ドローンの室内練習法にはどんなものがある?室内で飛ばせるおすすめドローンをご紹介

室内でドローンの練習をする人も多いのではないでしょうか?今回は、初心者でも簡単にできるおすすめの練習法や注意点を解説するとともに、室内練習に向いているドローンもご紹介していきます。

ドローンの室内練習法は?

最初から屋外でドローンを飛ばすのも勇気がいるものです。衝突や墜落、風に煽られて見失ってしまうといったリスクもそうですが、第三者に危害を与えてしまう恐れもあります。

そのため、屋外で飛行させる前にまずは室内で練習し、ある程度基礎的な技術を身につけておくことは大切です。ここでは、初心者でも簡単にできる、ドローンの室内練習法を紹介します。

ドローンの室内練習1「離陸」

基本中の基本で、一気にレバーを傾けすぎると急上昇してしまうことがあります。感覚が掴めるまでは、少しずつ傾けましょう。

ドローンの室内練習2「ホバリング」

ドローンを空中で静止させることをホバリングと言います。自分の目線と同じくらいの高さでホバリングさせましょう。自動ホバリング機能が搭載されているドローンも数多く販売されていますが、技術を身につける意味でも、自力でホバリングできるように練習しましょう。

ドローンの室内練習3「左右移動」

ホバリングした状態から、左右にゆっくり動かします。レバーを急に傾けると一気に移動してしまうことがあるため、少しずつ動かしましょう。左右それぞれに動かしたら、自分の正面に戻し、目線の高さでホバリングします。

ドローンの室内練習4「前後移動」

水平方向への移動は距離感が掴みにくく、意外と難しいことに気づくでしょう。機体の大きさ、周辺環境によって距離感がまったく違ってきます。まずは自分の感覚とドローンとの距離感を把握しましょう。

ドローンの室内練習5「前方着陸」

前後に移動させることに慣れてきたら、前方に着陸させます。狙ったところに無事に着陸できたらクリアとしましょう。

ドローンの室内練習6「再離陸し左右移動」

前方に着陸させたら再度離陸させてホバリングしたのち、今度は左右に移動します。先ほど自分の目の前で左右に移動させたことと同じ要領です。最終的には再離陸したポイントの上空に戻って、ホバリングさせます。

ドローンの室内練習7「帰還」

最初に離陸したポイントまで帰還させます。ここまでの練習が上手にできていれば、レバーをまっすぐ後ろに倒すだけで戻ってくるはずです。多少左右に揺れるかもしれませんが、少しずつレバーを動かして位置調整しながら帰還させます。

ドローンの室内練習8「着陸」

最初に離陸したポイントに着陸させます。

 

ドローンを室内で飛ばす際の注意点

室内でドローンを飛ばす場合、衝突によって破損してしまうものには十分注意しましょう。できれば、プロペラガードが付いているドローンの購入をおすすめします。

また、小さいとはいえ、人に当たると危険です。他人にぶつけてしまうことがないように注意してください。

そのほか、窓が開けっ放しで誤って外に飛ばしてしまったり、エアコンや扇風機といった風に煽られて壁に衝突したりしないようにしましょう。

 

室内練習に向いているドローン2選

U31W
参考価格8,999円

プロペラガードがしっかりしており、安心して室内で飛ばすことができるドローンです。ワンキー離着陸や、高度維持機能、ホバリングといった安定感もよく、HDカメラも搭載しているため動画や静止画の撮影まで練習でき、コスパが高いため、室内練習に最適です。

X4
参考価格12,420円

こちらもプロペラガードがついています。ドローンの前後にLEDライトが搭載されているため、前後を把握しやすい特徴もあります。また、カメラは720pに対応したHDカメラが搭載されています。運動性能が高いため、初心者の室内練習には最適です。

初心者の人は、衝突や墜落をさせてしまっても精神的・経済的ダメージが少なくて済むドローンを購入し、訓練を積むことをおすすめします。

このほかにも、さまざまなメーカーから多種多様な室内練習用ドローンが販売されていますので、ネットショップでぜひ、自分に最適な一台を見つけてください。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る