきていますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

ドローンの撮影を依頼するとき、価格以外に重視したいのは、やはり品質です。仕上がりに満足がいくか、そしてそれに対して納得して支払える価格かです。

多くの個人カメラマンや業者は、作品のポートフォリオをホームページ等にアップしています。価格だけで依頼してしまう前に、個人や業者がどんな風に撮影してくれるのかを事前にチェックしておきましょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る