ドローンとスポーツの関係!競技ドローンもあればスポーツへのドローンの導入も!

ドローンは、スポーツなどにも応用できます。ドローンそのものをスポーツに応用して、競技ドローンを飛ばしてスピードを競うこともできますし、通常のスポーツにドローンを導入して、とても迫力ある映像を撮ることもできます。

競技ドローンでスピード勝負

競技用ドローンというスポーツがあります。スピードを競い合って、どこまで飛ばせるかを勝負するもので、非常にスリルがあって、撮れる映像も最高のものです。臨場感があって、かなりの迫力となっています。

スピードを競い合うスポーツのため、競技用のドローンは、軽量化が極限まで行われています。スピードを出すために軽くなっているのです。

そのため、ボディが非常に傷つきやすく、衝撃に弱いため、フライト中の接触などがあると大きなダメージを受けてしまいます。一般的なドローンは墜落に備えてある程度のボディに剛性があるのですが、競技用ドローンはそれらを無くした反面スピードが出るようになっています。

スポーツ的な感覚でドローンを楽しみたいのであれば、競技用ドローンをぜひ楽しみましょう。スポーツ感覚で、ドローンを使って楽しく遊ぶことができます。競い合って、腕を磨き合い、スポーツドローンの世界を充実させていってください。

 

通常のスポーツの世界にドローンを

通常のスポーツにドローンを応用する方法もあります。例えば、冬場のスノーボードを考えてみましょう。

スノーボードで激しく動きながら、ドローンがそれを追跡してくれたら、最高の映像が撮れますよね。スノーボードはスピードが出るのですが、ドローンも高級機になると自動追跡モデルが出ているので、そうしたスポーツに関連づいた使い方をすることができます。

当然ですが、スノーボードも立派なスポーツです。その他にも、スピードの出る競技としてフリースタイルBMXなどがあります。激しい動きをするスポーツは、ドローンでの撮影にぴったりです。

いままでのカメラではできなかったような、臨場感あふれる撮影が可能となります。見たこともないようなアングルで、見たこともないような特殊な映像が撮れるでしょう。

スポーツを楽しんでいる本人だけでなく、観客も同じ体験を追体験することができます。ドローンでスポーツを撮影することは、非常にエキサイティングな試みだと言えるでしょう。

 

スポーツドローンの自動追尾システム

最近では、カメラがターゲットを認識し、自動で追尾してくれるシステムが搭載されているドローンも増えてきました。そのため、そうしたドローンを使えばアクロバティックなスポーツでもフレキシブルな撮影が可能となります。

見事な映像を、自動追尾システムで実現できるのです。いまは、ジェスチャー機能なども搭載されていますので、ますます便利です。

ジェスチャー機能は、たとえば、カメラに向かって両手を上げると、カメラがそのターゲットをロックオンしてくれるものです。ジェスチャーによって、自動追尾しているドローンが、カメラの中心にそのジェスチャーをしているターゲットを設定します。

中心に備えたあとは、カメラの前で片手をあげます。すると、自動でシャッターを切ってくれるのです。これによって、動画を撮影している最中に静止画を撮ることができ、抜群の一枚が完成します。

ドローンをスポーツで使うことは非常に有意義です。スポーツは何も、プレイする人だけのものではありません。臨場感あふれる動画を撮影して、見ている人も一緒に体験することができるのです。

その他に競技用ドローンもありますので、ドローンそのものがスポーツに早変わりします。このように様々な可能性を秘めたドローン、あなたも体験してはみませんか。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る